サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

更新日:平成28(2016)年7月21日

元気半島、ちば!(花火大会特集)

千葉の旬の情報をお知らせします(平成28年7月21日現在)。

今週の特集は

佐倉市民販売大会、見本写真、(佐倉市撮影)佐倉市民花火大会Photo(C)Sakuraーshi

今回のプレゼント

20160721キンメダイの干物(マルカ加藤水産提供)キンメダイの干物Photo(C)Marukakatousuisan

豪華!銚子市外川(とかわ)産のキンメダイの干物(2枚)プレゼントはこちら外部サイトへのリンク(応募期間:7月21日から7月28日)。抽選で15名の方にプレゼントします。当選者の発表はプレゼント品の発送をもってさせていただきます(8月上旬に発送予定)。

アクアライン、圏央道で「千葉の海・山、ギュッと近くに」

 

今回は、主な花火大会を紹介します。

主な花火大会地図(千葉県作成)

目次

1.流山花火大会(流山市)8月20日

2.手賀沼花火大会2016(柏市・我孫子市)8月6日

3.松戸花火大会イン2016(松戸市)8月6日

4.市川市民納涼花火大会(市川市)8月6日

5.ふなばし市民まつり船橋港親水公園花火大会(船橋市)7月27日

6.幕張ビーチ花火フェスタ(千葉市)8月6日

7.佐倉市民花火大会(佐倉市)8月6日

8.水郷おみがわ花火大会(香取市)8月1日

9.一宮町納涼花火大会(一宮町)8月6日

10.木更津港まつり花火大会(木更津市)8月15日

11.富津市民花火大会(富津市)7月23日

12.亀山湖上祭・君津市民花火大会(君津市)8月6日

13.鴨川市納涼花火鴨川大会(鴨川市)7月29日

14.館山観光まつり館山湾花火大会(館山市)8月8日

1.流山花火大会(流山市)

流山市花火大会(流山市撮影)Photo(C)Nagareyama-shi

流山市内を流れる江戸川の堤を中心に開催され、今年で40回目となります。埼玉県三郷市の花火大会と同日開催で、合わせて14,000発の花火を打ち上げます。恒例となった音楽と花火がシンクロする「スカイミュージカル」もバージョンアップ。16時からは味自慢のお店が勢ぞろいする屋台村もオープンします。

打上数:約14,000発

日時:8月20日(土曜日)19時00分~20時20分※雨天・荒天時延期(8月26日)

会場:流山市流山1丁目~3丁目地先の江戸川堤

交通:つくばエクスプレス「流山セントラルパーク駅」から無料シャトルバス運行(バス下車徒歩5分)または流鉄「流山駅」または「平和台駅」から徒歩5分

問い合わせ先:電話:04-7158-6111流山花火大会実行委員会事務局(流山商工会議所)、電話:04-7168-1047流山市役所流山本町・利根運河ツーリズム推進課

流山市ホームページ外部サイトへのリンク

流山商工会議所ホームページ外部サイトへのリンク

2.手賀沼花火大会2016(柏市・我孫子市)

手賀沼花火大会(柏市撮影)Photo(C)Kashiwa-shi

手賀沼花火大会は、手賀沼の水質浄化の願いを込めて柏市・我孫子市、両市で行われており、すっかり手賀沼の夏の風物詩となりました。

手賀沼湖上の3カ所から打ち上がる13,500発の花火が、夏の夜空を彩ります。

幻想的な水中花火(柏第2会場、我孫子会場)や大迫力のウルトラジャンボスターマイン、子どもたちに人気のキャラクターマイン(柏第一会場)は今年も健在です。手賀沼湖畔で夏の楽しい一夜をお楽しみください。

打上数:13,500発

日時:8月6日(土曜日)19時00分~20時30分(打ち上げ開始は19時10分)
※荒天中止の場合は翌日7日(日曜日)に順延。

会場:
(1)柏第1会場(手賀沼自然ふれあい緑道:北千葉導水ビジターセンター)

(2)柏第2会場(手賀沼自然ふれあい緑道:道の駅しょうなん寄り)

