サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年8月9日

香取神宮旧拝殿

(かとりじんぐうきゅうはいでん)

香取神宮旧拝殿

種別

県指定有形文化財(建造物)

指定日

平成19年3月16日

所在地(所有者)

香取市香取1697(香取神宮)

概要

 香取神宮は、香取市香取に所在する、旧下総国を代表する古い神社で、祭神は経津主(ふつぬしの)大神(おおかみ)である。

 旧拝殿は、現在は祈祷殿として使用されているが、当初は重要文化財の本殿とともに元禄13年(1700)に建てられた建物である。昭和13年に現在の拝殿が新築されるに際し、南東へ移築され、同59年に再び西へ1.5m移動され、現在地にいたっている。修理に係る4枚の棟札も附市指定されている。

 建物の規模は、間口五間(11.57m)、奥行三間(6.18m)。屋根は、寄棟の上に切妻をのせた形式の入母屋造という形をしている。建立当初はとち葺き(こけら葺きで材が大きなもの)だったが、昭和40年に現在の銅板葺きに改められ、正面に礼拝する場所である向拝廻りの木鼻・蟇股(かえるまた)・手挟(たばさみ)の彫刻や、虹梁(こうりょう)(向拝柱をつなぐ横材)に彫られた渦文などに時代の様式が示されている。

 昭和13年の移動の際には幣殿が取除かれて、一部改変されてはいるが、そのほかは古い材料や旧状をよく残しており、間口五間の比較的大規模な質の良い拝殿である。構造形式は簡素で、材料が太くしっかりした造りになり、古式を保っており、細部の様式手法はよく時代を示している。本殿や楼門とともに、元禄造営時の香取神宮社殿を知る上で重要な建物である。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:教育庁 教育振興部文化財課指定文化財班

電話番号:043-223-4082

ファックス番号:043-221-8126

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?