ここから本文です。

更新日:平成28(2016)年2月22日

県立学校NOW履歴一覧(平成24年度)

県立学校に関するホットなニュースを写真で紹介します。

平成23年度の履歴一覧へ

学校名から掲載校検索へ

【県立仁戸名特別支援学校】NOW平成25年3月11日

 

県立仁戸名特別支援学校外部サイトへのリンクは「病気を治療しながら学べる」病弱教育の学校です。千葉市中央区にある千葉東病院に隣接し「仁戸名市民の森」近くに位置していて緑多く恵まれた環境の中にあります。小学校・中学校・高等学校とほぼ同じ教育課程による教科指導や重症心身障害児教育を行っています。医療機関と密に連携し、ICTを活用して、一人一人の病状や学習状況にあった指導支援を行っています。また、千葉市内の病院に教員が出向き、訪問指導を行っています。

 

 

【県立我孫子東高等学校】NOW平成25年2月18日

 

県立我孫子東高等学校外部サイトへのリンクは、平成23年度に湖北高校と布佐高校が統合して誕生した新しい学校です。卒業してから10年後(28歳のとき)に、すべての生徒が幸せに生活していてほしいという気持ちを込めて、学習指導や生活指導を行っています。そのための大きな柱となっているのが、キャリア支援プラン「我孫子東D-P」です。学習・学校生活・進路学習・学校行事・部活動・生徒会活動などのあらゆる場面で、社会人として必要な力を計画的に育成していくもので、このキャリア教育によって、社会人として必要ないろいろな力を身に付けることができます。 

 

【県立船橋法典高等学校】NOW平成25年1月28日

 

県立船橋法典高等学校外部サイトへのリンクは、船橋藤原の丘に位置し、四方を深い緑に囲まれた豊かな自然環境の中にあります。平成18年度より自己啓発指導に重点を置く特色ある学校として、「厳しく、優しく、美しく」「生徒一人一人を大切に、きめ細かく丁寧に」を掲げ教育活動に取り組んでいます。入学したすべての生徒に、自立した社会生活を営むために必要な教養と、豊かな人間性と規範意識及び、自ら進路を決定できる力を育成し、次のステージに送り出すべく職員一丸となって取り組んでいます。

 

 

【県立千葉聾学校】NOW平成25年1月7日

 

県立千葉聾学校外部サイトへのリンクは、幼稚部・小学部・中学部・高等部(普通科、産業技術科、理容科)・高等部専攻科(理容科)を設置し、支援部と寄宿舎を備えた総合的な聴覚障害教育のための学校です。併せて「きこえとことばの相談支援センター」を開設し、県内全域を対象とした聴覚障害教育のセンターとしての役割も担っています。保護者や関係機関等との連携・協力のもと、全職員の創意とチームワークにより、どの子も夢や希望を抱き、楽しく生き生きと活動する、活力に満ちた信頼される学校づくりに努めています。

【県立生浜高等学校】NOW平成24年12月10日

県立生浜高等学校外部サイトへのリンクは、平成19年度に、昭和53年開校以来設置している全日制課程に、午前部・午後部・夜間部からなる三部制の定時制課程を加えた新しいタイプの学校となりました。
中学校時代に長期欠席を経験した生徒、日本語を母語としない生徒、他の高校を辞め改めて学び直している生徒、高校卒業資格を得るために学んでいる高齢の生徒など、様々な経験やライフスタイルを持つ生徒たちが学んでいます。

 

【県立市川工業高等学校】NOW平成24年11月19日

県立市川工業高等学校外部サイトへのリンクは、平成18年度に県立葛南工業高等学校と統合し、全日制課程は機械科・電気科・建築科・インテリア科の4学科を、定時制課程は機械電気科・建築科の2学科を設置しています。特に建築科とインテリア科は県内唯一の専門学科です。実習、実験、製図等を通じて工業に関する基礎的な知識や技術を学び、またインターンシップ等の就業体験をとおして、実践的な技術者を養成しています。資格取得にも力を入れ、3級普通旋盤技能士、第1種・2種電気工事士、建築施工管理技術者等の国家検定や色彩検定等に取り組んでいます。県内工業系学科では初となる、サンエンス・パートナーシップ・プロジェクト(SPP)校として大学等とも連携し、科学技術、理科・数学に関する体験的・問題解決的な学習に力を入れています。

