サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年4月14日

板碑(正元元年九月三日在銘)

(いたび)

板碑(正元元年九月三日在銘)

種別

県指定有形文化財(考古資料)

指定日

平成2年3月16日

所在地(所有者)

香取市佐原イ-3010(惣持院)・県立中央博物館大利根分館保管

概要

惣持院(そうじいん)は、現在、香取市仁井宿(にいじゅく)に所在するが、かつては追野にあった。この板碑は同寺が追野にあったときに境内から発見されたもので、県立中央博物館大利根分館で展示・公開されている。この板碑は、筑波山系で産出する黒雲母片岩を用いる下総型板碑で、高さ156cm、幅35.5cm、厚さ9cmを測る。

主尊は阿弥陀如来一尊種子(しゅじ)で、天蓋(てんがい)は蓮華(れんげ)を伏せた形で、蓮座とともに主尊種子を包むように刻む。中央下半部には、「光明遍照/十方世界/念仏衆生/摂取不捨」(無量寿仏の光明はあまねく、十方世界を照らし、念仏の衆生を、摂取して捨てない)と「観無量寿経」の偈頌(げじゅ)を刻む。「偈」とは仏菩薩等の功徳を褒め称える言葉であり、「頌」とは言葉の美しい歌のことである。

正面下部には「右志者為慈父/正元〃年九月三日/聖霊證大菩提也」と刻み、全体的に均整のとれた板碑で、基部は塊状に太くなり、据え付ける際に安定を良くするために加工したようである。なお正元元年は、西暦1259年にあたる。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:教育庁 教育振興部文化財課指定文化財班

電話番号:043-223-4082

ファックス番号:043-221-8126

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?