サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

報道発表資料

更新日:平成28(2016)年11月24日

記念物の追加指定の答申について

発表日:平成28年11月18日

教育庁教育振興部文化財課

国の文化審議会は、史跡「加曽利貝塚」(千葉市)の指定面積を追加することを、文部科学大臣に答申しました。

史跡 加曽利貝塚

所在地

千葉市若葉区桜木2丁目81番1 ほか

面積

既指定面積   135,520.89 平方メートル

追加指定面積   15,583.45 平方メートル

合計      151,104.34 平方メートル

文化財の概要

 加曽利貝塚は、縄文時代中期に属する直径約130mの環状貝塚と、縄文時代後期に属する長軸約170mの馬蹄形状貝塚からなる、国内最大級の貝塚を含む縄文時代を代表する集落跡。

 現在は広大な史跡公園となっており、縄文時代のムラの様子を思わせる復元住居群や捨てられた貝殻の様子を観察できる貝層断面、さらには加曽利貝塚博物館などで縄文時代の生活に触れることができる。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:教育庁 教育振興部文化財課指定文化財班

電話番号:043-223-4082

ファックス番号:043-221-8126

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?