ここから本文です。

ホーム > イベント情報 > イベント・講座・セミナー > 県立美術館特別展 「立体造形の現在・過去・未来ーThe フィギュア in チバー」の開催について

報道発表資料

更新日:平成29(2017)年7月12日

この催し(又は募集)は終了しました。

県立美術館特別展 「立体造形の現在・過去・未来ーThe フィギュア in チバー」の開催について

発表日:平成29年7月11日
千葉県教育庁教育振興部文化財課
千葉県立美術館

国内外で高い評価を受ける、立体造形表現としてのフィギュアの世界を紹介します。
今日では、フィギュアは、コミックやアニメ、ゲームなどと共に、日本が世界に誇る大衆文化の一角をなす造形表現として高く評価されており、映像の中で活躍する様々なキャラクターたちを立体化することで、新たな命を吹き込んでいます。

この展覧会では、徹底したこだわりを持ったフィギュアの製造で一大ブームを巻き起こした海洋堂のフィギュアを中心にその魅力を紹介します。また、千葉県内の遺跡から発見された、フィギュアの原点としての土偶や埴輪などをあわせて展示します。さらに、若い世代によるフィギュア作品や、ヴァーチャルアーティストIA(イア)のライブパフォーマンスの立体映像での再現を取り上げ、多様なフィギュアの世界を伝えることで、立体造形の過去から未来までを紹介します。

阿修羅像

《阿修羅像》©KAIYODO

自在置物《麒麟》

自在置物《麒麟》©KAIYODO

開催期間

平成29(2017)年7月22日から平成29(2017)年9月24日 午前9時~午後4時30分(入館は午後4時まで)

開催場所

名称 千葉県立美術館
住所 千葉県千葉市中央区中央港1-10-1
電話 043-242-8311
ホームページ 県立美術館ホームページ外部サイトへのリンク

内容

主な展示構成
第1部 現在/フィギュアの隆盛
・原型師作品の展示
・食玩ギャラリー、アニメなどのキャラクターのフィギュア他

第2部 過去/立体造形の原点
・千葉県内で出土した土偶・埴輪
・郷土玩具 芝原人形

第3部 未来/多様化する表現
・ヴァーチャルアーティストIA(イア)のライブパフォーマンスを立体映像で再現
・等身大美少女フィギュア
・ワンダーショーケース作家の作品(新進作家によるガレージキット)

費用

入場料(企画展開催期間中)
一般800円(団体640円)、高校・大学生400円(団体320円)
※65歳以上・中学生以下は無料
※障害者手帳等をお持ちの方とその介護の方は無料
※団体は20名以上

お問い合わせ

所属課室:教育庁 教育振興部文化財課学芸振興室

電話番号:043-223-4127

ファックス番号:043-221-8126

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?