サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年4月14日

佐藤尚中誕生地

(さとうたかなかたんじょうち)

佐藤尚中誕生地

種別

県指定史跡

指定日

昭和12年3月19日

所在地(所有者)

香取市小見川450-1ほか(香取市)

概要

山口舜海(しゅんかい:佐藤尚中)(1827~1882)は、文政10年(1827)下総国小見川で小見川藩の医師山口甫僊(ほせん)の次男として生まれ、江戸に出て西洋医学を学んだ。師の佐藤泰然(たいぜん)が、佐倉藩主堀田正睦(まさよし)に招かれたのに従って佐倉に移り、「順天堂」(本書188頁)の外科医として多くの患者を救い、また、多くの塾生に、蘭学の指導を行った。そして、嘉永6年(1853)、泰然の養子となって佐藤姓に改めた。万延元年(1860)頃には、「尚中」という名前を使うようになります。明治2年(1869)に、尚中は政府に招かれて大学東校(現在の東京大学医学部)の中心となり、その基礎を築いた。その後、東京に私立の「順天堂医院」を開いたが、それが発展して今の順天堂大学となった。

佐藤尚中が生まれた屋敷地跡は、現在内浜公園として整備され、この中に記念碑や「尚中先生産湯の井戸」がある。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:教育庁 教育振興部文化財課指定文化財班

電話番号:043-223-4082

ファックス番号:043-221-8126

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?