サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年6月16日

なのはな情報マガジン第391号(平成29年6月14日発行)

菜の花の写真

平成29年度バックナンバー

※「なのはな情報マガジン」に登録していただいている方は、メールマガジンに記載しているURLアドレスをクリックすることで、メールマガジン配信と同時にこのページをご覧いただけます。

「なのはな情報マガジン」の登録はこちらから

県政トピックス
最近の新しい政策やニュースなどのうち、主要なものをお届けします。

情報スクエア
県が発表している各種公募・お知らせ情報の中からお届けします。

カルチャー情報
県施設のイベントや講座、コンサートなどの情報を紹介します。

観光イベント情報
県内の観光情報や話題のイベントを紹介します。

インターネット放送局こぼれ話
動画配信「千葉県インターネット放送局」とともにお楽しみください。

インターネット放送局からのお知らせ
最新番組(動画)を紹介します。

県政トピックス

このほかの県政ニュースについてはこちらからご覧いただけます。

最近の知事の動きはこちらからご覧いただけます。

情報スクエア

このほかの募集情報については下記でご覧いただけます。

「ご意見・ご提案・お問い合わせなど」

「イベント・公募情報」

カルチャー情報

美術館・博物館情報

体験教室「飛ばせ水ロケット」
県立関宿城博物館外部サイトへのリンク(野田市)

親子で協力して、ペットボトルで水ロケットを作り、当館周辺の広場で打ち上げます。できるだけ遠くに飛ばしてみましょう。

対象

小・中学生とその保護者

日時

7月23日(日曜日)
午前の部:午前10時~正午
午後の部:午後1時30分~午後3時30分

会場

県立関宿城博物館 集会室及び多目的広場

定員

各10名(申込先着順)

申込方法

電話

受付期間

6月23日(金曜日)午前9時から

参加費

200円

問い合わせ先

県立関宿城博物館 電話:04-7196-1400

コンサート・会館情報

千葉県文化会館開館50周年記念シンポジウム外部サイトへのリンク/千葉県文化会館(千葉市)

千葉県文化会館開館50周年を記念して、建築物としての千葉県文化会館をテーマにしたシンポジウムを開催。
今話題のドローンを使って撮影した文化会館の映像や普段見られない舞台機構の紹介、音の響きについて実演を交えた解説、館内見学など文化会館のすべてが分かります。

日時

7月9日(日曜日)正午開演

会場

千葉県文化会館 大ホール

入場料

無料 ※要事前申込み(電話またはホームページからお申し込み)

プログラム
  1. ウエルカムコンサート
    ○千葉交響楽団弦楽四重奏
  2. イントロダクション
    ○「現在の千葉県文化会館の紹介」
    ・ドローン研究の第一人者、野波健蔵氏<(株式会社)自律制御システム研究所CEO>の協力のもと、ドローンで撮影した映像で紹介!!
  3. パネルディスカッション
    ○「千葉県文化会館の誕生から半世紀~劇場の計画と設計」
    ・コーディネーター:草加叔也<(有限会社)空間創造研究所代表取締役>
    ・パネリスト:香山壽夫(東京大学名誉教授)、清水裕之(名古屋大学名誉教授)
  4. アトラクション
    ○普段見られない舞台機構や照明設備を紹介
    ○ホールの特性を大きく左右する音響効果について、
    「建築音響」の解説を交えたミニ演奏会
    ・演奏:山田実紀子(バイオリン)、佐藤ゆみ(ピアノ)
  5. ロビーイベント
    ○千葉大学
    ・「ロボットによる木材加工技術の開発」
    ・「3D技術を使った歴史的造形物の保存と立体再現」
    ・「エネルギーを自給自足する未来の住宅」
    ○千葉工業大学
    ・千葉県文化会館模型展示
    ○日本大学
    ・千葉文化の森模型展示
    ○(株式会社)自律制御システム研究所
    ・撮影に使用されたドローンの展示と紹介
問い合わせ先

千葉県文化会館 電話:043-222-0201

南総シネマ倶楽部「モアナと伝説の海」外部サイトへのリンク/千葉県南総文化ホール(館山市)

「アナと雪の女王」や「ズートピア」など、ヒット作を連発するディズニー・アニメーション・スタジオが、南の島と大海原を舞台に描いた長編アニメーション。

日時

7月2日(日曜日)

