サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年9月13日

元気半島、ちば!(コスモス巡り特集)

千葉の旬の情報をお知らせします(平成29年9月13日現在)。

今回の特集は

「富楽里とみやま」道の駅前道の駅「富楽里とみやま」前Photo(C)Minamibousou-shi

いよいよコスモスのシーズンが始まります。
今回は、県内各地のコスモスの主な見どころをコスモス祭りなどのイベントとともにご紹介します。

♪今回のプレゼント♪チーバくん(プレゼント)

多古米多古米Photo(C)Chiba-ken

千葉県は日本有数の米産地です。多古(たこ)町産のブランド米「多古米」の新米(5kg)を抽選で20名の方にプレゼントいたします。多古米応募様式外部サイトへのリンク(応募期間:9月13日~9月22日)。当選者の発表はプレゼント品の発送をもって代えさせていただきます(9月下旬に発送予定)。

アクアライン、圏央道で「千葉の海・山、ギュッと近くに」

目次

1.あけぼの山農業公園(柏市)

2.江戸川松戸フラワーライン(松戸市)

3.与田浦(香取市)

4.道の駅「多古あじさい館」周辺(多古町)

5.佐倉ふるさと広場(佐倉市)

6.東京ドイツ村(袖ケ浦市)

7.「うまくたの路」コスモスロード(木更津市)

8.マザー牧場(富津市)

9.清和自然休養村(君津市)

10.道の駅「富楽里とみやま」(南房総市)

1.あけぼの山農業公園(柏市)

あけぼの山農業公園Photo(C)Akebonoyama-Nogyo-Koen

そろそろコスモスが咲き始めました。10月になると風車前に約100万本のコスモスが一面に咲きます。都市部とは思えない広い空間が日頃の疲れを癒してくれます。
10月14日(土曜日)、コスモス満開の中で「あけぼの山農業公園まつり」が開催されます。広場では、野菜や花の即売などが行われ、模擬店も出て笑顔があふれます。コスモスの花にやさしく包まれて、一日を楽しく過ごすことができます。
公園には、バーベキューガーデンがあります。公園まつりの日に限らず、休日にはたくさんの家族連れでにぎわっています。
土壌改良工事のため、風車前花畑のコスモスは10月16日から刈り取りを予定しています。コスモスのご鑑賞は、刈り取り前のご来園をご予定ください。
場所:柏市布施2005-2(あけぼの山農業公園)
「あけぼの山農業公園まつり」開催日:10月14日(土曜日)9時30分~15時
交通:(鉄道)JR常磐・成田線「我孫子駅」北口からバス「あけぼの山公園入口行き」終点下車徒歩7分
(車)常磐道「柏IC」から公園まで約8km(20分)
JR常磐線「柏駅」西口からバス「三井団地行き」、「土谷津入口」下車徒歩8分
駐車場:普通車500台※一部有料
問い合わせ先:電話:04-7133-8877(あけぼの山農業公園)

あけぼの山農業公園ホームページ外部サイトへのリンク

2.江戸川松戸フラワーライン(松戸市)

Photo(C)Matsudo-shi

今年の7月1日に、市民ボランティアによる種蒔(ま)きなど、市民と行政が一体となり江戸川松戸フラワーラインの約2万平方メートルの敷地にコスモス花畑をつくりました。そのコスモスが咲き始める晩夏、市民は「今年もこの季節がやって来た」と心を躍らせます。
みんなで手がけた花畑は、道行く大勢の人たちを楽しませてくれることでしょう。

みんなで植えたコスモスPhoto(C)Matsudo-shi

9月30日には「秋の花まつり」が開催されます。毎年、バザーや模擬店、花の即売などさまざまな催しが行われ、近隣からも多くの人が訪れます。
場所:江戸川松戸フラワーライン(江戸川河川敷上葛飾橋下)
「秋の花まつり」開催日:9月30日(土曜日)10時~14時
※雨天時10月1日(日曜日)
交通:(鉄道)JR常磐線「松戸駅」西口から徒歩20分。
(バス)JR常磐線「松戸駅」西口から京成バスで「八潮駅南口」行き、または東武バスセントラルで「八潮駅南口」「三郷中央駅」行き、「地蔵前」下車徒歩5分
駐車場:当日のみ200台※無料
問い合わせ先:電話:047-366-7359(松戸市建設部河川清流課)
松戸市ホームページ(「秋のはなまつり」のページ)外部サイトへのリンク

 

