サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

更新日:平成30(2018)年8月24日

なのはな情報マガジン第420号(平成30年8月22日発行)

菜の花の写真

平成30年度バックナンバー

※「なのはな情報マガジン」に登録していただいている方は、メールマガジンに記載しているURLアドレスをクリックすることで、メールマガジン配信と同時にこのページをご覧いただけます。

「なのはな情報マガジン」の登録はこちらからなのはな

県政トピックス
最近の新しい政策やニュースなどのうち、主要なものをお届けします。

情報スクエア
県が発表している各種公募・お知らせ情報の中からお届けします。

カルチャー情報
県施設のイベントや講座、コンサートなどの情報を紹介します。

観光イベント情報
県内の観光情報や話題のイベントを紹介します。

ちばア・ラ・カルト
千葉の四季折々の魅力を、いちおし情報を添えて紹介します。

インターネット放送局からのお知らせ
最新番組(動画)を紹介します。

県政トピックス

  • 風しん患者が増加しています!
    /県では、平成30年1月1日から7月31日までに風しんが22件報告され、ここ数年の報告数を既に超えており、特に7月は19件報告され、急激に増加しています。
    予防接種を2回受けていない方や予防接種歴が不明な方で、発熱、発疹等、風しんを疑う症状が現れた場合は、周囲への感染を防ぐため、必ず事前に医療機関に電話連絡でその旨を伝え、医療機関の指示に従い受診しましょう。
  • 一般国道464号北千葉道路(市川市~船橋市)に係る環境影響評価方法書を公表し、説明会を開催します。
    /環境影響評価法に基づき、「一般国道464号北千葉道路(市川市~船橋市)環境影響評価方法書」について、環境保全の見地から皆さまにご意見をいただくため、方法書および要約書を公表・縦覧し、方法書の説明会を開催します。

このほかの県政ニュースについてはこちらからご覧いただけます。

最近の知事の動きはこちらからご覧いただけます。

情報スクエア

  • 次世代に残したいと思う「ちば文化資産」の写真展示について(8月25日~8月26日)
    /千葉県の文化的な魅力を特徴づける「ちば文化資産」の候補を募集し、県民の皆さまの投票結果などを踏まえ111件を「ちば文化資産」に選定しました。
    今後は、千葉の文化的魅力を発信するとともに、地域の活性化につなげていきます。
    「ちば文化資産」の一覧は、県ホームページに掲載しています
    また、千葉県の多様な文化的魅力を皆さまに感じていただくため、「ちば文化資産」の写真展示を実施します。
    ぜひ、会場へお越しください。
    • 【写真展示】
      期間:8月25日(土曜日)~8月26日(日曜日)
      会場:パラリンピック2年前記念イベント会場(イオンモール幕張新都心)
  • 「輝く女性応援フォーラム~私らしく働きたい女性を応援!~」の開催について外部サイトへのリンク(9月5日)
    /県では、「輝く女性応援事業」として、主に正社員で再就職を希望する女性に向けに育児をしながら自分らしく働くタレントの福田 萌さんによるトークショーや再就職に向けて準備すべきことを学べる女性の多様な働き方セミナーを開催します。
    ”いつかはまた働きたい!”、”今どきの女性の働き方に関心がある!”という皆さまの参加をお待ちしております。
    女性が働く一歩を踏み出す機会に、ぜひご活用ください。
    (※事前申し込みが必要です。申込期限:9月4日午後5時まで)
  • 平成30年度身体障害者を対象とした千葉県職員採用選考の実施について(10月14日)
    /千葉県では、県内の身体障害者の雇用促進を図るため身体障害者の方を対象とした職員採用選考考査を実施します。
    募集職種は、一般事務、警察事務、看護師ほか。
    職種によって受験資格が異なりますので、詳しくは受験案内をご覧ください。
    (※受験案内は、8月24日から配布する予定です。また、受験案内は千葉県ホームページへ掲載する予定です。)
  • 放射線・放射能関連情報
  • パブリックコメント(意見募集)
    /広く県民のご意見を聴くために、パブリックコメントを実施しています。

