ここから本文です。

更新日:令和3(2021)年2月18日

ページ番号:417927

元気半島、ちば!(ちばのジビエ特集)

千葉県の旬の情報をお知らせします。(令和3年2月18日現在)

今回の特集は

ジビエ料理の写真((C)株式会社KURKKU FIELDS)(C)株式会社KURKKUFIELDS

新たな食文化として大きな期待が出来る自然の恵み「ジビエ」を紹介します。

今回のプレゼントチーバくん(プレゼント)

プレゼントの写真(イメージ)((C)株式会社KURKKU FIELDS)プレゼントのイメージ(C)株式会社KURKKU FIELDS
イノシシ肉やシカ肉のジビエが楽しめる「ジビエおまかせセット」を抽選で20名の方にプレゼントします。「ジビエおまかせセット」の応募様式外部サイトへのリンク(応募期間:令和3年2月18日~令和3年2月26日)。当選者の発表はプレゼント品の発送をもって代えさせていただきます。※社会情勢等により発送が予定より遅れる場合がございます。予めご了承ください。

 

目次

  1. ジビエとは
  2. ジビエっておいしいの?
  3. 「房総ジビエ」とは
  4. 狩猟に興味がある方へ

  5. 千葉県内の少し気になる取り組みを紹介

  6. ジビエを購入できる場所

1.ジビエとは

「ジビエ」はフランス語(gibier)で、狩猟で得た野生鳥獣の肉のことをいいます。フランスでは高級料理として古くから重宝され、日本にも狩猟の伝統があり、イノシシ肉は「ぼたん」、シカ肉は「もみじ」と呼ばれ親しまれてきました。

2.ジビエっておいしいの?

イノシシは、コラーゲンたっぷり。赤身はもちろん、脂身も美味しくいただけます。たんぱく質は牛肉や豚肉より多く、脂質は牛肉より少なく、疲労回復などを促すビタミンB群は牛肉の2倍といわれています。

シカは、脂肪が少ないヘルシーな食材です。低カロリーなのに高たんぱく、脂質も少なく、鉄分・カルシウムも豊富で、近年は女性からも高い関心を集めています。

捕獲後に迅速な処理をした肉であれば、クセは強くありません。野生動物のため、育った環境や食べるものによって、少しクセがあったり、肉質が固いものがあったりしますが、下処理や調理方法などの工夫で美味しく食べることができます。

3.「房総ジビエ」とは

房総ジビエのロゴ

房総半島には、イノシシやシカが数多く生息しています。狩猟期間(例年11月15日~2月15日)にハンターが趣味で狩猟したり、農業被害などの被害対策として県や市町村などが捕獲事業を行っていたりと県内でも捕獲頭数は増加しています。県では、県内で獲れたイノシシなどを「房総ジビエ」と銘打ち、房総ジビエフェアを開催するなど、新しい食のブランドとして発信しています。

「房総ジビエ」を食べられるお店外部サイトへのリンク

4.狩猟に興味がある方へ

千葉県では、有害鳥獣捕獲の担い手となるハンターを育成・確保するため、狩猟に興味があるがどのように始めたらいいかわからない千葉県民の方を対象に、新人ハンター入門セミナーを開催しています。狩猟を始めるきっかけになるかもしれません。ご興味のある方はぜひご応募ください。※令和2年度の募集は終了しました。

5.千葉県内の少し気になる取り組みを紹介

猟師工房ランド

工芸品((C)猟師工房ランド)(C)猟師工房ランド

猟師工房ランドは、昭和63年に廃校になった君津市立香木原小学校の跡地に、「狩猟文化の発進拠点」として建てられた複合施設です。市内で捕獲されたイノシシやシカだけでなく、あまり流通しないアライグマやハクビシンの加工食品のほか、骨や角などを使ったユニークな工芸品を販売しており、クラフト体験も行えます。

バーベキュー場((C)猟師工房ランド)(C)猟師工房ランド

手ぶらで楽しめるジビエバーベキュー場やドッグランなどを常設し、様々な体験を通じて狩猟文化に触れることができます。

ジビエ(C)猟師工房ランド(C)猟師工房ランド

今後開設予定のオンラインサイトでは、オリジナルレシピで作られたソーセージの詰め合わせセットが販売されます。

所在:君津市香木原269
時間:10時から18時
定休日:火曜日
問い合わせ:0439-27-1337(猟師工房)
Facebook:猟師工房外部サイトへのリンク
オンラインショップ:猟師工房外部サイトへのリンク ※3月オープン予定

ジビエ工房茂原(茂原市)

ジビエ工房茂原外観((C)ALSOK千葉株式会社)(C)ALSOK千葉株式会社

令和2年7月に、警備会社として知られるALSOK千葉株式会社が運営する獣肉加工施設がオープンしました。これまで焼却処分されていた獣肉をジビエとして有効活用しようと、工房と契約を結んだ市町から、イノシシ等を受け入れています。

