サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年9月15日

なのはな情報マガジン第397号(平成29年9月13日発行)

菜の花の写真

平成29年度バックナンバー

※「なのはな情報マガジン」に登録していただいている方は、メールマガジンに記載しているURLアドレスをクリックすることで、メールマガジン配信と同時にこのページをご覧いただけます。

「なのはな情報マガジン」の登録はこちらから

県政トピックス
最近の新しい政策やニュースなどのうち、主要なものをお届けします。

情報スクエア
県が発表している各種公募・お知らせ情報の中からお届けします。

カルチャー情報
県施設のイベントや講座、コンサートなどの情報を紹介します。

観光イベント情報
県内の観光情報や話題のイベントを紹介します。

インターネット放送局こぼれ話
動画配信「千葉県インターネット放送局」とともにお楽しみください。

インターネット放送局からのお知らせ
最新番組(動画)を紹介します。

県政トピックス

このほかの県政ニュースについてはこちらからご覧いただけます。

最近の知事の動きはこちらからご覧いただけます。

情報スクエア

  • 九都県市自殺対策キャンペーンの取組について
    /9月は「九都県市自殺対策強化月間」です。
     自殺は精神的に追い込まれ、正常な判断ができない状態で起こります。
     悩みは一人で抱え込まず、周りの人や相談機関に相談してください。
     また、あなたの周りの人が悩んでいたら、声をかけ、悩みを打ち明けてくれたらじっくりとお話を聴いて、相談窓口を紹介してあげてください。
  • 労働委員会委員による「無料労働相談会」(10月7日、12日、26日、11月13日)
    /近年増加傾向にあるパワハラ問題、解雇や賃金引下げなどの労使紛争について、豊かな知識と経験を持つ労働委員会委員が相談に応じ、問題の解決に向けて、アドバイスします。
  • 平成29年度身体障害者を対象とした千葉県職員採用選考の実施について(10月15日)
    /千葉県では、県内の身体障害者の雇用促進を図るため身体障害者の方を対象とした職員採用選考考査を実施します。
     募集職種は、一般事務、警察事務、看護師ほか。
     職種によって要件が異なりますので、詳しくは受験案内をご覧ください。
  • 「いちばん米!ちば米!新米キャンペーン」の実施について(10月31日まで)
     /気候が温暖な千葉県は、8月中旬にはお米の収穫が始まる全国でも有数の早場米産地です。
     千葉県産米需要拡大推進協議会では、おいしい千葉の新米をPRするため、千葉県産の新米を購入すると、抽選で県産品などが当たるキャンペーンを開催中です。
     【関連リンク】ちばのお米のホームページ外部サイトへのリンク
  • 平成29年度消費生活サポーター養成講座(10月19日・20日、11月18日・19日)
    /近年、少子高齢化、高度情報化などを背景に、消費者を取り巻く社会経済環境は大きく変化し、消費者トラブルも多種多様化する傾向にあります。
     地域の中で消費生活に関するサポート役として活躍していくための基礎知識を身に付けませんか。

このほかの募集情報については下記でご覧いただけます。

「ご意見・ご提案・お問い合わせなど」

「イベント・公募情報」

カルチャー情報

講座・セミナー情報

稲穂まつり外部サイトへのリンク/県立房総のむら(印旛郡栄町)

「実りの秋に感謝」をテーマに稲刈り体験(17日のみ)や昔の農具体験、時代衣裳変身体験、大道芸など、さまざまなイベントを行います。
また、ご来館いただいた方へ稲穂をプレゼントします!
(各日限定500本。なくなり次第終了。)

日時

9月17日(日曜日)、18日(月曜日・祝日)
午前9時~午後5時30分(※開館時間延長)

会場

県立房総のむら

入場料

大人:300円/高校・大学生:150円/中学生以下・65歳以上:無料

問い合わせ先

県立房総のむら 電話:0476-95-3333

美術館・博物館情報

千葉・県民芸術祭「中央行事」~文化でつなぐ千葉のちから~
/千葉県文化会館(千葉市)

毎年秋ごろを中心に県内各地で開催している「千葉・県民芸術祭」。
この芸術祭の総合イベントとして県民芸術祭「中央行事」を開催します。
今回は、ドイツのデュッセルドルフ市にあるハインリヒ・ハイネ大学の合唱団による特別コンサートをお届けするほか、千葉県少年少女オーケストラによる演奏、茶道や競技かるたなどの体験コーナー、写真の展示など、大人から子どもまで楽しめるプログラムが盛りだくさんです。