千葉の魅力を撮影にお出かけするチーバくん

このほかの募集情報については下記でご覧いただけます。

「ご意見・ご提案」

「各種公募・募集情報」

カルチャー情報

美術館・博物館情報

関宿城写生コンクール作品募集及び作品展外部サイトへのリンク
/県立関宿城博物館(野田市)

県立関宿城博物館周辺を描いた写生画を公募し、展示します。

【作品募集】
期間

9月1日(土曜日)~9月14日(金曜日)
※9月3日(月曜日)および9月10日(月曜日)は、博物館の休館日のため、作品提出の受付はできません。

対象

<1>小学生の部
<2>中学生の部
<3>一般の部(高校生以上)

種類

油彩、水彩、クレヨン、パステル、色鉛筆

規格
  • 四つ切または八つ切程度の大きさ
  • 油彩の場合は、6号または8号
提出方法

作品の裏面に、作品票を貼った上で、博物館へ直接、持参ください。

館長賞、各部門の最優秀賞、優秀賞、佳作
(応募者全員に参加賞)

【作品展】
期間

9月20日(木曜日)~10月7日(日曜日)

会場

県立関宿城博物館
※開館時間:午前9時~午後4時30分
※休館日:9月25日(火曜日)、10月1日(月曜日)~10月4日(木曜日)

表彰式

10月6日(土曜日)午後3時~

返却期間

10月11日(木曜日)~10月26日(金曜日)
※博物館の休館日(10月15日、10月22日)は、作品を返却できません。あらかじめ、ご了承ください。

問い合わせ先

県立関宿城博物館/野田市関宿三軒家143-4
電話:04-7196-1400

コンサート・会館情報

La Dill(ラ・ディル) コンサート
青葉の森公園芸術文化ホール外部サイトへのリンク(千葉市)

千葉出身・千葉大学卒業メンバーを含む、世界最大級の声楽家団体である二期会から選抜された実力派オペラ歌手4名による男性声楽ユニット。
クラシックから歌謡曲まで、ジャンルを超えて心に響く、4オクターブ珠玉のハーモニーをお届けします。

日時

9月15日(土曜日)午後2時開演(午後1時30分開場)

会場

青葉の森公園芸術文化ホール ホール

入場料

(全席指定)S席:3,000円/A席:2,500円
※未就学児の入場はご遠慮ください。

出演

La Dill、ピアノ:吉田 貴至

問い合わせ先

青葉の森公園芸術文化ホール
電話:043-266-3511

平原綾香 15th Anniversary CONCERT TOUR 2018 ~ Dear Music ~外部サイトへのリンク
/千葉県南総文化ホール(館山市)

「Jupiter」から15年。平原綾香の“これまで”と「これから」。
“あーや”が挑戦し続けてきた音楽の軌跡を感謝を込めてお届けします!

日時

9月24日(月曜日・振替休日)午後5時開演(午後4時30分開場)

会場

千葉県南総文化ホール 大ホール

入場料

(全席指定)6,800円
※未就学児の入場はご遠慮ください。

問い合わせ先

千葉県南総文化ホール
電話:0470-22-1811

千葉交響楽団 第104回定期演奏会「ロマンへの誘いII」外部サイトへのリンク
/千葉県文化会館大ホール(千葉市)

第104回定期演奏会では、ロマン派を代表する3人の名曲を取り上げます。
R.シュトラウスが作曲の「4つの最後の歌」では、
千葉交響楽団の今年のニューイヤーコンサートでご好評をいただいた
ソプラノ歌手の石橋栄実さんが歌い上げ、音楽が描き出す自然の情景、心象、
そして物語を感じていただける演奏を皆様にお届けします。
後半のシューマンの曲では、病に打ち勝とうとする力強い精神が音で紡ぎだされます。
「山下+千葉響」が奏でる音に身をゆだねてお聴きください。

日時

9月29日(土曜日)午後2時開演(午後1時15分開場)

会場

千葉県文化会館 大ホール

入場料

(全席指定)
S席:4,000円/A席:3,000円/B席:2,000円
※大学生以下・65歳以上全券種とも500円引き、
 支援会員をはじめとした千葉交響楽団各種会員の方は、
 さらに全券種とも1割引き。
※未就学児の入場はご遠慮ください。
※都合により出演者・曲目を変更する場合があります。

