ここから本文です。

ホーム > イベント情報 > イベント・講座・セミナー > 県立中央博物館 春の展示「石材が語る 火山がつくった日本列島」

報道発表資料

更新日:平成28(2016)年3月3日

この催し(又は募集)は終了しました。

県立中央博物館 春の展示「石材が語る 火山がつくった日本列島」

 最近、日本列島各地で火山噴火が活発になり、国民の火山に関する関心が高まっています。火山は災害を引き起こす一方で、雄大な景観や温泉などの恩恵をもたらしており、その恩恵の一つが石材です。千葉県は「石なし県」とも呼ばれますが、建築・土木分野ではさまざまな石材が使われており、身近なところでもよく見かけます。それらの多くは、日本列島各地の火山でさまざまな時代につくられた岩石で、時代背景や地域性を反映して性質が異なります。
 本展示では、石材を題材にして、日本列島の大地を形づくってきた火山の歴史的変遷を見るとともに、私たちが住む日本列島の火山の特徴を知っていただきたいと思います。

発表日:平成28年3月1日
教育庁生涯学習部文化財課

火山展チラシ

開催期間

2016年3月12日から2016年6月5日 午前9時~午後4時30分(入館は午後4時まで)

開催場所

名称 千葉県立中央博物館
住所 千葉県千葉市中央区青葉町955-2青葉の森公園内
電話 043-265-3111
ホームページ 千葉県立中央博物館ホームページ外部サイトへのリンク

内容

■見どころ
(1)房総半島特産の鋸山の「房州石」について詳しく紹介
(2)近年の日本列島各地の火山活動を紹介
(3)火山とは何か—火山噴出物のいろいろを紹介
(4)石材を題材に各時代の火山活動の特徴を紹介
(5)房総半島には火山そのものはないものの、火山噴出物はたくさんあることを紹介

■関連事業
(1)自然誌シンポジウム「火山と石材」
   5月21日(土曜日)午前10時~午後4時 参加無料
   【当日申込・対象:中学生以上・定員:150名】
(2)観察会
  「千葉寺周辺石材散歩」
   4月16日(土曜日)午後1時~午後4時 テキスト代・保険料必要
   【事前申込・抽選・対象:小学生以上・定員20名】※小学生は保護者同伴
  「房州石の石切場と鋸山の地質」
   5月14日(土曜日)午前10時30分~午後4時 テキスト代・保険料必要
   【事前申込・抽選・対象:小学生以上・定員30名】※小学生は保護者同伴
(3)講座「赤土の鉱物観察」
   3月26日(土曜日)午前10時~午後3時 テキスト代必要
   【事前申込・抽選・対象:小学生以上・定員20名】※小学生は保護者同伴
(4)体験イベント
  「砂つぶからミニ水晶をさがそう」 参加無料
   5月5日(木曜日・祝日) 午前10時~午後3時30分(随時)
   【当日申込・対象:小学生以上・定員:なし】※小学生は保護者同伴
  「おもしろ火山実験」
   5月28日(土曜日) 午前10時~、11時~、午後1時~、2時~(各回45分)
   【事前申込・抽選・対象:小学生以上・定員各回20名】※小学生は保護者同伴、材料費必要
(5)ミュージアム・トーク(展示解説) 入場料必要
   期間中 毎週日曜日 午前11時~、午後2時30分~(各回30分程度)

費用

■入場料
 一般300円(団体240円)、高校・大学生150円(団体120円)
 ※65歳以上・中学生以下は無料 ※団体は20名以上

お問い合わせ

所属課室:教育庁 教育振興部文化財課学芸振興室

電話番号:043-223-4127

ファックス番号:043-221-8126

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?