<開映>

  • 1回目/午前10時30分~
  • 2回目/午後1時30分~
  • 3回目/午後4時30分~

※開場は、各回30分前に行います。

会場

千葉県南総文化ホール 大ホール

入場料

<当日料金(自由席/前売料金、割引料金有り)>

  • 一般(高校生以上)1,300円(前売料金:1,000円)
  • シニア(60歳以上)1,100円(前売料金:900円)
  • 小人(3歳以上中学生以下)1,000円(前売料金:800円)
問い合わせ先

千葉県南総文化ホール 電話:0470-22-1811

平成29年度県民芸術劇場公演NANSO舞台芸術創造プロジェクト第19弾 開館20周年記念公演 みんなで歌おう!
歓喜の歌ベートーヴェン『南総の第九2017』~合唱団員募集!~外部サイトへのリンク

/千葉県南総文化ホール(館山市)

12月3日(日曜日)に行われる「南総の第九2017」を一緒に歌いませんか。
指揮者にはおなじみ現田茂夫、ソリスト陣には小林沙羅、山下牧子、錦織健、小林由樹を迎え音楽界を代表するアーティスト達でお贈りします。
管弦楽は千葉県唯一のプロオーケストラ、千葉交響楽団。
開館20周年のステージで「南総の第九」を歌い、ホールいっぱいに輝かしい声を響かせましょう。ご参加お待ちしております!

会場

千葉県南総文化ホール 大ホール

募集締切

6月25日(日曜日)

結団式

7月9日(日曜日)

問い合わせ先

千葉県南総文化ホール 電話:0470-22-1811

高木竜馬ピアノコンサート外部サイトへのリンク/千葉県東総文化会館(旭市)

第26回ローマピアノ国際コンクール優勝。
世界最高峰(ウィーン楽友協会黄金のホール)デビュー

日時

7月16日(日曜日)午後1時30分開演

会場

千葉県東総文化会館 小ホール

入場料

全席自由2,800円(税込)、学生2,000円(税込)

問い合わせ先

千葉県東総文化会館 電話:0479-64-2001

La Dill(ラ・ディル) コンサート/青葉の森公園芸術文化ホール外部サイトへのリンク(千葉市)

メジャーデビュー3周年。カウンターテナーからバリトンまで4オクターブ珠玉のハーモニー。
クラシック、ポップスの垣根を越えたアコースティックサウンドをお届けします。

日時

9月3日(日曜日)午後2時開演(午後1時30分開場)

会場

青葉の森公園芸術文化ホール ホール

入場料

(全席指定)S席3,000円/A席2,500円/B席2,000円
※未就学児のご入場はご遠慮ください。

出演

La Dill(彌勒忠史・坂下忠弘・金山京介・岩田健志)
ピアノ:吉田貴至

演奏曲

歌劇『トゥーランドット』より「誰も寝てはならぬ」(プッチーニ)、言葉にできない(小田和正)、どんなときも(槇原敬之)、マイウェイ(クロード・フランソワ)ほか

問い合わせ先

青葉の森公園芸術文化ホール 電話:043-266-3511

千葉交響楽団第102回定期演奏会~あふれる抒情への誘い~
/千葉県文化会館大ホール(千葉市)

第102回定期演奏会では、お客様から要望の多かったブラームスを皆様にお届けします。
指揮はお馴染みの音楽監督の山下一史。
ピアノにはクララ・ハスキル国際コンクール優勝で世界的に注目を浴び、国内外のオーケストラと共演し、高い評価を得られている河村尚子さんを初めてゲストにお迎えします。
山下一史の情熱あふれるタクトと、河村尚子さんの紡ぎだすピアノの華やかな音色で皆様をクラシックの世界にお誘いします。皆様のご来場をお待ちしております。

日時

10月15日(日曜日) 午後2時開演(午後1時15分開場)

会場

千葉県文化会館 大ホール(JR本千葉駅より徒歩10分)

入場料

(全席指定)S席4,000円/A席3,000円/B席2,000円
※大学生以下・65歳以上全券種とも500円引き、千葉交響楽団各種会員の方は、さらに全券種とも1割引き。
※未就学児の入場不可
※都合により出演者・曲目を変更する場合があります。

