ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年2月27日

旧川崎銀行佐倉支店

(きゅうかわさきぎんこうさくらしてん)

旧川崎銀行佐倉支店

種別

県指定有形文化財(建造物)

指定日

平成3年2月15日

所在地(所有者)

佐倉市新町210(佐倉市)

概要

 この建物は、川崎銀行佐倉支店として建築された。附指定の棟札には、大正7年(1918)10月7日の上棟の日付と、施主、設計請負、工事監督、大工の名が墨書されている。

 煉瓦造2階建てで、外壁はタイル張り、正面の腰部分は石張りとしている。設計はドイツ留学の経験をもつ矢部又吉で、新しい流行も取り入れた、全体に瀟洒なまとまりをみせた建築である。

 正面入口の左右の柱の形式は、最も古く柱頭のデザインも簡素なドリス式オーダーといわれるもので、壁面にも簡略な柱型オーダー装飾をつける。様式の基調は、矢部又吉の設計であることからドイツ風ルネサンスとみられるが、上部装飾のデザインなどに、19世紀末にドイツに起こった伝統的な様式から分離し、自由な新しい表現を求めたセセッション(分離派)という流行の影響が認められる。

 この建物は、昭和12年(1937)に佐倉町(現佐倉市)に売却され、佐倉町役場として使用されていた。その後、市立公民館、市立図書館、佐倉新町資料館を経て、平成6年(1994)からは、佐倉市立美術館のエントランスホールとして利用されている。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:教育庁 教育振興部文化財課指定文化財班

電話番号:043-223-4082

ファックス番号:043-221-8126

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?