(3)我孫子会場(手賀沼公園・手賀沼ふれあいライン)

有料席:
【柏第1会場】1名席3,000円、ペア席5,500円、4名席10,000円
【我孫子会場】4名席12,000円、5名席15,000円

問い合わせ先:
【柏会場・桟敷席販売について】電話:04-7162-3325柏会場実行委員会(柏商工会議所内)
【我孫子会場・桟敷席販売について】電話:04-7182-3131我孫子会場実行委員会(我孫子市商工会内)

柏商工会議所ホームページ外部サイトへのリンク

我孫子市商工会ホームページ外部サイトへのリンク

3.松戸花火大会イン2016(松戸市)

松戸花火大会2015宣伝用(松戸市撮影)Photo(C)Matsudo-shi

毎年多くの方が見物に訪れる松戸市の夏の風物詩です。
幕開けは、江戸川沿いのワイドなロケーションを存分に活かして、4カ所から打ち上がるスターマイン。

大会は趣向をこらした演出が楽しめる4つのプログラムからなり、各プログラムの頭文字をつなげると「す・ま・い・る」となります。

BGMのリズムに乗せて花火を打ち上げる第3章の「音楽花火」も注目です。
第4章はクライマックスで5カ所同時に打ち上がる連続スターマインが盛大に夜空を彩ってフィナーレを飾ります。

打上数:10,000発

日時:8月6日(土曜日)19時15分~20時20分※雨天・荒天等の場合は翌日7日(日曜日)に順延

会場:江戸川河川敷松戸市立図書館本館先

交通:JR常磐線または新京成電鉄「松戸駅」西口下車徒歩15分

問い合わせ先:電話:047-366-7327松戸花火大会実行委員会(松戸市文化観光国際課内)
当日の開催案内:電話:0180-99-1480

松戸市ホームページ外部サイトへのリンク

4.市川市民納涼花火大会(市川市)

市川市民納涼花火大会(市川市撮影)Photo(C)Ichikawa-shi

市川市大州3丁目地先の江戸川河川敷で、市川市と東京都江戸川区による同時開催で行われます。
菊・牡丹・冠柳(かむろ)・スターマイン・仕掛けなど、さまざまな花火が、8つのテーマ構成で趣向を凝らして打ち上げられます。その数14,000発。
夜空を照らす花火の美しさとテーマに合わせたBGM、江戸川堤の上で大勢の人たちが光と音の共演に魅了されます。

5秒間に1,000発の花火が一斉に打ち上げられる大迫力のオープニングは圧巻。

また、江戸川越しに花火が上がるため、色とりどりに変化する江戸川の水面も楽しめます。

打上数:約14,000発

日時:8月6日(土曜日)19時15分~20時30分※荒天の場合7日(日曜日)

会場:市川市大洲3丁目地先江戸川河川敷

交通:JR総武線「市川駅」南口下車徒歩15分、京成電鉄「国府台駅」下車徒歩20分

問い合わせ先:電話:047-711-1142市川市民納涼花火大会実行委員会事務局(市川市観光交流推進課内)

第32回市川市民納涼花火大会ホームページ外部サイトへのリンク

5.ふなばし市民まつり船橋港親水公園花火大会(船橋市)

ふなばし市民まつり船橋港親水公園花火大会(船橋市撮影)Photo(C)Funabashi-shi

7月22日(金曜日)から始まる「ふなばし市民まつり」のフィナーレとして夏の夜を飾る花火大会です。ふなばし市民まつりは「元気半島、千葉!」6月21日号「夏まつり(7月)」をご覧ください。

今年は「ふなリンピック」というテーマで、水泳や、球技、格闘技など、スポーツをイメージした花火による白熱した競演をお届けします。

打上数:約8,500発

日時:7月27日(水曜日)19時30分~20時30分

会場:船橋港親水公園会場、船橋漁港会場

交通:
(船橋港親水公園会場)京成電鉄「大神宮下駅」又はJR京葉線「南船橋駅」下車徒歩約10分

(船橋漁港会場)JR総武線「船橋駅」下車徒歩約25分

問い合わせ先:電話:047-436-2473ふなばし市民まつり実行委員会(船橋市商工振興課内)