出演

指揮:山下一史(やました かずふみ)
ピアノ:河村尚子(かわむら ひさこ)

演奏曲

ブラームス特集
ピアノ協奏曲第2番変ロ長調作品83
交響曲第2番ニ長調作品73

問い合わせ先

千葉交響楽団事務局 電話:043-222-4231

観光イベント情報

関東随一第33回紅花フェスティバル/長福寿寺外部サイトへのリンク(長南町)

紅花フェスティバル長福寿寺は、延暦17年(798)桓武天皇の勅願(勅命による祈願)により伝教大師最澄(天台宗の宗祖)が創建した大変由緒ある寺院です。
寺院には、「1千年にも及ぶ歴史ロマンの花」といわれる「房総紅花」7万本が咲き誇ります。
期間中は、紅花の切花をはじめ、ここでしか食べることができない紅花アイス・紅花クッキー・紅花そば・紅花紅茶などを販売します。

日時

6月9日(金曜日)~6月20日(火曜日)午前9時~午後4時30分
※紅花の見頃は6月上旬~6月中旬

場所

長福寿寺/長生郡長南町長南969

交通

車:圏央道茂原長南ICから約3分
電車:JR外房線「茂原駅」から長南営業所行・牛久行・鶴舞行バス「愛宕町」下車、徒歩約3分

問い合わせ先

長福寿寺 電話:0475-46-1837

トウモロコシ収穫体験外部サイトへのリンク(館山市)

トウモロコシ体験農園でトウモロコシの収穫体験ができます。
収穫できるトウモロコシは、「味来」という品種で生でも食べることが出来ます。
糖度がメロンと同じくらいあり、大変人気があります。

時期

6月中旬~7月中旬

場所

百笑園/館山市藤原837

料金

600円/2本~(試食付き)
※育成状況によって本数・料金が変動します。

交通

富津館山道富浦ICから車で約30分

問い合わせ先

百笑園 電話:0470-28-3200

富里市すいかまつり外部サイトへのリンク(富里市)

富里市のスイカ富里市すいかまつり全国でも有数のすいかの名産地「富里市」のスイカの魅力がたっぷり楽しめるイベントです。
スイカにちなんだイベント、地元で採れた野菜の即売等を行っています。
前日に行う「すいか共進会」に出品されたスイカの即売も行います。

日時

6月18日(日曜日)午前9時~午後2時30分

場所

富里市役所敷地内/富里市七栄652-1

交通

京成線「京成成田駅」から千葉交通バス久能・両国行に乗り「富里中学校」または「富里農協・富里市役所」で下車

問い合わせ先

富里市市民経済環境部農政課 電話:0476-93-4943

水神祭外部サイトへのリンク/湊水神宮(市川市)

水神祭りの賑わい

Photo(C) Chikara SAITOU

地元漁師の豊漁や海難除けを祈願したお祭りで、川沿いの遊歩道には露店が多数出店されます。
100店舗ほどの露店は正午ころまでには飾り付けも完了しますが、賑やかになってくるのは午後6時から午後9時ごろです。

日時

6月24日(土曜日)午後5時~

場所

湊水神宮/市川市湊1

交通

JR総武線「本八幡駅」からバス「押切」下車、徒歩約1分
または東京メトロ東西線「行徳駅」から下車、徒歩約5分

問い合わせ先

市川市観光協会 電話:047-711-1142

 

このほかの観光イベント情報については下記でご覧いただけます。

「まるごとe!ちば」外部サイトへのリンク

インターネット放送局こぼれ話

チバテレで放送中の県広報番組「ウィークリー千葉県」

ロケのエピソードや番組の中で紹介できなかったお話、リポーターのコメントなどについてご紹介します。

※放送終了後にインターネット放送局(http://www.pref.chiba.lg.jp/net-tv/)で再配信をおこなっています。

放送を見逃したという方、ぜひ、ご覧ください。

千葉県に眠る天然資源~ヨウ素・天然ガス~

6月10日放送の「ウィークリー千葉県」特集コーナーでは、千葉県に眠る天然資源として天然ガスとヨウ素について紹介しました。

千葉県の地下深くに「かん水」という形で存在する水溶性天然ガス。セパレーター施設で、ガスを取り終えた直後の「かん水」を舐めさせていただきました。ただ単にしょっぱいだけでしたが、太古の海水と聞くと、悠久の時を感じるかのような気分になるから不思議なものです。

