サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年4月14日

板碑(正元元年九月日在銘)

(いたび)

板碑(正元元年九月日在銘)

 

種別

県指定有形文化財(考古資料)

指定日

平成2年3月16日

所在地(所有者)

香取市大戸594(地福寺)

概要

中央部で二つに割れているが、高さ120cm、幅36cm、厚さ6cmの下総型板碑である。主尊は金剛界大日如来種子(しゅじ)の「バン」を掲げて、上に天蓋(てんがい:仏様などの上にかざす荘厳の笠)を掲げ、左右に棒状の瓔珞(ようらく:本来は貴金属や玉をつって垂下するもの)を2段に垂らし、下に蓮の実も刻出した形の整った蓮座(れんざ)を置いている。

碑面には「光明遍照/十方世界/念仏衆生/□□不捨」と「観無量寿経」の偈頌(げじゅ:教典などにある詩文で、仏を讃えたり、仏法の真髄をのべたりしたもの)を彫り、下部には「右志者為師長父/正元〃年己未九月日/往生極楽頓證也/□僧□慶所造立也」と彫られている。正元元年(1259)9月に師と父の往生極楽を願って、追善供養のために造立したことがわかる。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:教育庁 教育振興部文化財課指定文化財班

電話番号:043-223-4082

ファックス番号:043-221-8126

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?