ここから本文です。

更新日:令和元(2019)年12月26日

コンテナターミナル施設概要

首都圏という好ロケーションとともにリーファー、CFSを有するストックヤードを確保しており、様々なコンテナ貨物需要に対応できます。

また、平成11年には、コンテナターミナル内に第2洗浄場(346.8平方メートル)が完成しました。

平成6年6月のコンテナターミナル開設以来、1基で運用してきたガントリークレーンが平成9年3月に増設され、2基による運用となり、荷役時間の短縮化、荷役機能の強化を図りました。

施設概要

  • コンテナターミナル面積
    約80,000平方メートル
  • 岸壁の条件(千葉中央地区G岸壁)
    水深-12m、バース延長240m、エプロン幅24.5m
  • 対象船舶
    コンテナ船  30,000DWT級(積載コンテナ数1,800~2,000TEU)
    貨物船  30,000DWT級
  • コンテナヤード
    2,616TEU
  • CFS(コンテナ詰めや混載を行う施設)
    1棟  1,934平方メートル
  • 管理棟
    1棟
  • トラックスケール(コンテナ積載車の計量施設)
    1基
  • リーファー(冷凍冷蔵コンテナのための電源設備)
    52基
  • メンテナンスショップ(コンテナの修理場)
    1棟
  • シャシープール(コンテナを載せるトラックの台車置場)
    44台
    暫定シャシープール  82台
  • バンプール(空コンテナ置場)
    848TEU

ガントリークレーン機能概要

[クレーン](GIF:188KB)

  • 基数
    2基
  • 吊上荷重(吊上げることのできる最大の荷重)
    約49t
  • 定格荷重(吊上荷重から吊具等を差し引いた荷重)
    ISO1Aコンテナ30.5t
    ハッチカバー35.6t
    重量物40.0t
  • 巻上速度(荷を上げる速度・空の時の速度)
    40・90m/min
  • 走行速度(クレーンが移動する速度)
    45m/min
  • 横行速度(荷を上げたあと、水平に運搬する速度)
    125m/min
  • 起伏速度(ブーム(クレーンの腕)を起こしたり倒したりする速度)
    8min/cycle

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:県土整備部港湾課港湾振興室

電話番号:043-223-3835

ファックス番号:043-227-0928

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?