サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

更新日:平成28(2016)年12月27日

元気半島、ちば!(初詣スポット特集)

千葉県の旬の情報をお知らせします(平成28年12月27日現在)。

今回の特集は

成田山新勝寺の初詣の様子(小型見本写真)(新勝寺撮影)成田山新勝寺の初詣の様子Photo(C)Shinshoji

今回は、県内の主な初詣スポットを紹介します。

今回のプレゼント

千葉の地酒(千葉県撮影)Photo(C)Chiba-ken

全国有数の米産地千葉県は銘酒の産地でもあります。県内には約40軒の酒蔵が技と味を競っています。千葉の地酒セット(3000円相当)プレゼント。応募はこちらから外部サイトへのリンク(応募期間:平成28年12月27日から平成29年1月8日)。抽選で10名の方にプレゼントします。銘柄、組み合わせはお楽しみに。今回、未成年者は応募できません。
当選者の発表はプレゼント品の発送をもって代えさせていただきます(当選者へは1月中旬に発送予定です)。

アクアライン、圏央道で「千葉の海・山、ギュッと近くに」主な初詣スポット地図(千葉県作成)

目次

  1. 香取神宮(香取市)
  2. 成田山新勝寺(成田市)
  3. 千葉神社(千葉市)
  4. 玉前神社(一宮町)

1.香取神宮(香取市)

香取神宮(香取神宮撮影)Photo(C)Katorijingu

香取神宮は、古来から国家鎮護の神として崇拝され、明治以前、鹿島、伊勢とともに「神宮」の社号を持つ下総国一ノ宮です。

香取神宮は、楫取(かじとり)の神としての崇敬から、交通安全、商売繁盛、厄除け(やくよけ)などの祈願のために正月の三が日で約50万人の参拝者が訪れます。

本殿・楼門は国の重要文化財、拝殿は登録文化財の指定を受けています。宝物殿には、国宝の海獣葡萄鏡をはじめ、多くの文化財が展示されています。

場所:香取市香取1697

交通:(タクシー)JR成田線「佐原駅」からタクシーで10分
(車)東関東自動車道、佐原香取インターから車で3分
問い合わせ先:電話:0478-57-3211(香取神宮)

香取神宮ホームページ外部サイトへのリンク

2.成田山新勝寺(成田市)

成田山新勝寺の初詣の様子(成田山新勝寺撮影)Photo(C)Shinshoji

「成田のお不動さま」として全国にその名が知られ、正月三が日で毎年300万人以上が参詣します。

境内には江戸時代に建立された三重塔など国指定重要文化財5棟をはじめ現代建築の粋をこらした諸堂伽藍と、四季折々の美しさを楽しめる16万5千平方メートルにおよぶ大庭園「成田山公園」があります。

多くの店舗の並ぶ門前町も魅力です。

場所:成田市成田1

交通:JR成田線「成田駅」又は京成電鉄「京成成田駅」下車徒歩約10分

問い合わせ先:電話:0476-22-2111(成田山新勝寺)

成田山新勝寺ホームページ外部サイトへのリンク

3.千葉神社(千葉市)

 

千葉神社の初詣の様子(千葉神社撮影)Photo(C)Chiba-jinja

正式名称「妙見本宮千葉神社」。人の星(=人の運命)を司るという北極星の神様「妙見さま」をお祀(まつ)りする総本宮で、厄除開運・八方除をはじめ家内安全や商売繁盛など新年の祈願に、正月三が日だけで約63万人が関東一円から参拝に訪れます。

鮮やかな朱色が目を引く社殿は、日本初の重層様式で建てられています。千葉市の中心街に位置しており、出店も多く並び、にぎわいます。

場所:千葉市中央区院内1-16-1
交通:JR総武線又は京成線「千葉駅」下車徒歩10分
問い合わせ先:電話:043-224-2211(千葉神社)

千葉神社ホームページ外部サイトへのリンク

 

4.玉前(たまさき)神社(一宮町)

特色ある初詣スポットとして、サーフィンで町おこしをしている一宮町にある「玉前神社」を紹介します。

玉前神社は上総一ノ宮として、1200年以上の歴史があるといわれている格式ある神社です。

鳥居の間から昇る太陽(一宮町観光協会提供)鳥居の中から昇る太陽Photo(C)Ichinomiya-kankokyokai

一宮町の海岸は四季を通じてサーファーが集まっており、近年は、サーフィンをするために、移住してくる人も多くなっています。

先日、一宮町の釣ヶ崎海岸が2020年東京オリンピックのサーフィン会場に選定され、地元は大いに盛り上がっています。

玉前神社は、海岸から約2.8キロメートルと近いことから、多くのサーファーが年の初めに安全祈願をし、「波乗守(なみのりまもり)」を求めに参拝します。
サーファーたちは初日の出前に参拝するか、海で初乗りをしてから参拝しています。

初日に祈る(玉前神社撮影)Photo(C)Tamasaki-jinja

大晦日から元旦にかけては、県指定無形民俗文化財「上総神楽」の奉奏や、甘酒、福餅の振舞いなどが行われます。

 

玉前神社の神楽(玉前神社撮影)上総神楽Photo(C)Tamasaki-jinja

元日~3日は、随時、神楽殿で破魔矢(はまや)を受けた人に、その矢を持って巫女(みこ)が神楽を舞います。

場所:長生郡一宮町一宮3048

交通:(電車)JR外房線「上総一ノ宮駅」から徒歩10分

(車)九十九里道路「一宮IC」から県道123号経由3キロメートル10分

駐車場:50台(1月1~4日200台増設)

問い合わせ先:電話:0475-42-2711(玉前神社)

上総国一之宮玉前神社ホームページ外部サイトへのリンク

 

来年3月半ばまでほぼ毎週、年末年始や早春の千葉県の魅力を紹介する予定です。プレゼントもご期待ください。次回は1月9日(月曜日・祝日)の予定です。

「元気半島、ちば!」は随時新しい情報を追加してまいります。
「元気半島、ちば!」バックナンバーを「お気に入り」に登録して、時々チェックしてみてください。

 

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:総合企画部報道広報課千葉の魅力発信戦略室

電話番号:043-223-2242

ファックス番号:043-227-0146

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?