サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

ホーム > しごと・産業・観光 > 観光・特産品 > 魅力の観光スポット > 「元気半島、ちば!」バックナンバー > 元気半島、ちば!(圏央道「神崎IC~大栄JCT」周辺の見どころ特集)

更新日:平成27(2015)年6月5日

元気半島、ちば!(圏央道「神崎IC~大栄JCT」周辺の見どころ特集)

千葉の旬の情報をお知らせします(平成27年6月5日現在)。

今回の特集は

平成27年6月5日読売新聞朝刊テレビ面に掲載した場所を紹介します。

新聞広告

6月7日17時に開通する圏央道「神崎IC~大栄JCT」周辺を、道の駅中心にそれぞれの見どころを紹介します。

圏央道で「千葉の海・山、ギュッと近くに」

圏央道「神崎IC~大栄JCT」周辺の見どころ

目次

圏央道「神崎IC~大栄JCT」周辺の見どころ

  1. 道の駅「発酵の里こうざき」(神崎町)
  2. 水郷佐原水生植物園(香取市)
  3. 道の駅「水の郷さわら」(香取市)
  4. 成田市さくらの山(成田市)
  5. 道の駅・空の駅「風和里しばやま」(芝山町)
  6. 道の駅「くりもと紅小町の郷」(香取市)
  7. 道の駅「多古あじさい館」(多古町)
  8. 銚子ポートタワー、ウォッセ21(銚子市)
  9. 道の駅「オライはすぬま」(山武市)
  10. 海の駅「九十九里」(九十九里町)
  11. みのりの郷東金(東金市)

1.道の駅「発酵の里こうざき」

道の駅「発酵の里こうざき」外観Photo(C)Chiba-ken

4月29日(水曜日・祝日)、圏央道神崎IC近くに道の駅「発酵の里こうざき」がオープンしました。江戸時代から醸造業で栄えてきた地域特性を活かし、醸造所の蔵をイメージした造りで、ショップでは地元だけでなく全国から集められた発酵食品の品揃えが豊富です。

道の駅「発酵の里こうざき」ショップ内部Photo(C)Chiba-ken

全国から集めた厳選発酵食品が勢揃い

 

 

利根川沿いのサイクリングコースの途中でもあることから、一汗かいたサイクリストなど向けにシャワー室も備えています。

 

場所は圏央道神崎ICの東側で国道356号バイパス沿いです。

住所:香取郡神崎町松崎855

開設時間:9時00分~18時00分(カフェは9時00分~、レストランは11時

00分~、いずれも19時00分まで)
コンビニエンスストアは24時間営業

休館日:不定休

問い合わせ先:電話:0478-70-1711(発酵の里こうざき)

発酵の里こうざき外部サイトへのリンク

 

2.水郷佐原水生植物園(香取市)

嫁入り舟(香取市撮影)嫁入り舟Photo(C)Katori-shi

香取市の水郷佐原水生植物園では、約6万平方メートルの園内に、江戸系・肥後系・伊勢系などの東洋一を誇る400品種150万本のハナショウブが咲き乱れます。

園内の水路をサッパ舟と呼ばれる小舟に乗って巡ることもできます。水上からのハナショウブもまた格別の美しさです。

アジサイも6月中旬から咲き始め、ハナショウブと共にこれからが見頃となります。

水郷佐原水生植物園ホームページ外部サイトへのリンク

元気半島、ちば!(ハナショウブ、アジサイ特集)

 

3.道の駅「水の郷さわら」(香取市)

道の駅「水の郷さわら」Photo(C)Katori-shi

利根川の川辺にある道の駅・川の駅「水の郷さわら」は、水郷筑波国定公園に指定された雄大な景観を楽しむことができます。

香取市佐原は、江戸時代、利根川水運の物資集散の地として栄えた水郷の商都で、利根川の支流小野川沿いには歴史的町並みも保存されています。

隣接して観光船乗り場やプレジャーボートなどの係留桟橋、大型車駐車場、レンタサイクル、レンタルボートもあり、利根川周辺の観光拠点となっています。

*特産品*

ブドウ:生産量も味も県内トップクラス!

いちじく、梨:香取市では、完熟いちじく、梨にも力をいれています。夏には是非ご賞味ください。

シイタケ:キノコの名産地!香取のしいたけ・マッシュルームは絶品!肉厚でジューシー、美味しさが違います。

住所:香取市佐原イ3981-2(佐原香取I.Cから約4.5km)

開設時間:特産品販売所・フードコート9時00分~19時00分(10月~3月は18時00分まで)

休館日:年中無休(施設点検日等を除く)

問い合わせ先:電話:0478-50-1183(水の郷さわら)

水の郷さわら外部サイトへのリンク

 

4.成田市さくらの山(成田市)

成田市さくらの山(成田市)Photo(C)Chiba-ken

成田空港4000m滑走路北側の小高い丘の上にある「成田市さくらの山」では、園内どこからでも迫力ある飛行機の離着陸シーンを見ることができ、「ちば眺望100景」にも選ばれている人気の観光スポットです。