【県立船橋特別支援学校】NOW平成24年10月29日

県立船橋特別支援学校外部サイトへのリンクは、平成25年に創立35周年を迎える肢体不自由教育を行う特別支援学校で、一人一人の発達や健康状態、教育的ニーズに応じた教育を行い、充実した人生を営むために必要な「健やかな体」・「豊かな心」・「確かな知識と学力」を身につけ、社会の一員として一人一人が主体的に輝ける教育を推進しています。通常の教科学習に加え、個々の障害による学習上又は生活上の困難を改善・克服するため「自立活動」という学習にも取り組んでいます。

 

【県立佐倉東高等学校】NOW平成24年10月9日

県立佐倉東高等学校外部サイトへのリンクは、明治40年に佐倉女子技芸学校として開校以来、百有余年の伝統ある歴史を刻み、平成17年には男女共学とし、新しい時代を迎えました。全日制課程(普通科・服飾デザイン科・調理国際科)と定時制課程を設置し、多様な進路希望に対応しています。普通科は、コース別カリキュラムで、基礎・基本の定着と、総合的な人間形成を目指しています。調理国際科は、厚生労働省の調理師養成施設として認定され、申請によって調理師免許(国家資格)が取得可能です。服飾デザイン科は、2年生から和裁コースと洋裁コースに分かれ、ファッションデザイン(CAD・デザイン画)では、分割授業を実施しています。

【県立旭農業高等学校】NOW平成24年9月18日

県立旭農業高等学校外部サイトへのリンクは、平成22年に創立百周年を迎えた歴史と伝統を有する学校で、県内有数の農業地帯にある県内唯一の専門農業高校として、畜産科・生産技術科・食品流通科・生活科学科の4つの学科を設置しています。畜産科では、生命の科学を学び、生命の尊厳を見つめ直すとともに、幅広く動物について学ぶことができます。生産技術科では、新技術を駆使し、生徒の希望に応じた栽培技術を学習しながら、地球環境に配慮した農業技術を習得しています。食品流通科では、食品の生産・加工・流通のフードシステムを探究し、その可能性を学ぶとともに、簿記・ワープロの資格取得を目指しています。生活科学科では、生活技術と生産環境の2つの面から生活を見つめ直し、食生活を豊かにするための献立作成や調理実習、食事マナーについて学んでいます。

 

【県立千葉盲学校】NOW平成24年8月27日

県立千葉盲学校外部サイトへのリンクは、県内唯一の視覚障害を有する幼児児童生徒を対象として、教育活動を実施する特別支援学校です。歴史は、県内の特別支援学校の中で一番古く、昨年度創立百周年を迎えました。幼稚部・小学部・中学部・高等部・専攻科(理療科)があり、3才から60才台の方まで、とても幅広い世代の方々が在籍しています。また、県内全域を学区としていることから、通学支援のために寄宿舎も完備されています。見え方の違う個々の幼児児童生徒の教育活動を効果的に実施するために、教材・教具の工夫や機器の活用また他の機関との連携を通して、教育活動を進めています。

【県立千葉大宮高等学校】NOW平成24年8月6日

県立千葉大宮高等学校外部サイトへのリンクは、平成18年度に全日制課程を通信制課程に転換し、19年度から通信制の独立校となりました。県内唯一の公立通信制高校として、生徒へのきめ細かい指導により、多様化する生徒や社会のニーズに応えています。通信制高校は、自学自習を基本とし、自分の学習成果をまとめたレポート提出や、スクーリング(年間18回実施)への出席などを中心に学習を進める学校です。秋季入学者選抜や学期途中での転入試験などの実施により、後期からの学びも可能となっていますので、入学を希望される方は、直接学校へお問い合わせ下さい。

 

