ここから本文です。

ホーム > イベント情報 > イベント・講座・セミナー > 県立中央博物館分館海の博物館 マリンサイエンスギャラリー「房総の海の幸」

報道発表資料

更新日:平成30(2018)年2月9日

この催し(又は募集)は終了しました。

県立中央博物館分館海の博物館 マリンサイエンスギャラリー「房総の海の幸」

発表日:平成30年2月8日
県立中央博物館分館海の博物館
教育庁教育振興部文化財課

 房総半島周辺の海は、外海と内海、南部と北部で海洋環境が大きく異なり、各地の海には多彩な生きものが生息しています。この展示では海の幸として利用されている生きものを中心にして、その生態や形態的特徴、食文化などについて紹介します。

水揚げされたキンメダイ

水揚げされたキンメダイ

開催期間

平成30(2018)年2月23日から平成30(2018)年5月6日 午前9時~午後4時30分(入館は午後4時まで)

開催場所

名称 千葉県立中央博物館分館海の博物館
住所 千葉県勝浦市吉尾123
電話 0470-76-1133
ホームページ 中央博物館分館海の博物館ホームページ外部サイトへのリンク

内容

■展示内容
<1>東京湾の幸
 マハゼやマアナゴなど、江戸前の魚や潮干狩りで採れる貝を紹介します。
<2>太平洋岸の海の幸
 サザエやイセエビ、マダコやイワシなど、主に太平洋岸で漁獲される生きものを紹介します。
<3>沖合の海の幸
 カツオやマグロ、ツチクジラなど、沖合で漁獲される生きものを紹介します。
<4>深い海の幸
 キンメダイやタカアシガニなど、深海で漁獲される生きものを紹介します。
<5>川の幸
 サケやニホンウナギのように、海と川を往復する生きものを紹介します。
<その他>
 ・大型スクリーンで房総各地の海の生きものを紹介するビデオを上映
 ・アマミホシゾラフグの「ミステリーサークル」を実物大で床に投影(研究成果紹介コーナー)

■関連事業
 講座:もっと知りたい「房総の海の幸」
 内容:開催中の展示にちなんだ内容を、写真とビデオを交えて紹介します。
 日時:3月25日(日曜日)13時30分~15時00分
 会場:県立中央博物館分館海の博物館
 対象:中学生以上
 定員:20名(事前申込要、欠員がある場合は当日参加可)
 申込:電子メール・はがきで申込み(締切3月11日)

※参加希望者全員の1.住所、2.氏名、3.電話番号、4.年齢(学年)、5.ご希望の行事名を明記のうえ、ハガキまたは電子メールにて、行事開催日の2週間前までに、海の博物館あてにお申し込みください(海の博物館受付でもお申込みいただけます)。
《申込先》
 〒299-5254
 勝浦市吉尾123
 県立中央博物館分館海の博物館
 e-mail:umihaku@chiba-muse.or.jp

■休館日
 月曜日(月曜日が祝日の場合は開館し、翌日休館)
 ※5月1日(火曜日)は臨時開館します。

費用

■入場料
一般200円(団体160円)、高校・大学生100円(団体80円)
※65歳以上・中学生以下は無料
※団体は20名以上
※障害者手帳等をお持ちの方とその介護の方は無料

お問い合わせ

所属課室:教育庁 教育振興部文化財課学芸振興室

電話番号:043-223-4127

ファックス番号:043-221-8126

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?