船橋市ホームページ外部サイトへのリンク

6.幕張ビーチ花火フェスタ(千葉市)

幕張ビーチ花火フェスタ2016用(千葉市撮影)Photo(C)Chiba-shi

千葉市の夏の風物詩「幕張ビーチ花火フェスタ(第38回千葉市民花火大会)」が開催されます。

今年の主な見どころは、

(1)打ち上げ総数15,000発千葉県内最大級)。1時間に15,000発の花火が一気に打ち上げられる、関東でもトップクラスの高密度な花火ショーです。

(2)今年は千葉開府890年を記念し、千葉氏にゆかりのある創作花火と親子三代千葉おどりの楽曲にあわせた音楽花火を打ち上げます。
(注)今から890年前(1126年)の6月1日、平(大椎)常重は現在の緑区大椎町から中央区亥鼻付近に本拠地を移し、初めて「千葉」を名のり、都市としての千葉が誕生したとされています。

(3)大会初の海上花火をメインにした海上ミュージックスターマインを打ち上げます。

(4)大切な方への思いを込めた素敵なメッセージにあわせて花火を打ち上げる「LOVEメッセージ花火」(個人協賛花火)を行います。

(5)日本の花火の色、大きさ、音を存分に楽しんでいただける尺玉(10号玉)の打ち上げ。

(6)音楽と花火がシンクロする大空中ナイアガラを交えたミュージックスターマイン。

日時:8月6日(土曜日)19時30分~20時30分

会場:幕張海浜公園内

有料観覧席:ビーチ席A4,000円、ビーチ席C3,000円、スタジアム席2,500円、メッセサイド席2,000円、シーサイド席1,500円

交通:JR京葉線「海浜幕張駅」より徒歩15分(※会場には駐車場がありませんので、電車・バス等をご利用ください。)

問い合わせ先:電話:050-5548-8686(ハローダイヤル)8時00分~22時00分

幕張ビーチ花火フェスタ公式サイト外部サイトへのリンク

7.佐倉市民花火大会(佐倉市)

佐倉市市民花火大会(佐倉市撮影)Photo(C)Sakura-shi

印旛沼湖畔(佐倉ふるさと広場周辺)で行われる佐倉市民花火大会は、県内最大発数となる約16,000発を打ち上げる関東最大級の花火大会です。

今年の目玉は、夜空一面を花火で埋め尽くす二尺玉4発の打ち上げと、音楽と連動して10分間で6,000発の花火を打ち上げる“ビッグプレミアムスターマイン”です。

直径60cmの二尺玉は、打ち上げ時には、直径500mまで広がり、印旛沼湖畔の夏の夜空に大輪の花を咲かせます。

有料観覧S会場から観覧できる手筒花火は、関東では珍しく、人が小脇に抱えた手筒から、十数メートルの豪快な火柱が立ち上ります。全身に火の粉を浴びながらの演武は圧巻です。

印旛沼湖畔に咲き誇る百花繚乱をお楽しみください。

打上数:約16,000発

日時:8月6日(土曜日)19時00分~20時30分

(開会式:19時00分~、手筒花火:19時10分~、打ち上げ:19時20分~)

※荒天の場合は、翌日7日(日曜日)に順延

会場:印旛沼湖畔(佐倉ふるさと広場周辺)

料金:有料観覧S会場(佐倉ふるさと広場内):1区画(5人まで)12,000円~

有料観覧かしま会場:テーブル席1人10,000円~、イス席(指定席)1人2,000円、自由席(イスなし)1人1,000円

交通:京成「臼井駅」下車徒歩30分、京成「佐倉駅」下車徒歩40分

問い合わせ先:電話:043-486-6000佐倉市民花火大会実行委員会事務局(佐倉市観光協会)

「佐倉市民花火大会」公式サイト外部サイトへのリンク

8.水郷おみがわ花火大会(香取市)