出演

指揮:山下 一史
ソプラノ:石橋 栄実

曲目

リスト/交響詩「レ・プレリュード」
R.シュトラウス/4つの最後の歌
シューマン/交響曲第2番ハ長調作品61

問い合わせ先

千葉交響楽団事務局
電話:043-222-4231

高嶋ちさ子 12人のヴァイオリニスト
コンサートツアー2018 「女神たちの華麗なる音楽会」外部サイトへのリンク

/千葉県文化会館(千葉市)

ヴァイオリニスト高嶋ちさ子さんが、
平成18(2006)年に立ち上げた“観ても、聴いても、美しく、楽しい”
ヴァイオリン・アンサンブルです。

日時

10月7日(日曜日)午後2時開演(午後1時30分開場)

会場

千葉県文化会館 大ホール

入場料

(全席指定)5,500円/当日:6,000円
※未就学児の入場はご遠慮ください。

出演

高嶋 ちさ子、12人のヴァイオリニスト、ピアノ:村松 亜紀

問い合わせ先

千葉県文化会館
電話:043-222-0201

子どものための鑑賞プログラム
ケロポンズファミリーコンサート外部サイトへのリンク
/千葉県東総文化会館(旭市)

大人気の「エビカニクス」をみんなで一緒に踊ろう♪
赤ちゃんも入場できるコンサートです。
ぜひ、ご家族でお楽しみください。

日時

10月21日(日曜日)午後2時開演(午後1時30分開場)

会場

千葉県東総文化会館 大ホール

入場料

(全席指定)大人:2,000円/子ども:1,000円
※子ども料金は、3歳~小学生が対象です。
※3歳未満のお子さまは保護者の膝上鑑賞は無料です。
 ただし、3歳未満であっても席が必要な場合は、入場料が必要です。

出演

ケロポンズ

問い合わせ先

千葉県東総文化会館
電話:0479-64-2001

観光イベント情報

おんじゅく伊勢えび祭り外部サイトへのリンク(御宿町)

伊勢エビ料理のイメージ

御宿で採れる伊勢エビは、複雑な岩礁の磯根で豊富なエサを食べ、黒潮に鍛えられ引き締まったプリプリの身は、旨みがギュッと凝縮されています。
御宿町で毎年開催している「伊勢えび祭り」では、刺身も良し!豪快に焼いても良し!の極上の伊勢エビをリーズナブルな値段でご堪能いただけます。
皆さまのご来場をお待ちしています。

期間

9月1日(土曜日)~10月31日(水曜日)

【イベント】
期日

9月9日(日曜日)、
10月14日(日曜日)

内容

<1>伊勢エビセット販売
 (伊勢エビ2匹・サザエ2匹)
  時価/数量限定
<2>伊勢エビつかみ取り
  時価/人数限定
  ※詳細は、御宿町観光協会まで
<3>伊勢えび汁の無料配布/人数限定

【伊勢エビ直売】
期間

9月15日(土曜日)~
10月28日(日曜日)の
土曜日、日曜日、祝日のみ

販売時間

午前9時30分~午後1時30分頃
※販売は、数に限りがあります。
 早めにお越しください。

 

場所

月の沙漠記念館前広場、御宿町内協賛店

交通

電車:JR外房線「御宿駅」下車
車:圏央道「市原鶴舞IC」から一般道で約40分

問い合わせ先

一般社団法人 御宿町観光協会
電話:0470-68-2414

BAY SIDE JAZZ 2018 CHIBA
(ベイ サイド ジャズ 2018 千葉)外部サイトへのリンク
(千葉市)

ステージでの演奏の様子

ジャズで「街の活気とにぎわいをもたらそう」と、平成10(1998)年に始まった千葉市恒例のジャズの祭典「ベイサイドジャズ千葉」は、今年で21回目の開催です。
レストランやバーなど、普段あまり演奏の機会がないスペースを会場に、日本を代表するトップジャズミュージシャンが千葉市に集まって各会場で演奏します。
また、無料会場では、プロミュージシャンのほか、アマチュアミュージシャン、大学生ジャズバンドが多数出演します。

