サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年5月11日

絹本著色両界曼荼羅図

(けんぽんちゃくしょくりょうかいまんだらず)

絹本著色両界曼荼羅図

種別

県指定有形文化財(絵画)

指定日

平成7年3月14日

所在地(所有者)

南房総市府中687(寶珠院)

概要

両界曼荼羅は、胎蔵界曼荼羅と金剛界曼荼羅との2幅で一対をなす密教の本尊画で、2幅とも大日如来を主尊としている。本図の特徴は、大日如来の顔の鼻稜線を2本並べて描くこと、装飾に使われる金色が切金を使わず金泥であること、色調が少し暗いことなどにある。さらに、この曼荼羅は描いたものであることと画面が小型であることから、製作年代は室町時代前半頃と推測される。これは、現在の表具が嘉永2年(1849)に現状に改められた際の銘文の中に、本図が寛正6年(1465)に描かれたという伝承を記していることとも一致する。寶珠院の創立が応永年間(1394~1427)と伝えられているので、創立当初から同院の歴史とともに伝えられた由緒ある資料である。県内に所在する両界曼荼羅の中でも古い作品で、像の内容がそれほど損なわれていないなど貴重な曼荼羅図である。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:教育庁 教育振興部文化財課指定文化財班

電話番号:043-223-4082

ファックス番号:043-221-8126

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?