日時

9月24日(日曜日)午前10時30分~午後4時30分

会場

千葉県文化会館

料金

無料

問い合わせ先

千葉県文化振興財団 電話:043-222-0077

NANSO舞台芸術創造プロジェクト第18弾
NANSO DANCE FESTIVAL 2017 ~JIPANG~外部サイトへのリンク

/千葉県南総文化ホール(館山市)

千葉県内ダンススタジオが南総文化ホールに集結!
NANSOダンスワークショップチームの4ヶ月間にわたる稽古の集大成となるステージ、そして実力派ぞろいの圧巻のダンスパフォーマンスをご堪能ください。

日時

9月24日(日曜日)午後1時開演
※同時開催/フリマ・マルシェ・うまいもの屋台
 野外ステージイベント多数(午前11時開始/芝生広場)

会場

千葉県南総文化ホール 大ホール

入場料

無料

問い合わせ先

千葉県南総文化ホール 電話:0470-22-1811

知って!感じて!ホールのピアノ ~ピアノの魅力を発見しよう~外部サイトへのリンク
/千葉県東総文化会館(旭市)

スタインウェイとベーゼンドルファー、2台のピアノの音色や響きの違いが味わえます。
實川風と探るショパンの秘密~公開レッスン&ミニレクチャーコンサート~

日時

10月9日(月曜日・祝日)午後2時開演

会場

千葉県東総文化会館 大ホール

参加費

500円

出演

實川風(じつかわ かおる)

問い合わせ先

千葉県東総文化会館 電話:0479-64-2001

千葉交響楽団 第102回定期演奏会~あふれる抒情への誘い~外部サイトへのリンク
/千葉県文化会館大ホール(千葉市)

第102回定期演奏会では、お客様から要望の多かったブラームスを皆様にお届けします。
指揮はお馴染みの音楽監督の山下一史。ピアノにはクララ・ハスキル国際コンクール優勝で世界的に注目を浴び、国内外のオーケストラと共演し、高い評価を得られている河村尚子さんを初めてゲストにお迎えします。山下一史の情熱あふれるタクトと、河村尚子さんの紡ぎだすピアノの華やかな音色で皆様をクラシックの世界にお誘いします。皆様のご来場をお待ちしております。

日時

10月15日(日曜日)午後2時開演(午後1時15分開場)

会場

千葉県文化会館大ホール(JR本千葉駅より徒歩10分)

入場料

全席指定S席:4,000円/A席:3,000円/B席:2,000円
※大学生以下・65歳以上全券種とも500円引き、支援会員をはじめとした千葉交響楽団各種会員の方は、さらに全券種とも1割引き。
※未就学児の入場不可
※都合により出演者・曲目を変更する場合があります。

出演

指揮:山下一史(やました かずふみ)
ピアノ:河村尚子(かわむら ひさこ)

曲目

ブラームス特集
ピアノ協奏曲第2番変ロ長調作品83
交響曲第2番ニ長調作品73

問い合わせ先

千葉交響楽団事務局 電話:043-222-4231

新垣隆とみやままさと『ようこそ、音♪の森へ』
青葉の森公園芸術文化ホール外部サイトへのリンク(千葉市)

「新垣隆流、音楽の楽しみ方」をテーマに作曲家としてジャンルの枠におさまらずクラシックをより身近に楽しめる様に尽力している新垣隆の演奏会です。
新垣氏による解説に加え、アレンジ・作曲についてのトークや実演などを予定しています。

日時

12月10日(日曜日)午後2時開演(午後1時30分開場)

会場

青葉の森公園芸術文化ホール ホール

入場料

(全席指定)2,500円
※未就学児の入場はご遠慮ください。

問い合わせ先

青葉の森公園芸術文化ホール 電話:043-266-3511

観光イベント情報

与田浦(よたうら)コスモスまつり外部サイトへのリンク(香取市)

コスモスの様子3ヘクタールの広大な土地に、300万本の色鮮やかなコスモスが広がり、あたり一面がピンク色の絨毯に染まる光景は圧巻です。
イベント会場では、コスモスの摘み取りができるほか、イチジクや朝採り野菜等の販売も行われます。(予定)
会場前の船乗り場からは、水郷景観を楽しめる遊覧船も運航されます。

期間

開催中~10月9日(月曜日・祝日)午前9時~午後4時

場所

与田浦十二町歩/香取市津宮地先

交通

JR鹿島線「十二橋駅」下車徒歩2分

問い合わせ先

NPO法人香取市与田浦を考える会 電話:090-2336-2285

勝浦大漁まつり外部サイトへのリンク(勝浦市)