水郷おみがわ花火大会(香取市撮影)Photo(C)Katori-shi

明治41年(1908年)から始まり、今年で120回目を迎える伝統のある花火大会です。利根川の水面を利用した特大水中スターマインは、大会の名物で迫力満点です。

「全国尺玉コンクール」は尺玉の1発の華麗さを競うものです。全国から選りすぐりの「花火作り名人」が丹精込めて作り上げた尺玉を目の前で見ることができます。これも回を重ね今年で34回目となります。

花火当日は出店も多く立ち並び、大変にぎわいます。

打上数:約8,000発

日時:8月1日(月曜日)19時00分~21時00分※雨天翌日順延

会場:小見川大橋下流利根川河畔

交通:JR成田線「小見川駅」下車徒歩20分

問い合わせ先:電話:0478-50-1212水郷小見川観光協会(香取市商工観光課)

香取市観光公式サイト「香取を旅する」外部サイトへのリンク

香取市ホームページ外部サイトへのリンク

9.一宮町納涼花火大会(一宮町)

一宮町納涼花火大会(一宮町撮影)Photo(C)Ichinomiya-machi

一宮海岸で行われます。海面に開く大きな水中花火など約5,000発の花火が炸裂して描き出すのは、海岸ならではの光の絵巻。夜の海が輝きます。
大玉の迫力は、詰めかけた観衆を「ズッドーン」とおなかの底から圧倒します。

露店も多数出店してお祭りムードいっぱいの夏の夜の光の祭典。人出も多く、毎年5万人以上が集まります。

打上数:約5,000発

日時:8月6日(土曜日)19時10分から

会場:一宮海岸

交通:JR外房線「上総一ノ宮駅」からシャトルバス運行

(車)九十九里有料道路「一宮」出口から車で1キロメートル(現在、九十九里有料道路は工事中で通行できません)

問い合わせ先:電話:0475-42-1425一宮町観光協会(一宮町まちづくり推進課内)

一宮町観光協会ホームページ外部サイトへのリンク

10.木更津港まつり花火大会(木更津市)

木更津港まつり花火大会(木更津市撮影)Photo(C)Kisarazu-shi

木更津港まつり花火大会は、8月14日(日曜日)の「やっさいもっさい踊り大会」の熱気が冷めぬまま、木更津港内港で開催される2日目(15日)のメインイベントです。日中はお祭り広場で多彩なイベントが行われ、毎年たくさんの人でにぎわいます。

日暮れとともに尺玉の連発や、尺玉連発超々特大スターマインなどが中の島公園から打ち上げられ、大輪の花火が夜空に花を咲かせます。
港のシンボルである中の島大橋もラストを飾るナイアガラで光の中に映え、木更津ならではの夏の夜の風情を見せてくれます。

打上数:約10,000発

日時:8月15日(月曜日)19時15分~20時30分(荒天の場合は翌日または翌々日に順延)

会場:木更津港内港

有料観覧席:前売り・当日売りとも2,000円(イス席・シート席とも同額。いずれの席も自由席)※なお、前売りで完売の場合は、当日売りはありません。

交通:JR内房線「木更津駅」下車徒歩10分

問い合わせ先:電話:0438-22-7711木更津市観光協会

木更津市ホームページ外部サイトへのリンク

11.富津市民花火大会(富津市)

富津市民花火大会Photo(C)Futtsu-shi

昨年、第1回目の花火大会を成功させた「富津市民花火大会」。
昨年1,800発だった花火は今年はさらにグレードアップし、打上げ花火の他に富津では初の水中花火を合わせて6,000発を打ち上げます。

17時30分からはプレイベントが行われ会場を盛り上げます。
東京湾からの涼しい潮風にあたりながら、夏の夜空を彩る花火をお祭り気分でお楽しみください。

打上数:約6,000発

日時:7月23日(土曜日)19時45分~20時30分

※荒天時は7月24日(日曜日)に順延

会場:富津海水浴場

交通:JR内房線「青堀駅」から富津公園行きバス「富津公園入口」下車

※当日は青堀駅から無料シャトルバス運行

問い合わせ先:電話:0439-80-1291(富津市民花火大会実行委員会事務局)