さて、今回の取材を通して、長生・夷隅地域では、天然ガスが日常生活に溶け込んでいることがわかってきました。いくつかを紹介したいと思います。

まずは、天然ガスが噴出する川。睦沢町内を流れるとある川には、断層が関係しているのか、ガスが噴き出るポイントがあります。このポイントは、事前に取材先の現地確認に伺った際に案内していただきました。事前に訪れた際は、水中からブクブクと泡が出ていましたが、残念ながら撮影当日は、直前に降った大雨が原因なのか水泡は一切出ず、カメラに収めることはかないませんでした。ちなみに、ここでは大した量のガスが噴出しないので、火をつけたとしてもすぐに消えてしまうそうです。

続いて、ガス井。県内には、およそ600もの天然ガス採取用の井戸があるそうです。井戸を掘削する段階では、櫓を建てるなど大掛かりな現場となりますが、ガスを採取するようになると、驚くほどこじんまりした施設になってしまいます。油田にあるようなものを想像していましたが、ガス井戸は、田んぼの一角にひっそりとたたずんでいました。ガス井だと知らなければ、灌漑設備かなんかだろうくらいにしか思わないくらいです。

そして、最後は「自宅にガス田」。美しい里山の風景が広がる睦沢。道中通りがかった住宅では、自家用にガスを採取しているのか、建物からホースが伸びる光景が印象的でした。(Z)

ガスを分離した後のかん水

 

 

 

 

意外と小さいガス田

 

 

 

 

出来立てほやほやのヨウ素

引き続き、6月の番組をご紹介します。

  • 6月17日「外来生物防除の取り組み」
  • 6月24日「ちばテク~地域に根ざした職業訓練~」
  • 7月1日「我が家のCO2CO2スマート大作戦」

インターネット放送局からのお知らせ

インターネット放送局では、県の1週間の主な出来事、県内の観光情報や重要施策についてリポートし、動画でわかりやすく紹介している「ウィークリー千葉県」のほか、県広報特別番組の再配信や地域・県政の紹介をしています。

現在配信している最新の「ウィークリー千葉県」

6月10日チバテレ放送分

今週の動き/東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会による釣ヶ崎海岸視察 ほか

特集コーナー/千葉県に眠る天然資源~ヨウ素・天然ガス~

4月29日チバテレ放送分

今週の動き/自転車マナーアップキャンペーン ほか

特集コーナー/あじさい花咲くまち 多古町

「ウィークリー千葉県」は毎週土曜日午後10時~午後10時15分、チバテレで放送中です。ぜひ、ご覧ください。

現在配信している最新の「千葉の贈り物~まごころ配達人~」

6月11日フジテレビ放送分

江戸前船橋瞬〆すずき(船橋市)

6月4日フジテレビ放送分

極上“ぜいたくトマト”(君津市)

人々のまごころを通して、千葉の魅力を皆さまにお届けする「千葉の贈り物~まごころ配達人~」は毎週日曜日午前8時25分~午前8時30分、フジテレビ(関東ローカル)で放送中です。ぜひ、ご覧ください。

詳しくはこちらへ
インターネット放送局

編集後記

最後までご覧いただきありがとうございます。

 

皆さんのお気に入りの傘やレインコートは、何色ですか?
千葉県マスコットキャラクターのチーバくんは、「黄色」のレインコートとレインブーツを用意して、梅雨の準備は万端だそうですよ。
お近くのイベントでチーバくんに出会ったら、チーバくんへ声をかけてみてくださいね。

チーバくんツイッター外部サイトへのリンク

チーバくんのレインコート姿

 

チーバくんとアジサイ

 

★次回の配信は6月28日(水曜日)です。お楽しみに♪♪

お問い合わせは:

「こんな情報がほしい」「こんな内容にしてもらいたい」など、なのはな情報マガジンへのご意見・ご感想をお待ちしています。
ページ末の「お問い合わせフォーム」からお気軽にどうぞ。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:総合企画部報道広報課放送・インターネット班

電話番号:043-223-2245

ファックス番号:043-227-0146

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?