サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年6月26日

「労政ちば」(2017年No.563夏号)1ページ

平成29年10月1日から保育園などに入れない場合~子が2歳まで育児休業が取れる!ようになります~

内容1 最長で子どもが2歳まで育児休業の再度の延長が可能に!

※ 1歳6か月以後も、保育園等に入れない等の場合 ⇒会社に申し出る ⇒ 最長子どもが2歳まで再度の延長が可能

※ 育児休業給付金の給付期間も子どもが2歳まで(詳細はハローワークへ)

内容2 事業主の努力義務に!:子どもが生まれる予定の労働者に、育児休業などの制度を知らせる

※ 従業員やその配偶者の妊娠・出産を知った場合、個別に育児休業などの制度等を知らせる

内容3 事業主の努力義務に!:「育児目的休暇制度」の導入

※ 育児目的休暇制度例

⇒“配偶者出産休暇”“ファミリーフレンドリー休暇”“子の行事参加のための休暇” など

※各制度の詳細な内容は、厚生労働省ホームページ外部サイトへのリンクでご確認ください。

※「育児休業給付金」については、お近くのハローワークまで、お問い合わせください。

 

◆規定の整備に係るご相談は随時お受けしています。どうぞ、お気軽に下記あてお問い合せください。

問い合わせ先

千葉労働局雇用環境・均等室(電話番号043-221-2307)

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:商工労働部雇用労働課企画調整班

電話番号:043-223-2767

ファックス番号:043-221-1180

千葉労働局雇用環境・均等室
電話:043-221-2307

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?