本年3月には観光物産館「空の駅さくら館」がオープン。館内には観光情報コーナーをはじめ、新鮮野菜・特産品などがそろう物販コーナーのほか軽食販売コーナーもあります。

住所:成田市駒井野1338-1

開設時間:9時00分~18時00分(11月~3月は17時00分まで)

休館日:無休

問い合わせ先:電話:0476-33-3309(空の駅さくら館)

空の駅さくら館外部サイトへのリンク

 

5.道の駅・空の駅「風和里しばやま」(芝山町)

道の駅「風和里しばやま」(芝山町)Photo(C)Shibayama-mati

芝山町を南北に走るはにわ道沿いに「道の駅風和里(ふわり)しばやま」が、成田国際空港の近くに「空の駅風和里しばやま」が建っています。

芝山町は北総台地の東側にあたり、広大な畑作地帯が広がる県内有数の農業地帯です。その恵まれた大地で採れた新鮮で安心、安全な農産物を販売しています。

道の駅には地域交流パークとして、フラワーコーナーや喫茶コーナーが併設されていて、地元の観光情報の閲覧もできます。

空の駅「風和里しばやま」(芝山町)Photo(C)Shibayama-mati

空の駅には「レストランFUWARI」が併設されており、地元野菜をふんだんに使った料理がバイキング形式で食べられます。

*特産品*

花:生産高全国第1位のサンダーソニアをはじめ多彩な花々を取り扱っています。

スイカ:北総台地の特産品。甘くてジューシー。ぜひご賞味ください。

住所:

道の駅風和里しばやま:山武郡芝山町小池2568(圏央道の松尾横芝ICから車で10分、東関東自動車道の富里I.Cから車で約30分)

空の駅風和里しばやま:山武郡芝山町朝倉394-15(圏央道の松尾横芝ICから車で25分、東関東自動車道の富里I.Cから車で約25分)

休館日:12月31日~1月3日

問い合わせ先:電話:0479-70-8877(道の駅)

問い合わせ先:電話:0479-77-2020(空の駅)

道の駅風和里しばやま外部サイトへのリンク

空の駅風和里しばやま外部サイトへのリンク

 

6.道の駅「くりもと紅小町の郷」(香取市)

道の駅「くりもと紅小町の郷」(香取市)Photo(C)Katori-shi

「サツマイモのまち」旧栗源町の道の駅「くりもと紅小町の郷」は、サツマイモづくしの商品であふれています。

特産のベニコマチ、畜産加工品などが並ぶ「農産物直売所」、朝どりの新鮮野菜や特産のぶどう・梨・イチゴといった果物、土地の食材で作った料理が味わえる「味処いっぷく」ほか、全国の道の駅の人気商品を取り寄せた「交流物産館」があります。

おすすめは何と言っても農業体験!インストラクター(地元農家)の指導を受けながら、種まき・苗の植え付けから収穫まで作物を育てる楽しみが味わえる「貸し農園」や、ミニトマトなど旬の味覚を持ち帰りできる「収穫農園」、交流と田園を満喫できるところです。

*特産品*

豚肉:健康管理に努め心をこめて生産した、臭みがなく柔らかい食感の美味しい房総ポークを販売しています。

所在地:香取市沢1372-1成田小見川鹿島港線沿い

開設時間:直売所9時00分~18時00分、レストラン11時00分~17時00分、花・植木センター9時00分~16時00分

休館日:12月31日~1月3日

問い合わせ先:電話:0478-70-5151(くりもと紅小町の郷)

くりもと紅小町の郷外部サイトへのリンク

 

7.道の駅「多古あじさい館」(多古町)

道の駅「多古あじさい館」(多古町)Photo(C)Tako-machi

県内でも農業の盛んな多古町(たこまち)。国道296号と栗山川の交差する多古大橋のたもとに位置する道の駅「多古あじさい館」は、水平に伸びる田園風景の中にあります。

館内では、ブランド米の多古米をはじめ、大和芋、新鮮・朝採り野菜などの特産品を販売しています。2階レストランでは、地元食材を使ったメニューを用意しています。

道の駅の脇を流れる栗山川沿いには遊歩道があり、四季折々の花で彩られます。田園風景を眺めながら、ゆったり散歩してみてはいかがでしょう。

*特産品*

多古米:多古町で収穫されるコシヒカリは多古米と呼ばれ高い人気を誇っています。

大和芋:全国でも有数の生産量を誇る大和芋は、色白で、すりおろしたものは箸でもつまめるほどの強い粘りがあります。風味豊かで、健康食としても人気です。

ぶどうパン:Getできればラッキーのヒット商品

住所:香取郡多古町多古1069-1国道296号沿い

開設時間:9時00分~19時00分(9月~3月は18時00分)

問い合わせ先:電話:0479-79-3456(多古あじさい館)

多古あじさい館外部サイトへのリンク

 

8.銚子ポートタワー、ウオッセ21(銚子市)

 

銚子ポートタワーPhoto(C)Chiba-ken

銚子ポートタワーの最上階の展望室は高さ約60mで、銚子漁港、利根川河口、銚子市街地、犬吠埼灯台、地球の丸く見える丘(愛宕山)など、銚子の観光スポットが一望できます。ここからの眺めは「ちば眺望100景」に選ばれています。まずは、ここで銚子の観光スポットを上から眺めてから、各スポットを巡ってみましょう。