【県立松戸向陽高等学校】NOW平成24年7月17日

県立松戸向陽高等学校外部サイトへのリンクは、平成23年度に松戸秋山高校と松戸矢切高校が統合し、学ぶ意欲にあふれ、豊かな心をもち、社会に貢献できる人間を育てる学校として新たなスタートを切りました。普通科と福祉教養科を持ち、県下唯一の高等学校における介護福祉士養成施設に指定されています。卒業時に介護福祉士国家試験受験資格の取得が可能で、国家試験合格率は、毎年全国平均を大きく上回っています。平成25年度からは、県全体の福祉教育のレベルアップを図る福祉教育の拠点校として、関係機関や大学、専門学校、福祉関係系列校等との連携を図るとともに、普通科に福祉コースを設置し、学校全体で「福祉」を推進する予定です。

 

【県立特別支援学校流山高等学園】NOW平成24年6月25日

県立特別支援学校流山高等学園外部サイトへのリンクは、平成9年に千葉県で唯一の高等養護学校として開校しました。当校では、生徒の社会的自立・職業的自立に向けたキャリア教育・職業教育に取り組んでおり、卒業後は企業への就労を目指しています。一人ひとりが自分の長所を生かして専門実習に取り組み、集団生活に必要なルールやマナーの会得、作業能力及びコミュニケーション能力の向上を目標に学習しています。平成22年度から定員が増え、現在は333名の生徒が在籍しています。また第二キャンパス内に喫茶店「n CAFE BAKERY」がオープンするなど、積極的に地域との関わりを深めています。

 

【県立大多喜高等学校】NOW平成24年6月4日

県立大多喜高等学校外部サイトへのリンクは、明治33年に開校した、長い歴史と伝統ある学校で、平成16年度に大多喜女子高等学校と統合し、新たな歴史を刻んでいます。校舎は大多喜城の二ノ丸に位置し、城の遺構である大井戸や薬医門には多くの観光客が訪れています。地域との連携を大切にし、地元大多喜町の行事への参加や、いすみ鉄道への協力にも力を入れています。制服はモスグリーンを基調として、伸び伸びとした成長を表現するとともに、校訓の「大中至正」のもと、部活動や授業に励んでいる大高生の成長していく姿を反映しています。

【県立東葛飾高等学校】NOW平成24年5月14日

県立東葛飾高等学校外部サイトへのリンクは、大正13年創立の長い歴史と伝統を誇る普通科高校です。「自主自律」の精神を大切にし、自由な校風で魅力のある学びの場を提供しています。平成19年度から進学指導重点校として、進路希望の実現に向けた教養講座(東葛リベラルアーツ講座・20分野の大学模擬講座)の開設や自学自習のための施設開放等、独自の取組を展開しています。平成26年度には、将来の地域医療をになう人材育成のための「医歯薬コース」を、28年度には、高校卒業までの6年間をとおして、きめ細かな指導を行う「県立中学校」を併設する予定です。

 

【県立千葉女子高等学校】NOW平成24年4月23日

県立千葉女子高等学校外部サイトへのリンクは、1900年(明治33)年に創立された、長い歴史と伝統を持つ学校です。普通科、家政科の2学科を有し、緑に囲まれた広い敷地、充実した施設、恵まれた環境の中で、「自敬」「精思」「清純」を教育目標に掲げ、真の教養と品格を持つ人材の育成を目指しています。何事にも、まじめに一生懸命取り組む生徒を学校の誇りとし、レベルの高い授業、丁寧な進学指導、盛り上がる学校行事、特色ある部活動など、生き生きとした学校生活を送る条件が整っている学校です。平成26年度からは、教員基礎コース(仮称)を新設する予定です。

【県立長狭高等学校】NOW平成24年4月2日

県教育委員会では、県立長狭高等学校外部サイトへのリンクを、平成24年度から、学校の保護者や地域の皆さんがともに知恵を出し合い、協働して子どもたちの豊かな成長を支えていく「コミュニティ・スクール」に指定しました。きめ細かな学習指導や進路指導により、生徒の自己実現をサポートすることはもちろん、地域の教育力向上の核となる学校として頑張っています。平成26年度からは、将来、医療や福祉の分野で活躍するための幅広い教養と高い倫理観を持った人材の育成を目指して、近隣の医療施設や福祉施設、大学等と連携する、「医療・福祉コース」を設置する予定です。

 

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:教育庁 企画管理部県立学校改革推進課高校改革プラン推進室

電話番号:043-223-4019

ファックス番号:043-221-8124

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?