3.与田浦(よたうら)(香取市)

与田浦のコスモスとJR鹿島線Photo(C)Katori-shi-Yotaura-wo-kangaeru-kai

広さ約3万平方メートルの広大な敷地に、300万本もの色鮮やかな黄花コスモスが咲き誇ります。あたり一面がピンク色の絨毯(じゅうたん)の中、鮮やかな黄花コスモスの光景は圧巻です。
コスモスまつりが行われ、イベント会場では、コスモスの花は無料で摘み取りができます。
そのほか、イチジクや新米コシヒカリ、朝採り野菜などの販売も行われます。
また、会場前の船乗り場からは、水郷景観を楽しめる遊覧船も運航されます。
可憐なコスモスに包まれ、日常を忘れてゆっくりと季節を楽しめます。
※餅つき大会(9月10日(日曜日)、18日(月曜日・祝日)、11時)
※扇島オランダ楽隊演奏(9月10日(日曜日)10時、11時)
※ミスあやめ撮影会(9月17日(日曜日)10時~12時)
※けん玉やベーゴマなど「昔遊びの体験」(9月17日(日曜日)、18日(月曜日・祝日))
場所:与田浦十二町歩(JR鹿島線「十二橋駅」そば)
「与田浦コスモスまつり」開催期間:9月10日(日曜日)~10月9日(月曜日・祝日)9時~16時
交通:(鉄道)JR鹿島線「十二橋駅」下車徒歩5分
(車)東関東自動車道「大栄IC」から約16km、圏央道「神崎IC」から約19km、(カーナビには「十二橋駅」と入力)
問い合わせ先:電話:090-2336-2285(NPO法人香取市与田浦を考える会)

NPO法人香取市与田浦を考える会ホームページ外部サイトへのリンク

香取市観光協会ホームページ「旅なび!佐原」(コスモスまつりのページ)外部サイトへのリンク

4.道の駅「多古あじさい館」周辺(多古町)

道の駅「多古あじさい館」とコスモスPhoto(C)Tako-machi
道の駅「多古あじさい館」周辺のあじさい遊歩道と周辺の休耕田は、約50万本のコスモスが植えられています。栗山川の両岸にコスモスの列ができるころ「多古米祭り」が開催されます。

栗山川とコスモスPhoto(C)Tako-machi

「多古米祭り」の第1弾は9月22日(金曜日)から26日(火曜日)開催の「道の駅創業祭」、第2弾は10月21日(土曜日)開催の「多古米グランプリ」決勝大会。
「道の駅創業祭」では、新米をお客様へ大判振舞いいたします。
「多古米グランプリ」では、決勝大会進出者のグランプリを予想し、的中した方には抽選で豪華賞品をプレゼント。その他にも、ご来場者に楽しんでいただけるよう、多古米を使用した体験型企画や縁日など盛りだくさんご用意しております。

多古米祭り「多古米グランプリ祭り」ポスター

場所:香取郡多古町多古1069-1(道の駅多古あじさい館)
「多古米祭り」開催期間:「多古米祭り」第1弾:「道の駅創業祭」9月22日(金曜日)~26日(火曜日)
「多古米祭り」第2弾:第6回多古米グランプリ10月21日(土曜日)10時~15時※荒天中止
交通:(バス)JR「東京駅」八重洲南口から高速バスで約95分
JR成田線「空港第2ビル駅」バスターミナルから多古町行きシャトルバス20分
(車)東関東自動車道「成田IC」からは、国道295号で国道296号経由、匝瑳市方面へ約20分。圏央道「大栄IC」からは、国道51号で桜田権現交差点右折約20分。千葉東金道路「松尾横芝IC」からは、はにわ道、国道296号を匝瑳市方面へ約20分。
駐車場:無料駐車場あり
問い合わせ先:電話:0479-76-5404(多古米グランプリ事務局)多古町役場産業経済課内

多古町ホームページ(イベント情報)外部サイトへのリンク

5.佐倉ふるさと広場(佐倉市)

佐倉コスモスフェスタPhoto(C)Sakura-shi
印旛沼湖畔にある佐倉ふるさと広場は、春はチューリップで彩られ、秋になると約50万本の色とりどりのコスモスが咲き乱れます。
印旛沼とオランダ風車がある景色は異国情緒が感じられ、とてものどかです。
10月7日(土曜日)から22日(日曜日)には「佐倉コスモスフェスタ」が開催され、会場ではコスモスの摘み取りができます。(1株100円)