【BSJデモンストレーション
(※料金は、無料です。)】

プロ・アマミュージシャンによるジャズ演奏を開催します。

<1>NHK千葉放送局 1階 ロビー
(千葉市中央区)

日時

9月4日(火曜日)
午後2時30分~午後3時30分

出演

大原保人スーパージャズトリオ
ピアノ:大原 保人、
ベース:俵山 昌之、
ドラムス:江藤 良人

<2>そごう千葉店 正面入り口前広場
 (千葉市中央区)

日時

9月16日(日曜日)
午前11時30分~午後1時

出演

アマチュアグループ

<3>幕張テクノガーデン 2階 アトリウム
 (千葉市美浜区)

日時

9月18日(火曜日)
午後0時10分~午後0時45分

出演

ピアノ:山田 貴子

【BSJジャズストリート前夜祭】

ジャズバイオリニスト寺井尚子さんをスペシャルゲストに迎え、ジャズコンサートを開催します。

日時

9月28日(金曜日)
午後6時30分開演(午後6時開場)

会場

千葉市文化センター 3階 アートホール

料金

(全席指定)前売:6,000円/当日:6,500円

出演

大原保人トリオ
(ピアノ:大原 保人、
 ベース:金子 健、
 ドラムス:小山 太郎)
バイオリン:寺井 尚子
司会:まきいわ・まさお

【BSJジャズストリート
(※無料会場もございます。)】

中央地区(中央、富士見、本千葉)、千葉みなと地区(中央港)の各所で、ジャズライブを開催します。
プロのジャズ演奏家がカフェやバーなどの空間で、あなたの間近で演奏します。
また、中央公園などでアマチュア演奏家による無料ライブを開催します。

日時

9月29日(土曜日)
午前11時~午後9時

会場

有料会場16会場、無料会場6会場
※各会場の情報は、WEBページからご確認ください。
※出演者等は都合により変更する生じる場合があります。

料金

有料会場は、「ジャズストリートパスポートチケット」をお買い求めの上、ご鑑賞ください。
チケットで、ジャズのはしごをお楽しみいただけます。

(全席自由)
一般  前売:4,000円/当日:5,000円
財団賛助会員
    前売;3,600円/当日:販売無し
ペア  前売:7,000円/当日:販売無し
小中高生 前売:販売無し/当日:500円
※未就学児は、無料でご入場いただけます。ただし、他のお客様のご迷惑となる場合は入場を制限させていただきます。
※当日の財団賛助会員、ペア券のチケット販売はございません。
※小中高生のチケットは、当日販売のみです。

ステージでの演奏の様子

問い合わせ先

公益財団法人 千葉市文化振興財団
電話:043-221-2411

上総十二社祭り外部サイトへのリンク(一宮町)

大海原を背に渚を疾走する様子

「上総の裸まつり」とも称される上総十二社祭りは、1200年以上の歴史と伝統を誇る房総最古の浜降り神事です。
釣ヶ崎海岸に、玉前(たまさき)神社の御祭神・玉依姫命(たまよりひめのみこと)に縁のある一族の神々が再会する神輿神幸祭で、約2,500人の男衆が神輿を担ぎ出し、同社の神馬を始め、騎馬と大宮・若宮の2基の神輿が、各社それぞれに九十九里の大海原を背に渚を疾走します。10基余りの神輿が集結する光景は圧巻です。

期間

9月10日(月曜日)、9月12日(水曜日)~9月13日(木曜日)
<1>鵜羽神社お迎え祭(別名:十日祭):9月10日(月曜日)
<2>宵宮祭:9月12日(水曜日)午後6時~
<3>例祭:9月13日(木曜日)午前10時~

場所

玉前神社、釣ヶ崎海岸

交通

JR外房線「上総一ノ宮駅」から徒歩7分

問い合わせ先

玉前神社
電話:0475-42-2711

切り絵行灯(あんどん)と音楽の夕べ外部サイトへのリンク(流山市)

町内に飾られる行灯

神楽殿での邦楽やジャズなどの生演奏の様子

浅間神社内が、流山本町ならではの切絵行灯などで彩られ、神楽殿では邦楽やジャズなどの生演奏を聴くことができます。
切り絵行灯は一基ずつデザインが異なる切り絵の原画がはめ込まれており、地元のボランティアの方々が手作りで作成しています。
行灯は浅間神社内のほか、流山本町の町中にも常時設置されており、歴史的な建物が残る流山本町を、優しい灯りで照らします。

