サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年2月9日

元気半島、ちば!(春を先取り特集)

千葉県の旬の情報をお知らせします(平成29年2月9日現在)。

今回の特集は

平成29年2月9日読売新聞朝刊テレビ面掲載広告(縮小)

平成29年2月9日、東日本の読売新聞朝刊テレビ面に掲載した場所を中心に、春を先取りしている千葉県の旬の見どころを紹介します。

今回のプレゼント

千葉県が作ったイチゴの新品種チーバベリー(千葉県撮影)新品種「チーバベリー」Photo(C)Chiba-ken

千葉県では、大粒で果汁がたっぷり、甘味に加えて程よい酸味があり、とてもおいしいイチゴの新品種「チーバベリー」を開発しました。

千葉県が作ったイチゴの新品種「チーバベリー」(3000円相当)プレゼントはこちら外部サイトへのリンク(応募期間:平成29年2月9日から平成29年2月15日)。抽選で20名の方にプレゼントします。
当選者の発表はプレゼント品の発送をもってさせていただきます(3月上旬に発送予定)。

チーバベリーのロゴマーク(千葉県作成)

「チーバベリー」は春の観光の最盛期となる3月以降に安定して収穫できることから、イチゴ狩りや直売に向いており、今年から県内観光イチゴ園や直売所で本格的な販売を始めました。

春を先取り地図(千葉県作成)

地図の丸数字は目次の1から3に対応しています。

  1. 千倉の花畑(南房総市)
  2. 菜の花畑を行く「里山トロッコ列車」(市原市)
  3. かつうらビッグひな祭り(勝浦市)
  4. イチゴ狩り(県内各地)

1.千倉の花畑(南房総市)

千倉白間津の花畑(笠松節男撮影)Photo(C)SetsuoKASAMATSU

南房総市の千倉地区はもう露地花が満開です。
このあたりは暖流が一番千葉県に近づく地域であることから、真冬でも霜が降りることがほとんどありません。

また、海水が他より暖かいと真冬でも海辺には県内外からたくさんのサーファーが集まっています。下の写真は1月の夕方にこの周辺の海岸(千倉・和田の間)で撮影したものです。冬の千倉・和田の海岸はサーファーでいっぱい(山口秀輝撮影)Photo(C)HidekiYAMAGUCHI

「元気半島、ちば!」では、この時期に花摘みのできるスポットを特集でまとめてありますのでご覧ください。
「花摘みスポット」特集

2.菜の花畑を行く「里山トロッコ列車」(市原市)

菜の花畑を走る「里山トロッコ列車」(山口秀輝撮影)石神地区(養老渓谷駅付近)の菜の花畑を走る「里山トロッコ列車」Photo(C)HidekiYAMAGUCHI

市原市を南北に縦断する小湊鉄道。東京から1時間で始発の五井駅に着き、小湊鉄道に乗り換えて、終点の上総中野(大多喜町)まで39.1km、約1時間、ローカル線の雰囲気を満喫できます。

10年ほど前から、沿線10か所以上で地域の方々と小中学生、福祉団体、環境保全団体、文化団体などの方々が、9月末から10月にかけて菜の花の種まきをしています。

車両と菜の花が絵になる場所を選んで種まきをしているので、花期の3月中旬から4月中旬には、全国から鉄道ファンや写真愛好家、絵を描くグループなどが集まります。

主な菜の花の見どころは、上総川間駅、上総鶴舞駅、上総久保駅、高滝駅、里見駅、飯給駅、月崎駅、上総大久保駅、養老渓谷駅近くの石神地区など。

「里山トロッコ列車」の定期運行は、今年は3月17日(金曜日)から始まります。運行区間は上総牛久駅から養老渓谷駅の間です。

菜の花について:

問い合わせ先:電話:0436-96-0055(市原市観光協会養老渓谷駅前観光案内所)

トロッコ列車について:

問い合わせ先:電話:0436-23-5584(小湊鐵道、里山予約電話)

小湊鐵道ホームページ(トロッコ列車紹介、予約のページ)外部サイトへのリンク

この「元気半島、ちば!」では、3月上旬に「菜の花巡り特集」として、小湊鉄道沿線をはじめこのほかの菜の花の名所(マザー牧場、いすみ鉄道沿線など)をご紹介します。

3.かつうらビッグひな祭り(勝浦市)

かつうらビッグひなまつり(文化会館内部。勝浦市撮影)展示場所の一つ、勝浦市芸術文化交流センターの様子Photo(C)Katsuura-shi

2月24日(金曜日)から3月5日(日曜日)まで、「かつうらビッグひな祭り」が開催されます。
勝浦市内各所に約30,000体のひな人形が飾られます。

このひな祭りは、徳島県勝浦町で開催されている“ビッグひな祭り”を東西で開こうと企画されたもので、平成13(2001)年に勝浦町から約7,000体の人形を里子として譲り受けて開催されたのが始まりです。

期間中は稚児の衣装で統一した子どもたちのひな行列や踊りのパレード、各種出店などのイベントが盛りだくさんです。

毎年訪れている通の方々は、お店や家々の前にそれぞれひと工夫され飾られているひな人形を見るのが楽しみなのだそうです。

市内各地域での飾り付けが年々充実してきています。昨年は14万人のかたが訪れました。

開催日:2月24日(金曜日)~3月5日(日曜日)

場所:遠見岬(とみさき)神社ほか/勝浦市浜勝浦1番地

交通:JR外房線「勝浦駅」下車徒歩10分(できるだけJRなど公共交通機関をご利用ください。車の場合は守谷海岸駐車場(普通車:無料。勝浦市守谷761-1。土日のみ利用可。)に置き、そこからシャトルバスになります。

詳しくは下のホームページをご覧ください。

問い合わせ先:電話:0470-73-6641ビッグひな祭り実行委員会(勝浦市観光商工課内)

勝浦市観光ポータルサイト「かつうら潮風散歩道」の「かつうらビッグひな祭り情報」外部サイトへのリンク

次回の「元気半島、ちば!」で「ひな祭り特集」を行い、県内各地(佐原、佐倉、市川など)のひな祭り行事を紹介します。お楽しみに。

4.イチゴ狩り(県内各地)

大きなアイベリー(東庄町撮影)大きなアイベリーが採れましたPhoto(C)Tonosho-machi

千葉県は全国有数のイチゴの産地です。
イチゴ狩りのできる施設も約100か所あります。

「元気半島、ちば!」では、前々回に「イチゴ狩り特集」を掲載しています。ご覧ください。

「イチゴ狩り特集」

チーバベリーの紹介やチーバベリーを栽培しているイチゴ園の一覧表もあります。

 

最後までご覧いただき、ありがとうございます。
3月半ばまでほぼ毎週、早春の千葉県の魅力を紹介する予定です。プレゼントもご期待ください。次回は2月16日(木曜日)の予定です。


「元気半島、ちば!」は随時新しい情報を追加してまいります。
「元気半島、ちば!」バックナンバーを「お気に入り」に登録して、時々チェックしてみてください。

 

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:総合企画部報道広報課千葉の魅力発信戦略室

電話番号:043-223-2242

ファックス番号:043-227-0146

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?