一面のコスモスPhoto(C)Sakura-shi

また、レンタサイクルの貸し出し(1日1台500円※電動アシスト自転車1,000円)、オランダ風車「リーフデ」の見学、売店「佐蘭花」でお土産品の販売などもあります。
7日、8日、9日、14日、15日、21日、22日は乗合船の運航もあります。(天候により中止の場合有)
場所:佐倉市臼井田2714(飯野竜神橋脇)佐倉ふるさと広場
「佐倉コスモスフェスタ」開催期間:10月7日(土曜日)~22日(日曜日)予定
交通:(鉄道)京成電鉄「臼井駅」から徒歩30分
(バス)京成電鉄「佐倉駅」北口から佐倉市循環バスで「佐倉ふるさと広場」下車すぐ
駐車場:普通車5台※無料
問い合わせ先:電話:043-486-6000(佐倉市観光協会)

「佐倉コスモスフェスタ」ホームページ外部サイトへのリンク 

6.東京ドイツ村(袖ケ浦市)

Photo(C)Tokyo-Doitsumura

東京ドイツ村は、東京ドームの約19倍の広さを有し、大自然を体や肌で感じられる体験型テーマパークです。四季折々の花が咲く園内には、10月になると秋を呼び込むコスモス5万本が次々と花を咲かせます。

東京ドイツ村コスモスPhoto(C)Tokyo-Doitsumura

場所:袖ケ浦市永吉419(東京ドイツ村)
開花期間:10月上旬~11月上旬、9時30分~17時(最終入園16時)。
年中無休※季節や天候により営業時間の変更・臨時休園あり
入園料:大人800円、小人(4才から小学生)400円
交通:(車)館山自動車道「姉崎袖ケ浦IC」から県道24号線、鴨川方面へ約5分
駐車場:3,000台(駐車料金1台1,000円)
問い合わせ先:電話:0438-60-5511(東京ドイツ村)

東京ドイツ村ホームページ外部サイトへのリンク 

7.「うまくたの路」コスモスロード(木更津市)

うまくたの路」コスモスロードPhoto(C)Kisarazu-shi

JR久留里線「馬来田(まくた)駅」から真里谷(まりやつ)城址のある城山まで約12kmが、自然と歴史を探訪しながらハイキングできる散策路「うまくたの路(みち)」です。
この起点から1.6kmのウォーキングコースがコスモスロード。戦国時代、この地の城主「真里谷武田氏」ゆかりの武田川沿いの散歩道脇にコスモスが美しく花を咲かせます。見頃は9月末から10月中旬。
10月15日(日曜日)開催の「コスモスフェスティバル」では、風にそよぐコスモスの花といっしょに秋を満喫することができます。

Photo(C)Kisarazu-shi

場所:木更津市富来田地区(うまくたの路、武田堰付近)
「コスモスフェスティバル」開催日:10月15日(日曜日)10時~15時ごろ(予定)
交通:(鉄道)JR久留里線「馬来田駅」から徒歩10分
問い合わせ先:電話:0438-22-7711(木更津市観光協会)、電話:0438-53-2027(富来田公民館)

木更津市観光協会ホームページ外部サイトへのリンク

8.マザー牧場(富津市)

Photo(C)Motherfarm

10月に「花の大斜面・西」を200万本のコスモスが可憐に彩ります。
濃紅色の「ダズラ」、桃色の「ピンキー」、桃色で花の中心部が赤い「ラディアンス」、白い花弁を桃赤色で縁取った「ピコティ」の4種のコスモスが腰の高さまで成長し直径10cmほどの花を咲かせます。

マザー牧場Photo(C)Motherfarm

場内では「秋フェス2017」が開催されます(11月26日(日曜日)まで)。牧羊犬・羊と一緒に記念撮影が出来る「羊飼いなりきり写真館with牧羊犬」や、5種類の動物とお散歩体験が出来る「まきばの仲間をキュン♡さんぽ」を始め、まきばの動物たちが活躍するユニークなイベントが盛り沢山。その他「さつまいも堀り」や「キウイフルーツ狩り」など秋の収穫体験も楽しめます。
マザー牧場「キュン♡さんぽ」Photo(C)Motherfarm