勝浦大漁まつりの様子4日間にわたり行われる勝浦の秋祭りです。
初日は各地区の神輿の渡御が、2日目は19基の神輿による「一斉担ぎ」などが見られる合同祭典が、3日目は江戸後期屋台・山車の引廻しやお囃子の競演が、最終日は勝浦漁港にて船から船へと神輿が渡される「神輿の船渡し」などが行われます。

期間

9月15日(金曜日)~9月18日(月曜日・祝日)
※時間は、地域により異なります。

場所

墨名市営駐車場ほか市内各所

交通

JR外房線「勝浦駅」下車徒歩10分

問い合わせ先

勝浦市役所観光商工課 電話:0470-73-6641

浦安フェスティバル2017外部サイトへのリンク(浦安市)

浦安フェスティバルの様子新浦安駅前エリア・総合公園エリア・シンボルロードエリアを会場とした観光型・市民交流型のイベントです。
各都市を代表する伝統文化・日本の祭りが浦安に集結します。

期間

9月16日(土曜日)午前10時~午後5時
9月17日(日曜日)午前10時~午後8時
※パレードは、17日(日曜日)のみ

場所

新浦安駅周辺、総合公園、シンボルロード(※17日(日曜日)のみ)

交通

東京メトロ東西線「浦安駅」、JR京葉線「新浦安駅」から各会場を結ぶ無料シャトルバスを運行予定

問い合わせ先

浦安フェスティバル2017実行委員会事務局(浦安市商工観光課) 電話:047-351-1111

吾妻(あづま)神社の馬だしまつり外部サイトへのリンク(富津市)

吾妻神社の馬だしまつり例祭では馬だし、オブリ、神輿を中心とした神事が行われ、五穀豊穣や、海上の安全、大漁を祈願します。
馬だしは、「オメシ」(神馬)の鞍に神霊を移した幣束(紙の祭具)を付け、馬の手綱を持った2人の青年が馬の両脇にしがみついて海岸を疾走する神事です。
吾妻神社の馬だしは、450年以上前から続き、飾り神輿が現れる前の古い形態を残す貴重な祭りで、平成29年3月に千葉県無形民俗文化財に指定されています。

期日

9月17日(日曜日)

  • 岩瀬海岸オメシ疾走
    日時:9月17日(日曜日)午後2時~午後3時

場所

岩瀬海岸/富津市岩瀬
吾妻神社/富津市西大和田

交通

JR内房線「大貫駅」下車
岩瀬海岸へは徒歩約10分、吾妻神社へは徒歩約30分

問い合わせ先

富津市商工観光課 電話:0439-80-1291

大原はだか祭り外部サイトへのリンク(いすみ市)

大原はだか祭り大原はだか祭りは、江戸時代から行われている伝統の秋祭りです。
9月23日には、十八社の神輿(みこし)がそろって大原漁港で五穀豊穣・大漁祈願を行った後、塩田川を渡り大原海水浴場へ移動し海に入る「汐ふみ(しおふみ)」を行います。
波の中で神輿をもみ合う様は勇壮豪快の一語につきます。
9月23日、24日の夕方には大原中央商店街通りから2社並列で唄い(うたい)囃(はや)しながら、もう一つの見どころ「大別れ(おおわかれ)式」会場の大原小学校へ向かいます。
会場に入った神輿は、他の神輿と争うかのように力の限り会場内を駆け回り、その足音が会場全体をふるわせます。

期間

9月23日(土曜日・祝日)~24日(日曜日)

場所

汐ふみ(大原海水浴場)
五穀豊穣・大漁祈願(大原漁港荷捌き所)/いすみ市大原11574番地
大別れ式(大原小学校)/いすみ市大原8530番地3

交通

JR外房線「大原駅」下車

問い合わせ先

いすみ市役所オリンピック・観光課 電話:0470-62-1243

このほかの観光イベント情報については下記でご覧いただけます。
「まるごとe!ちば」外部サイトへのリンク

インターネット放送局こぼれ話

チバテレで放送中の県広報番組「ウィークリー千葉県~ちばの旬な話題をお届け~」
ロケのエピソードや番組の中で紹介できなかったお話、リポーターのコメントなどについてご紹介します。

