サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

更新日:平成28(2016)年12月22日

元気半島、ちば!(初日の出特集)

千葉県の旬の情報をお知らせします(平成28年12月22日現在)。

今回の特集は

犬吠埼の日の出(見本用小型写真)(千葉県撮影)犬吠埼Photo(C)Chiba-ken

今回は、県内の主な初日の出スポットを紹介します。

今回のプレゼント

江戸前千葉海苔(千葉県撮影)焼き海苔Photo(C)Chiba-ken

千葉県は全国有数ののり産地です。
昔ながらの味と香り、「江戸前千葉海苔」の「焼きのり詰め合わせ」(3000円相当)プレゼント。応募はこちらから外部サイトへのリンク(応募期間:平成28年12月22日から平成28年12月26日)。抽選で10名の方に「焼きのり詰め合わせ」をプレゼントします。
当選者の発表はプレゼント品の発送をもって代えさせていただきます(当選者へは1月中旬に発送予定です)。

アクアライン、圏央道で「千葉の海・山、ギュッと近くに」

主な初日の出スポット地図(千葉県作成)

目次

  1. 犬吠埼(銚子市)
  2. 地球の丸く見える丘展望館(銚子市)
  3. 九十九里浜 片貝海岸(九十九里町)
  4. 九十九里浜 白里海岸(大網白里市)
  5. 前原・横渚海岸(鴨川市)
  6. 旭が森(鴨川市)
  7. 鋸山山頂駅展望台(富津市・鋸南町)
  8. 中の島大橋(木更津市)
  9. 海ほたるPA(木更津市)

1.犬吠埼(銚子市)

日本一早い犬吠埼の初日の出(銚子市撮影)日本一早い犬吠埼の初日の出Photo(C)Choshi-shi

関東最東端の犬吠埼は、山頂や離島を除いて日本で一番早い初日の出を見ることができます。国立天文台ホームページ外部サイトへのリンク「天文情報(よくある質問)質問1-6」に詳しい解説があります。

初日の出は6時46分。灯台脇の君ケ浜から見るのが定番ですが、灯台周辺の高台からも格別です。
新年は日本一早い初日の出からスタートしてみませんか。

灯台脇で初日の出を待つ人々(銚子市観光協会撮影)台脇で初日の出を待つ人々Photo(C)Choshishi-kankokyokai

君ケ浜しおさい公園では、7時00分頃から「バルーンリリース」や「銚子市名産品争奪イス取りゲーム」などのイベントが行われます。

※大晦日から元旦にかけて犬吠埼周辺で交通規制がありますので、事前にご確認ください。

交通:銚子電鉄「犬吠駅」から徒歩7分(JR総武本線「銚子駅」乗り換え)

問い合わせ先:電話:0479-22-1544(銚子市観光協会)

銚子市観光協会ホームページ外部サイトへのリンク

2.地球の丸く見える丘展望館(銚子市)

地球の丸く見える丘展望台からの日の出(山口秀輝撮影)左下は犬吠埼灯台Photo(C)HidekiYAMAGUCHI

地球の丸く見える丘展望館は丘の上にあるので、屋上からは眼下に犬吠埼灯台、太平洋を望み、シルエットになった灯台の右手奥から初日が昇ってきます。

元旦(5時30分から)は入館者に干支の「酉(とり)」の土鈴を先着300名にプレゼントします。6時46分頃(初日の出と同時刻)からは、銚子はね太鼓保存会による日本一早い初打ち太鼓の上演が行われます。

2日からは9時00分開館。

入館料:大人380円、小・中学生200円、65歳以上330円

場所:銚子市天王台1421-1

交通:銚子電鉄「犬吠駅」から徒歩15分(JR総武本線「銚子駅」乗り換え)

問い合わせ先:電話:0479-25-0930(地球の丸く見える丘展望館)

犬吠埼周辺では、「銚子電鉄犬吠駅」や「ウオッセ21」、「銚子ポートタワー」などでも初日の出の時刻にさまざまなイベントが開催されます。詳しくは銚子市観光協会ホームページをご覧ください。

銚子市観光協会ホームページ外部サイトへのリンク

3.九十九里浜 片貝海岸(九十九里町)

九十九里浜片貝海岸の初日の出(九十九里町撮影)片貝海岸の初日Photo(C)Kujukuri-machi

長い九十九里浜のほぼ中央に位置する海岸です。
「元旦祭」が開催され、1月1日5時30分から日の出にかけて「いわし丸干し」、「甘酒」の無料配布が行われます。また、西ノ下区獅子舞保存会による獅子舞と九十九里黒潮太鼓の演奏も行われます。

交通:千葉東金有料道路「東金IC」から県道25号経由約14km

問い合わせ先:電話:0475-76-9449(九十九里町観光協会)

九十九里町観光協会ホームページ外部サイトへのリンク

4.九十九里浜 白里海岸(大網白里市)

大網白里海岸の初日の出(木島衛撮影)Photo(C)MamoruKIJIMA

広い砂浜、見渡す限りの太平洋。まるで太平洋の水平線の真ん中から太陽が昇ってくるように見える海岸です。日の出は6時47分頃。

1月1日5時から「元旦祭」が開催され、甘酒や紅白餅の無料配布サービス、松明(たいまつ)灯火、よさこい演舞などが予定されています。

交通:東金九十九里有料道路「九十九里IC」から県道30号経由約2km

問い合わせ先:電話:0475-70-0356(大網白里市観光協会)