解体の様子((C)ALSOK千葉株式会社)(C)ALSOK千葉株式会社

自社加工場で、解体・加工・販売までを一貫して行っており、加工されたブロック肉は地元の飲食店に流通しています。

所在:茂原市本納2126-1
問い合わせ:043-275-7575(ALSOK千葉株式会社)
ホームページ:ALSOK千葉株式会社外部サイトへのリンク

君津ハニー ジビエバーグ(君津市)

君津ハニージビエバーグ((C)(有)Stay Dream Project)(C)有限会社Stay Dream Project

「君津ハニー ジビエバーグ」は鳥獣害被害対策と君津市の観光業・飲食店業の振興策として、鶏料理店『君鶏』とジビエ取扱店『猟師工房ランド』、養蜂場『Bee Concierge(ビーコンシェルジュ)』がコラボして生まれた新商品です。高タンパク・低カロリーで鉄分豊富なシカ肉を60%、豚肉40%に、隠し味の柚子胡椒と味噌を練り込んだパテ。その上のパイにはコーヒーに似たビターな苦みが感じられるカラス山椒のハチミツがたっぷり注がれています。新鮮なシカ肉の旨味を活かした、君津市の新たなグルメ飯です。

所在:君津市東坂田2-6-16
時間:17時から23時
定休日:月曜日
問い合わせ:050-1053-9271(君津北口の君鶏)
ホームページ:ホットペッパー外部サイトへのリンク

竹りん(茂原市)

ジビエ御膳((C)株式会社竹りん)(C)株式会社竹りん

茂原市にある「日本料理 竹りん」で提供する「ジビエ御膳」は、高タンパクで低カロリー、コラーゲンたっぷりのイノシシ肉と季節折々の旬の素材を味わうことができます。

ジビエ((C)株式会社竹りん)(C)株式会社竹りん

「竹りんグループ」が運営するWebショップの「ジビエジャポン」では、ギフトボックスや精肉からペット用加工品まで、上質なジビエが購入できます。

◆日本料理 竹りん
所在:茂原市八千代3-13-9
時間:(完全予約制) 11時から14時、17時から20時 ※3月7日まで(変更になる場合あり) 
定休日:年中無休
問い合わせ:0475-24-5522(日本料理 竹りん)
ホームページ:株式会社竹りん外部サイトへのリンク

◆ジビエジャポン
問い合わせ:0475-24-1772(株式会社竹りん ジビエジャポン本部)
オンラインショップ:株式会社竹りん ジビエジャポン本部外部サイトへのリンク

6.ジビエを購入できる場所

クルックフィールズ(木更津市)

クルックフィールズ((C)株式会社KURKKU FIELDS)(C)株式会社KURKKU FIELDS

令和元年秋に木更津市にオープンしたクルックフィールズは、農業、食、アートを軸とした複合施設で、自然とアートが楽しめます。市内で獲れたイノシシ肉やシカ肉をシェフが自らさばき、加工するところまで一貫して行っていて、施設内の「CHARCUTERIE(シャルキュトリー)」では、ジビエ特有の臭みや硬さがないジューシーなソーセージなどが購入できます。

食肉加工品詰め合わせイメージ((C)株式会社KURKKU FIELDS)食肉加工品詰め合わせイメージ(C)株式会社KURKKU FIELDS

オンラインショップでは詰め合わせセットなども購入できますので、初心者の方も食べ比べてみてはいかがでしょうか。

所在:木更津市矢那2503
時間:10時から17時
定休日:火曜日・水曜日(祝日の場合は営業)
問い合わせ:0438-53-8776(クルックフィールズ)
ホームページ:クルックフィールズ外部サイトへのリンク
オンラインショップ:クルックフィールズ外部サイトへのリンク

房総いのかジビエセンター(君津市)

房総いのかジビエセンター((C)合同会社房総山業)(C)合同会社房総山業

君津市にある房総いのかジビエセンターは、有害鳥獣被害を何とかしたいと若い仲間が集い創業されました。

ジビエ((C)合同会社房総山業)(C)合同会社房総山業

捕獲をする猟師、食肉処理をする職員、ソーセージを作る職人、それぞれの役割にこだわり抜いて「いのししフランク」や「しかチョリソー」など、ご家庭でも食べやすい加工品を製造・販売しています。栄養価が高く安全でおいしいジビエをぜひ、ご賞味ください。

所在:君津市宿原866-34(君津市獣肉処理加工施設内)
問い合わせ:0438-40-4613(房総いのかジビエセンター)
ホームページ:房総いのかジビエセンター外部サイトへのリンク

 


最後までご覧いただき、ありがとうございました。
次回の「元気半島、ちば!」は、3月上旬頃を予定しています。
プレゼントもありますのでご期待ください。

「元気半島、ちば!」は随時新しい情報を追加してまいります。
「元気半島、ちば!」バックナンバーを「お気に入り」に登録して、時々チェックしてみてください。

お問い合わせ

所属課室:総合企画部報道広報課千葉の魅力発信戦略室

電話番号:043-223-2238

ファックス番号:043-227-0146

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?