ウオッセ21Photo(C)Choushi-shi

ウオッセ21はポートタワーに隣接する水産物即売所で、目の前の銚子港に水揚げされた魚介類を中心に、新鮮な海の幸を豊富に取り揃えています。購入した商品は宅配便で送ることもできるので、クーラーバッグがなくても安心です。

所在地:(銚子ポートタワー)銚子市川口町2-6385-267

開設時間:4月~9月8時30分~18時30分

10月~3月8時30分~17時30分

※入館時間は、閉館時間の30分前までです。

休館日:年中無休

問い合わせ先:電話:0479-24-9500(銚子ポートタワー)

 

所在地:(ウオッセ21)銚子市川口町2-6529-34

開設時間:8時30分~17時00分(レストラン11時00分~17時00分)

休館日:年中無休

問い合わせ先:電話:0479-25-4500(水産物即売センター)

銚子ポートタワー、ウオッセ21外部サイトへのリンク

 

9.道の駅「オライはすぬま」(山武市)

道の駅「オライはすぬま」(山武市)Photo(C)Sanmu-shi

成田空港と九十九里海岸を結ぶはにわ道沿いに平成17年オープン。入口に、高くはためく大漁旗が目印です。農水産物直売所では地元の新鮮な農水産物の販売、また、レストランでは地元の農水産物を使った郷土料理を提供。「また来てみたい」と思える楽しい道の駅を目指しています。

名物の「イワシ丼」は、遠くからわざわざ食べにくる常連客も多い逸品です。

*特産品*

野菜各種:なんと言っても新鮮野菜!産地ならではの価格にまとめ買いする方も多いです。

干物各種:人気のお土産です。地元九十九里の加工業者より取り寄せています。

住所:山武市蓮沼ハ4826番地(主要地方道松尾蓮沼線沿い)

開設時間:9時00分~19時00分(冬季は18時00分)

休館日:無休(1月1日は除く)

問い合わせ先:電話:0475-80-5020(オライはすぬま)

オライはすぬま外部サイトへのリンク

 

10.海の駅「九十九里」(九十九里町)

海の駅「九十九里」(九十九里町)外観Photo(C)Chiba-ken

今年4月24日にオープンしたばかりの海の駅「九十九里」。

中に入ると3000匹のイワシの群れがお客様をお迎えします。

海の駅「九十九里」(九十九里町)内部Photo(C)Chiba-ken

イワシの巨大水槽の脇に「いわし資料館」の入口があり、資料館にはいわし漁に使われた船の模型や漁具、万祝(まいわい。大漁の祝いに船主や網主が漁師に贈る晴れ着)、昔の漁の写真などが展示されています。

「直売コーナー」では、地元の魚介類や農産物など特産品が揃えられ、中でもイワシの加工品は人気です。

海の駅「九十九里」直販コーナーPhoto(C)Chiba-ken

2階にはフードコートがあり、海を眺めながら地元の食材を使ったお食事が楽しめます。

万一に備え、駐車場脇には高さ17メートルの津波の避難タワーが設置されています。写真右手奥が海の駅「九十九里」。

海の駅「九十九里」津波避難タワーPhoto(C)Chiba-ken

所在地:九十九里町小関2347番地98(片貝漁港隣接)

開設時間:9時00分~18時00分(フードコート10時00分~16時00分)

休館日:年末年始のみ

問い合わせ先:電話:0475-76-1734(海の駅九十九里)

海の駅九十九里

 

11.みのりの郷東金(東金市)

みのりの郷東金(東金市)外観Photo(C)Chiba-ken

昨年4月に東金市緑花木センター跡地にオープンした施設で、新鮮な農産物をはじめとする特産物の直売所「東金マルシェ」(写真のように大きな売り場です)や地元の食材を使ったイタリアンレストラン「とっチーノ」があります。

みのりの郷東金(東金市)内部Photo(C)Chiba-ken

「緑花木市場」では、植木や盆栽・花などを屋外の広い面積でたくさんの種類をそろえて展示販売しています。ドライブの途中に、花や植木をご自宅の庭用に購入されてはいかがでしょうか。

みのりの郷東金「緑花木市場」Photo(C)Tougane-shi

また、市民サークル活動の発表の場としてのイベント広場を兼ね備えた産業交流拠点施設になっており、週末にはコンサートやラジオ中継なども行われています。

東金マルシェ店内にある巨大スクリーンには、東金市の四季をはじめとしたPR映像が放映されています。

住所:東金市田間1300-3(国道126号沿い)

開設時間:9時00分~18時00分

休館日:年中無休(1月1日~3日を除く)

問い合わせ先:電話:0475-53-3615(みのりの郷東金)

みのりの郷東金外部サイトへのリンク

 

最後までご覧いただきありがとうございます。
次回6月26日は「夏祭り特集」です。プレゼントもありますのでお楽しみに。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:総合企画部報道広報課千葉の魅力発信戦略室

電話番号:043-223-2242

ファックス番号:043-227-0146

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?