サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

更新日:平成28(2016)年9月23日

「労政ちば」(2016年No.560秋号)9ページ

ストレスチェック制度とは?

Q.ストレスチェック制度とは、どういうものでしょうか?

A.事業者が労働者に対して行う心理的な負担の程度を把握するための検査(ストレスチェック)と面接指導の実施等を事業者へ義務づける制度です。

労働安全衛生法の改正により、創設されました。(平成27年12月1日施行)

ストレスチェック制度の重要なポイント

  • 常時使用する労働者が50名以上の事業所(※)は、年1回以上、ストレスチェックを実施する義務があります。(※50名未満の事業所は、当分の間、努力義務です。)
  • ストレスチェックの結果は、従業員の同意がなければ事業者に提供することは禁止されています。
  • ストレスの高い従業員から申し出が有った場合、医師による面接指導を行います。
  • 面接指導の結果、医師の意見を聞き、必要があると認める場合には、事業者は、就業上の措置を実施します。
  • 1年以内ごとに1回、事業者は、ストレスチェックの結果を所轄労働基準監督署に報告する必要があります。(※常時使用する労働者が50名以上の事業所に限ります。)

ストレスチェック制度の意義とは?

労働者にとっての意義

  1. ストレスチェックを受けることで、自らの状態を知ることができます。
  2. 高ストレスの場合、面接指導を受けることで、就業上の配慮(措置)につながります。

事業者にとっての意義

  1. 労働者がメンタルヘルス不調になることを未然に防止する機会になります。
  2. 職場の問題点の把握が可能となり、職場改善の具体的な検討がしやすくなります。

ストレスチェックの対象者(常時使用する従業員)とは?

以下の1及び2の要件を両方満たす労働者の方です。

  1. 期間の定めのない労働契約により使用される者(契約期間が1年以上の者並びに契約更新により1年以上使用される予定の者及び1年以上引き続き使用されている者)
  2. 週労働時間数が、当該事業場において同種の業務に従事する通常の労働者の1週間の所定労働時間数の4分の3以上の者

ただし、1及び2の要件を両方満たす労働者であっても、ストレスチェックの受検は任意です。

より詳しく制度を調べたいときは…

関連リンク(厚生労働省ホームページ)をご覧ください。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:商工労働部雇用労働課企画調整班

電話番号:043-223-2767

ファックス番号:043-221-1180

記事の内容やご相談等については、労働相談センターへ
【千葉県労働相談センター】(県庁本庁舎2階)
電話:043-223-2744
〇一般労働相談(面談または電話)
相談時間:開庁日の午前9時~午後5時
〇夜間労働相談(電話)
相談時間:開庁日の午後5時~午後8時

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?