大網白里市観光協会外部サイトへのリンク

5.前原・横渚(よこすか)海岸(鴨川市)

鴨川前原/横渚海岸の初日(苅込友美撮影)Photo(C)TomomiKARIKOMI

「日本の渚百選」に選ばれた美しい海岸で初日の日の出が楽しめます。
サーファーには、外房らしい豪快な波の初乗りが人気です。
浜辺に沿ってヤシの木が続く南国ムード満点の海浜プロムナードは、お正月のウォーキングに最適です。

交通:JR外房線「安房鴨川駅」下車徒歩5分

問い合わせ先:電話:04-7092-0086(鴨川市観光協会)

鴨川ポータルサイト「かもがわナビ」ホームページ外部サイトへのリンク

6.旭が森(鴨川市)

旭が森の初日(鴨川市撮影)Photo(C)Kamogawa-shi

旭が森は、日蓮宗の大本山清澄寺の境内にあり、日蓮が約760年前(鎌倉時代)に昇る朝日に向かって、初めてお題目を唱えたという場所です。

旭が森からの朝日は「日本の朝日百選」に選定されています。
清澄寺での初詣もできます。

交通:JR外房線「安房天津駅」からバスで18分「清澄寺」で下車

問い合わせ先:電話:04-7092-0086(鴨川市観光協会)

鴨川ポータルサイト「かもがわナビ」ホームページ外部サイトへのリンク

7.鋸山山頂駅展望台(富津市・鋸南町)

鋸山山頂駅屋上からの初日(鋸山ロープウエー撮影)総丘陵から昇る初日(右の海岸は保田海岸)Photo(C)Nokogiriyama-Ropeway

鋸山ロープウェーの「鋸山山頂駅」展望台から見る初日の出です。
房総丘陵から初日が昇ります。日の出時刻は6時50分頃。

ロープウェーは5時30分から特別運転を行い、先着200名に温かい飲み物のサービスがあります。

運賃:大人(12歳以上)往復930円、小児(6歳以上)往復450円
場所:富津市金谷4052-1(鋸山山麓駅の所在地。鋸山山頂駅展望台付近は富津市と鋸南町の境界で、鋸山山頂駅は鋸南町になります。)

交通:JR内房線「浜金谷駅」下車8分又は富津館山道路「富津金谷IC」から車で約5分。

問い合わせ先:電話:0439-69-2314(鋸山ロープウェー)

鋸山ロープウェーホームページ外部サイトへのリンク

8.中の島大橋(木更津市)

中の島大橋で初日を見る人々と初富士(川畑勇撮影)総丘陵からの初日を眺める人々、反対の西側には初富士も見ることができます。Photo(C)IsamuKAWABATA

中の島大橋は、木更津港の中にある高さ27mで歩道橋としては日本一の高さを誇ります。港を出入りする船の上を渡って、潮干狩り場に行くための歩道橋です。

テレビや映画の「木更津キャッツアイ」のロケ地となり、恋人をおんぶして渡ると結ばれるという伝説が紹介され有名になりました。平成22年にはNPO法人地域活性化支援センターから「恋人の聖地」として認定されました。

元日に晴れれば、東側の房総丘陵から昇る初日の出を拝むことができます。そして今年(平成28年)の元日のように西側も晴れると、初日の光を浴びた初富士を拝むこともできます(上の写真)。初日の出と初富士を両方見ることのできる貴重な場所です。

交通:JR内房線「木更津駅」から徒歩15分(中の島大橋の渡り時間徒歩約10分)。

駐車場あり(海浜公園兼用50台)

問い合わせ先:電話:0438-22-7711(木更津市観光協会)

木更津市ホームページ(中の島大橋のページ)外部サイトへのリンク

9.海ほたるPA(木更津市)

海ほたるからの初日(海ほたる事務所撮影)Photo(C)Umihotaru-jimusho

海ほたるPA(パーキングエリア)は、木更津と川崎を結ぶ架け橋「東京湾アクアライン」のほぼ中間点に位置していますので、東京湾のほぼ真ん中から初日の出を見ることができます。
初日の出は写真のように木更津に向かって、アクアライン橋梁部のやや左手から昇ります。

初日の出とアクアライン橋梁部のコラボレーション(共演)は大変人気があり、当日は混雑が予想されますので、交通情報等をご確認ください。

場所:木更津市中島地先海ほたるPA
問い合わせ先:電話:0438-41-7401(海ほたる事務所)

海ほたるPAホームページ外部サイトへのリンク


来年3月半ばまでほぼ毎週、年末年始や早春の千葉県の魅力を紹介する予定です。プレゼントもご期待ください。

「元気半島、ちば!」は随時新しい情報を追加してまいります。
バックナンバーを「お気に入り」に登録して、時々チェックしてみてください。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:総合企画部報道広報課千葉の魅力発信戦略室

電話番号:043-223-2242

ファックス番号:043-227-0146

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?