2016年富津市民花火大会ホームページ外部サイトへのリンク

12.亀山湖上祭・君津市民花火大会(君津市)

君津市民花火大会(君津市)Photo(C)Kimitsu-shi

亀山湖畔で行われ、今年で36回目となります。
花火大会の前に開催される亀山湖上祭では、亀山湖の安全祈願祭や、地元中高生によるダンスパフォーマンス、ものまねライブなどのアトラクションも行われ、打ち上げまでのひと時を盛り上げます。

亀山の山並に日が落ち、あたりが暗くなる頃には、亀山ダム周辺の道路は大勢の人で埋まり、いよいよ花火大会の始まりです。

湖面の大鳥居を照らしていた灯りが消え、開始を告げる花火が打ちあがります。
花火は、徐々にその勢いを増し、尺玉やゴールデンカーテン、スターマインなど5,000発の花火が湖上の夜空を彩ります。

中でも尺玉は、周囲の山々にこだまし、天と地が同時に震え、亀山湖ならではの迫力です。

海辺での開催の多い千葉県の花火大会の中で、山間部の湖で行われる異色の花火大会です。

打上数:約5,000発

日時:8月6日(土曜日)19時30分~20時30分(荒天時は8月21日(日曜日)に開催)

会場:亀山ダム湖畔

交通:JR久留里線「上総亀山駅」下車徒歩7分

問い合わせ先:電話:0439-39-2535亀山湖・君津市民花火大会実行委員会(亀山やすらぎ館)

君津市観光情報T0Pページ外部サイトへのリンク

13.鴨川市納涼花火鴨川大会(鴨川市)

鴨川市納涼花火鴨川大会(鴨川市撮影)Photo(C)Kamogawa-shi

外房の夏の風物詩として人気の高い納涼花火大会です。
花火はスターターマイン、水中花火などが打ち上げられます。

さわやかな風が頬に触れ、空と海が同時に輝く雄大な光の競演を楽しめます。観光客をはじめ近隣から、多くの人々が訪れにぎわいます。

14時から、バンドと三線・三味線と和太鼓の演奏があります。

打上数:約6,000発

日時:7月29日(金曜日)19時30分~20時20分※荒天の場合7月30日(土曜日)、31日(日曜日)のいずれかに順延

会場:前原・横渚海岸

交通:JR外房線「安房鴨川駅」から徒歩5分

問い合わせ先:電話:04-7092-0086鴨川市観光協会

鴨川市観光協会ホームページ外部サイトへのリンク

14.館山観光まつり館山湾花火大会(館山市)

館山湾花火大会(館山市撮影)Photo(C)Tateyama-shi

館山の夏の一大イベントです。超特大スターマインや海面で扇形に開く水中花火など、約1万発の花火が、夜空を鮮やかに彩ります。

名物は、なんといっても直径250mの8号玉水中花火。「ズドーン」という重い響きが身体を震わせます。
海岸線が弧を描く鏡ヶ浦(館山湾)は、湾内のどこもが特等席で、胸にズシンと響く迫力満点の花火を体感できます。

また海岸特設ステージでは、花火をバックに「花火とフラメンコ」と題して全国学生フラメンコ連盟による情熱的なフラメンコが華やかに繰り広げられます。

打上数:約10,000発

日時:8月8日(月曜日)19時30分~20時45分
※雨天・荒天の場合、常雨天時または強風の場合は、9日(火曜日)又は10日(水曜日)に開催

会場:北条海岸周辺

交通:JR内房線「館山駅」西口下車徒歩3分

問い合わせ先:電話:0470-22-8330館山観光まつり実行委員会(館山商工会議所内)

館山商工会議所館山湾花火大会オフィシャルサイト外部サイトへのリンク

 

次回の「元気半島、ちば!」は、7月29日に「夏祭り(8月)」特集を予定しています。プレゼントもご期待ください。

「元気半島、ちば!」は随時新しい情報を追加してまいります。
バックナンバーを「お気に入り」に登録して、時々チェックしてみてください。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:総合企画部報道広報課千葉の魅力発信戦略室

電話番号:043-223-2242

ファックス番号:043-227-0146

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?