※放送終了後にインターネット放送局(http://www.pref.chiba.lg.jp/net-tv/)で再配信をおこなっています。

放送を見逃したという方、ぜひ、ご覧ください。

~救急医療を考える~
9月9日、救急の日の「ウィークリー千葉県~ちばの旬な話題をお届け~」。
救急医療をテーマに掲げ、千葉県救急医療センターなどを取材しました。

千葉県救急医療センターは、全国的にも珍しい独立型の救命救急センターです。しかも、県内唯一の「高度」救命救急センターとあって、24時間365日体制で重症救急患者や特殊疾病患者の救命医療を行わなければなりません。今回は、そんな救命救急医療に特化した、いわば「最後の砦」の様子を特別に撮影させていただきました。その中で印象に残った点を3つ紹介したいと思います。

まずは、廊下が広いこと。千葉県救急医療センターでは、患者さんがベッドごと病棟内を移動することが多く、このような造りになっているそうです。

そして、朝のカンファレンス。お疲れ気味の人からフレッシュそうな人まで、続々とドクターが押し寄せ、患者さんの容態を共有していました。会場は手狭なようで、部屋の外に設置されたモニターの前にも、真剣な面持ちをしたドクターが集まります。昼と夜とで対応を変えることなく救急医療サービスを提供するには、こうした体制を維持することが欠かせません。

最後に、救急患者が搬送されてきたときのこと。撮影隊も、偶然その場に居合わせました。患者さんの周りには、循環器科、脳神経外科、神経内科、心臓血管外科など各科の専門医が詰めかけました。一刻を争うということで運ばれてきた患者さん。ドクターは迅速かつ的確に対処しなければなりません。救命救急に携わる人の使命感を目の当たりにしました。

 

インタビュー風景
(千葉県救急医療センター)

インタビュー風景
(ちば消防共同指令センター)

AED講習

それではおしまいに、「ウィークリー千葉県~ちばの旬な話題をお届け~」9月の予定をお知らせします。
今週9月16日(土曜日)の特集コーナーは、「人材確保に向けて~中小企業の取り組み~」。中小企業の人材確保が課題となる中、採用や人材定着を支援する「千葉県採用力向上サポートプロジェクト」を紹介します。
続く9月23日(土曜日)は、「歴史を感じるまち酒々井」。10月に開催される「酒々井千葉氏まつり」を前に、酒々井町のお出掛け情報などを特集します。
そして、9月30日(土曜日)は、今年度2回目の特番「魅力いっぱいギュッ❤と千葉~秋の観光キャンペーン~」。放送時間を拡大し、県内の鉄道を使った観光情報をお届けします。どうぞお楽しみに。(Z)

インターネット放送局からのお知らせ

インターネット放送局では、県の1週間の主な出来事、県内の観光情報や重要施策についてリポートし、動画でわかりやすく紹介している「ウィークリー千葉県~ちばの旬な話題をお届け~」のほか、県広報特別番組の再配信や地域・県政の紹介をしています。

現在配信している最新の「ウィークリー千葉県~ちばの旬な話題をお届け~」

9月9日チバテレ放送分

今週の動き/ウィスコンシン州への千葉県友好使節団表敬訪問 ほか

特集コーナー/救急医療を考える

9月2日チバテレ放送分

今週の動き/平成29年度盲導犬贈呈式

特集コーナー/わたしたちができる災害対策

「ウィークリー千葉県~ちばの旬な話題をお届け~」は毎週土曜日午後10時~午後10時15分、チバテレで放送中です。ぜひ、ご覧ください。

現在配信している最新の「千葉の贈り物~まごころ配達人~」

9月3日フジテレビ放送分

防災ツアーで学ぶ(松戸市)

8月27日フジテレビ放送分

目指せ!農業経営者(東金市)

人々のまごころを通して、千葉の魅力を皆さまにお届けする「千葉の贈り物~まごころ配達人~」は毎週日曜日午前8時25分~午前8時30分、フジテレビ(関東ローカル)で放送中です。ぜひ、ご覧ください。

詳しくはこちらへ
インターネット放送局

編集後記

最後までご覧いただきありがとうございます。

秋と言えば、やっぱり「収穫の秋」、「食欲の秋」ですね!!
秋の千葉は、新米のほか、海の幸のイセエビや栗やサツマイモの味覚狩りを楽しむことができますよ。
秋の旬を味わいに、ぜひ秋の千葉を旅してみてくださいね♪

★次回の配信は9月27日(水曜日)です。お楽しみに♪♪

お問い合わせは:

「こんな情報がほしい」「こんな内容にしてもらいたい」など、なのはな情報マガジンへのご意見・ご感想をお待ちしています。
ページ末の「お問い合わせフォーム」からお気軽にどうぞ。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:総合企画部報道広報課放送・インターネット班

電話番号:043-223-2245

ファックス番号:043-227-0146

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?