場所:富津市田倉940-3(マザー牧場)
「秋フェス2017」開催期間:9月9日(土曜日)~11月26日(日曜日)、(コスモスの見頃:10月)
平日9時30分~16時30分、土・日・祝9時~17時
入場料:大人(中学生以上)1,500円小人(4歳~小学6年生)800円
駐車場:4,000台(乗用車900円、大型バス1,000円、オートバイ300円)
交通:(バス)JR内房線「君津駅」南口から「マザー牧場」直通、路線バスで約35分
(車)館山自動車道「君津PAスマートIC」(ETC限定)から約10分
問い合わせ先:電話:0439-37-3211(マザー牧場)

マザー牧場ホームページ外部サイトへのリンク 

9.清和自然休養村(君津市)

Photo(C)Kimitsu-shi

毎年11月3日、深まりゆく秋を感じる季節に、君津市清和地区の君津市自然休養村管理センターを会場として「清和コスモスフェスティバル」が開催されます。
自然休養村のコスモス畑一面、多くの花々が、鮮やかな模様を織りなし、清和の山々と青空とのコントラストがとても美しく、爽やかな秋の休日を楽しめます。

Photo(C)Kimitsu-shi

会場ではコスモスを自由に摘むことができます。
そのほか木工教室や絵手紙教室、レザークラフトなど、清和の木や草花を使った工作や、地元フラダンスサークルなど各種イベントが盛り込まれ、家族連れで楽しむことができます。
場所:君津市大岩286(君津市自然休養村管理センター)
「清和コスモスフェスティバル」開催期間:11月3日(金曜日、祝日)(*例年文化の日に開催)
管理センターの通常営業(9時~16時30分)、里のめぐみ館は月曜から金曜定休(自然薯最盛期の10月下旬~12月末は毎日営業)
交通:(バス)JR内房線「木更津駅」からバス三島線「終点」下車、コミュニティバス中島・豊英線に乗り換え「辻森」下車3分
JR内房線「君津駅」南口からバス周西線「中島」下車、コミュニティバス中島・豊英線に乗り換え「辻森」下車、徒歩3分
(車)館山自動車道「君津IC」から92号線鴨川方面、東粟倉経由、所要時間25分程度
駐車場:里のめぐみ館50台程度(大型バス対応)*駐車無料
*コスモスフェスティバル当日は無料臨時駐車場(約100台)設置
問い合わせ先:電話:0439-38-2200(自然休養村管理センター)、電話:0439-38-2282(自然休養村里のめぐみ館)

君津市ホームページ(コスモスフェスティバルのページ)外部サイトへのリンク

清和観光農園組合・直売所案内ページ外部サイトへのリンク 

10.道の駅「富楽里(ふらり)とみやま」(南房総市)

「富楽里とみやま」道の駅前後ろの山は富山(とみさん)、建物は道の駅「富楽里とみやま」Photo(C)Minamibousou-shi

10月になると道の駅「富楽里とみやま」の前、約1万平方メートルの畑が150万本のコスモスで彩られます。「富楽里とみやま」では、秋の収穫祭と兼ねた「富楽里コスモスまつり」を例年開催しています。
見ごろを迎えたコスモスは、摘み取りもできます(10月28日(土曜日)から。20本100円)。
10月28日(土曜日)、29日(日曜日)、11月3日(金曜日、祝日)、4日(土曜日)、5日(日曜日)は、交流している道の駅をはじめとした各地の特産品の販売やイベントなどが催されます。
10月末日から「みかん狩り」も始まります(大人400円、子ども300円)。
10月29日(日曜日)には10時から、呪文(じゅもん)を唱えたお子様先着50人にお菓子のプレゼントがあります。
また、10月28日(土曜日)には、近隣保育園のハロウィン集会が開催され、10月29日(日曜日)には、カントリーミュージックのミニライブが開催されます。
例年ですと、コスモスは11月上旬まで楽しめます。
場所:南房総市二部1900(道の駅「富楽里とみやま」)
「富楽里コスモスまつり」開催期間:10月28日(土曜日)~11月5日(日曜日)
交通:(鉄道)JR内房線「岩井駅」下車徒歩15分
問い合わせ先:電話:0470-57-2601(道の駅「富楽里とみやま」)

道の駅「富楽里とみやま」外部サイトへのリンク

最後までご覧いただき、ありがとうございました。次回の「元気半島、ちば!」もお楽しみに・・・。
「元気半島、ちば!」のバックナンバーをお気に入りに登録されていると千葉へお出かけの際に便利です。

 

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:総合企画部報道広報課千葉の魅力発信戦略室

電話番号:043-223-2242

ファックス番号:043-227-0146

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?