ここから本文です。

ホーム > イベント情報 > イベント・講座・セミナー > 県立中央博物館 開館30周年記念企画展「ほにゅうるい」の開催について

報道発表案件

更新日:令和元(2019)年6月8日

県立中央博物館 開館30周年記念企画展「ほにゅうるい」の開催について

発表日:令和元年6月7日
千葉県立中央博物館

 令和元年度の企画展のテーマは「ほにゅうるい」。
身近な動物たち、動物園の人気者、ちょっと変わった珍獣まで、世界・日本・千葉県に生息する様々なほ乳類のはく製やホネを展示し、ほ乳類のかたちの不思議、暮らし方を紹介します。
 くわえて、子どもも大人も楽しめるさわれる模型や、千葉県のほ乳類の絶滅危惧種や外来種、ほ乳類研究の最新情報をお伝えし、さらに著名な動物写真家である故・星野道夫さんの動物写真のミニ展示も開催します。

県立中央博物館 開館30周年記念企画展「ほにゅうるい」ロゴ

県立中央博物館 開館30周年記念企画展「ほにゅうるい」

開催期間

令和元(2019)年7月13日から令和元(2019)年9月23日 午前9時~午後4時30分(入館は午後4時まで)

開催場所

名称 千葉県立中央博物館
住所 千葉県千葉市中央区青葉町955-2
電話 043-265-3111
ファックス 043-266-2481
ホームページ 県立中央博物館ホームページ外部サイトへのリンク

内容

1.主な内容
(1)あつまれ「ほにゅうるい」
(2)千葉にきた幻の「ツノシマクジラ」
(3)くらべてみよう「ほにゅうるい」
(4)クジラの仲間はカバ? ほ乳類研究の最前線
(5)どうなっているの? 千葉県のほ乳類
(6)星野道夫さんミニ写真展

2.オープニングセレモニー
7月13日(土曜日)13時~ 2階ホール
解説会「ほにゅうるい探検隊」も開催します。

3.関連イベント(入場券が必要)
(1)講演会(各回先着150名・小学生以上向け)
・極北の自然と野生動物 7月15日(月曜日・祝日)13時~15時 
 講演者:星野直子さん(星野道夫事務所)
・かいじゅう(海獣)のはなし 8月4日(日曜日)13時~15時 
 講演者:勝俣浩さん(鴨川シーワールド)
・まるで忍者!身近に暮らす動物のすがた 9月15日(日曜日)13時~15時 
 講演者:古谷益朗さん(埼玉県農業技術研究センター)

(2)「ほにゅうるい」の缶バッジをつくろう(先着 100名 材料費100円)
7月13日(土曜日)10時~12時、13時~15時
ほ乳類のぬりえを使って、オリジナル缶バッジを作ります。

(3)「ほにゅうるい」にさわってみよう(各回30名)
7月14日(日曜日)、9月22日(日曜日) 10時~11時、15時~16時
ほ乳類のホネや毛皮をさわってみます。ライオンにさわれるかも?

(4)アルパカとふれあいたいけん(各回10組 保険料50円)
7月21日(日曜日)、9月8日(日曜日)
10時~11時、13時~14時、15時~16時
モフモフなアルパカのミッティーちゃんが千葉市動物公園からやってきます。

(5)博物館フィギュア×ほにゅうるい(各回 先着50名 材料費200円)
8月11日(日曜日・祝日)10時~12時、13時~15時
樹脂粘土を型にいれて、当館オリジナルフィギュアを作ります。

(6)哺乳類の頭骨の3D撮影教室(定員20名・中学生以上対象)
※要事前申込、定員を超えた場合は抽選
 申込期間7月18日(木曜日)~8月4日(日曜日)
8月18日(日曜日) 13時~15時 講師:森健人さん(理学博士)
スマートフォンアプリを使って、ほ乳類の頭骨を3D画像で撮影します。

(7)ミュージアム・トーク
企画展期間中の毎週土曜日に、研究員による展示解説を行います。
1日2回 11時〜、14時30分〜(当日受付 各回約30分)

費用

入場料(企画展開催期間中)
一般500円(団体400円)、高校・大学生250円(団体200円)
※65歳以上・中学生以下は無料
※障害者手帳等をお持ちの方及び介護者は無料
※団体は20名以上

お問い合わせ

所属課室:教育庁 教育振興部文化財課学芸振興室

電話番号:043-223-4127

ファックス番号:043-221-8126

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?