ここから本文です。

ホーム > イベント情報 > イベント・講座・セミナー > 県立関宿城博物館 企画展「関東のへそ~地勢とくらしのヒストリー~」の開催について

報道発表案件

更新日:令和2(2020)年9月16日

県立関宿城博物館 企画展「関東のへそ~地勢とくらしのヒストリー~」の開催について

発表日:令和2年9月15日
千葉県立関宿城博物館

 自然や人為により時代ごとに変化する地理的環境を「地勢(ちせい)」と呼びます。
 関東の中心部に位置する関宿は、かつては常陸(ひたち)川や旧利根川が近くを流れ、交通の要衝とされ、商業に関わる人々とともに、水害と戦いながら農業を行う人々がいました。この企画展では、関宿を中心とする周辺地域での地勢とくらしの関わりについて紹介します。ぜひご覧ください。

関東十九州図(複製版)

関東十九州図(複製版)

開催期間

令和2(2020)年10月2日から令和2(2020)年11月29日 9時~16時30分

開催場所

名称 千葉県立関宿城博物館
住所 千葉県野田市関宿三軒家143-4
電話 04-7196-1400
ホームページ 千葉県立関宿城博物館ホームページ外部サイトへのリンク

内容

1名称
 千葉県立関宿城博物館令和2年度開館25周年記念企画展
 「関東のへそ ~地勢とくらしのヒストリー~」

2会期
 令和2年10月2日(金曜日)~11月29日(日曜日)

3会場
 県立関宿城博物館 (野田市関宿三軒家143-4)

4利用案内
(1)開館時間 9時~16時30分
(2)休館日 月曜日(月曜日が祝日あるいは振替休日に当たる場合は、翌日休館)

5展示概要
 関東の中心に位置する関宿周辺の人々が川や水にいかに向き合い、暮らしを変えてきたかについて紹介します。
(1)地形が変わる
 利根川水系の変遷図、貝塚の貝殻、土器などを展示

(2)東に広がる内海
 海夫(かいふ)関係資料、須恵器(すえき)・中国磁器などを展示

(3)武士、関宿の魅力に気づく
 簗田家文書(やなだけもんじょ)、網代宿(あじろじゅく)関連資料などを展示

(4)地勢、農業へ影響を与える
 農具類、新田開発関係資料、醤油醸造関係資料などを展示

(5)水害と戦う
 水害関係資料、水塚関係資料、関宿悪水落堀(あくすいおとしぼり)関係資料などを展示

(6)地勢とくらしの新たなかかわり
 河川改修工事関係資料、足尾銅山鉱毒事件関係資料、環境保護関係資料などを展示

■関連行事
(1)講演会
「地勢からくらしを読む-水と生きた戦国期の関宿の人々-」
 11月3日(火曜日・祝日)13時30分〜15時30分
 講師:外山信司(とやましんじ)氏(千葉市立郷土博物館研究員)

(2)歴史散歩「関東のへそをさぐる」(日帰りの旅)
 10月18日(日曜日)13時〜16時(現地集合・解散)
 見学先:足利学校、織姫神社、織姫公園

(3)展示解説会
 10月10日(土曜日)、11月1日(日曜日)、23日(月曜日・祝日)
 いずれも11時〜12時、13時30分〜14時30分 1日2回

(4)体験教室
 10月11日(日曜日)「地形図を作ろう」・11月15日(日曜日)「実験!台地と谷」
 いずれも11時〜12時、14時〜15時 1日2回

(5)ワークショップ ぬり絵「関東のへそはどこかな?」
 会期中随時、場所:エントランスホール

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、中止及び内容が変更となる場合があります。
当館ホームページでご確認ください。

費用

■入場料
一般300円、高校・大学生150円
※65歳以上と中学生以下・障害者手帳をお持ちの方は無料

お問い合わせ

所属課室:教育庁 教育振興部文化財課学芸振興室

電話番号:043-223-4127

ファックス番号:043-221-8126

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?