ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年9月25日

千葉の贈り物

新食感!生カステラ(栄町)

掲載日:平成29年9月25日

今回は日本料理店が作るスイーツが贈り物。
栄町にある「割烹・金田屋」を紹介します。
明治23年創業の日本料理店が作る自慢の「生カステラ」
日本料理の技を生かして煮上げたどらまめに、卵の生地を合わせて焼き上げたスイーツです。
また、千葉を代表する落花生を使った生カステラも新たに開発しました。
みなさんも、地元愛にあふれた新食感スイーツを味わってみませんか?

動画の内容

(ナレーター)(森田知事)
千葉から元気いっぱいの贈り物。
まごころを込めてお届けいたします。
さて、今回の贈り物は・・・

(ナレーター)
老舗の日本料理店が開発したスイーツが贈り物。

(まごころ配達人 割烹 金田屋の皆さん)
地元特産の“どらまめ”を使った生カステラを提供しています。
自慢の逸品ですよ!

(ナレーター)
独創的な料理が人気のお店、明治23年創業の割烹・金田屋(かねたや)。
自慢の生カステラを作っているのはこの店のご主人。

(金田屋 店主 勝田 裕之さん)
これは栄町特産の黒豆で“どらまめ”と呼ばれています。
せっかく地元においしい黒豆があるので、ぜひいかしたいと思ってデザートにしました。

(ナレーター)
3日かけて煮上げたどらまめを、卵を贅沢に使った特製の生地と合わせてオーブンへ。
日本料理の技をいかして作られる黒豆の生カステラは、まごころこもった風味豊かな一品。
冷やしていただくデザートです。

(お客さんの感想)
普通のカステラと全然違ってしっとり。

(お客さんの感想)
豆もやわらかくてとってもおいしかったです。

(ナレーター)
さらに、千葉を代表する落花生を使った生カステラも新たに開発、甘みを十分に引き出した美味しさですよ。

(まごころ配達人 割烹 金田屋の皆さん)
どらまめと落花生を使った生カステラ、ぜひ味わいに来てください。

(ナレーター)
地元愛から生まれた新食感のスイーツです。

(ナレーター)
いかがでしたか、今回の贈り物。
次回もまごころを込めてお届けいたします。

お問い合わせ

所属課室:総合企画部報道広報課千葉の魅力発信戦略室

電話番号:043-223-2242

ファックス番号:043-227-0146

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?