ここから本文です。

ホーム > 県政情報・統計 > 広報 > 千葉の魅力 > 千葉の魅力発信の実施方針について > 平成27年度千葉の魅力発信の実施方針について

報道発表資料

更新日:平成27(2015)年3月27日

平成27年度千葉の魅力発信の実施方針について

発表日:平成27年3月26日

総合企画部報道広報課
電話:043-223-2256

県では、広く全国や世界に向けて多様な千葉の魅力を発信し、千葉県の知名度やイメージを高めていくことを目的に、戦略的広報の基本となる「千葉の魅力発信の実施方針」を毎年度策定しています。
本日、千葉の魅力発信推進本部会議(本部長:知事)を開催し、来年度の実施方針を決定しました。
来年度は、成田空港のLCC専用第3旅客ターミナルビルの供用、圏央道・神崎~大栄間の開通、世界陸上北京大会におけるアメリカ、オランダ、ベルギーチームによる事前キャンプなどが予定されています。
5年後となる東京オリンピック・パラリンピックを見据えつつ、こうした機会を捉え、オール千葉で魅力を発信し、観光客の増加、農林水産物の販売促進など、地域社会・経済の活性化や交流人口の拡大に結び付けていきます。

実施方針の主なポイント

主要テーマ

  • 「アクアライン・圏央道」、「観光・MICE」、「農林水産物」、「成田国際空港」、「郷土の自然と歴史・文化」、「安全・安心への取り組み」の6項目

重点的発信

  • アクアライン800円継続のPR、北関東・東北地方で圏央道開通効果のプロモーションなど、集中的な発信
  • 成田空港の利便性向上を、県内観光や地域情報などとともに幅広く発信
  • 鉄道を利用した首都圏からの誘客のためのPR【新規】
  • オリンピック・パラリンピックに向けた事前キャンプや国際大会誘致のための受入体制の整備や、キャンプ地・訪問地としての魅力PR【新規】
  • 知事トップセールスなどでミッション団等と官民一体となった海外プロモーション展開のほか、相互交流の拡大
  • ちばアクアラインマラソン2016の開催に向けたPR

推進方法

  • 市町村、民間企業・団体などとの連携を図り、知事やチーバくんの発信力やメディアを効果的に活用しながら、オール千葉で積極的な情報発信を行う。

実施方針のダウンロード

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:総合企画部報道広報課千葉の魅力発信戦略室

電話番号:043-223-2256

ファックス番号:043-227-0146

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?