日時

9月8日(土曜日)午後5時~午後7時30分

場所

浅間神社/流山市流山1丁目153

交通

<1>流鉄流山線「流山駅」から徒歩約5分
<2>つくばエクスプレス線「流山おおたかの森駅」西口から
  京成バス(三輪野山線)「流山駅」から徒歩約3分

問い合わせ先

流山市役所 流山本町・利根運河ツーリズム推進課
ツーリズム推進係 電話:04-7168-1047


このほかの観光イベント情報については下記でご覧いただけます。
「まるごとe!ちば」外部サイトへのリンク

ちばア・ラ・カルト

今が旬!梨&ブドウ狩りとともに共に楽しむ「鎌ケ谷市」のおすすめスポット

都心から25キロメートル圏内にあり、首都近郊の住宅都市として発展してきた鎌ケ谷市は、豊かな自然や農地が多く残り、梨やブドウの産地として知られています。
今回は、この時期に最盛期を迎える「梨狩り」や「ブドウ狩り」とともに、鎌ケ谷市のおすすめスポットを紹介します。

…続きは以下のリンクからご覧ください。

ちばア・ラ・カルト(8月22日号)

インターネット放送局からのお知らせ

インターネット放送局では、県の1週間の主な出来事、県内の観光情報や重要施策についてリポートし、動画でわかりやすく紹介している「ウィークリー千葉県~ちばの旬な話題をお届け~」のほか、県広報特別番組の再配信や地域・県政の紹介をしています。

現在配信している最新の「ウィークリー千葉県~ちばの旬な話題をお届け~」

8月11日チバテレ放送分

今週の動き/県立現代産業科学館プラネタリウム上映会
特集コーナー/ふなばし文学散歩

8月4日チバテレ放送分

今週の動き/第100 回全国高等学校野球選手権記念大会出場校表敬訪問 ほか
特集コーナー/宇宙と星のはなし

「ウィークリー千葉県~ちばの旬な話題をお届け~」は毎週土曜日午後10時~午後10時15分、チバテレで放送中です。ぜひ、ご覧ください。

現在配信している最新の「千葉の贈り物~まごころ配達人~」

8月19日フジテレビ放送分

愛犬と過ごす楽園(八街市)

8月12日フジテレビ放送分

19種類のプールで楽しむ(山武市)

人々のまごころを通して、千葉の魅力を皆さまにお届けする「千葉の贈り物~まごころ配達人~」は毎週日曜日午前8時25分~午前8時30分、フジテレビ(関東ローカル)で放送中です。
ぜひ、ご覧ください。

詳しくはこちらへ
インターネット放送局

編集後記

最後までご覧いただきありがとうございます。

8月も残りわずかになりましたね。
朝晩は、徐々に秋の気配を感じられるようになりました。
暑さも和らぎ過ごしやすい秋。秋服への衣替えと一緒に、
「防災」を見直してみてはいかがでしょうか?

9月1日は「防災の日」です!
災害への心構えを準備する日として制定され、
大正12(1923)年9月1日に発生した関東大震災に由来しています。

今年の夏は、豪雨や台風で、日本各地で被害がありました。
皆さんは、いざという時に備えて、ご家庭に「防災グッズ」は準備されていますか?
飲料水や非常食は、長期保存が可能ものが販売されていますが、
衣類は季節に適したものに変える必要があるそうですよ。
ぜひ、衣替えの機会に、「防災グッズ」のチェックを!!
習慣づけしてみてはいかがでしょうか。

★次回の配信は9月12日(水曜日)です。お楽しみに。

お問い合わせは:

「こんな情報がほしい」「こんな内容にしてもらいたい」など、なのはな情報マガジンへのご意見・ご感想をお待ちしています。
ページ末の「お問い合わせフォーム」からお気軽にどうぞ

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:総合企画部報道広報課放送・インターネット班

電話番号:043-223-2245

ファックス番号:043-227-0146

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?