ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年4月14日

なのはな情報マガジン第387号(平成29年4月12日発行)

菜の花の写真

平成28年度バックナンバー

※「なのはな情報マガジン」に登録していただいている方は、メールマガジンに記載しているURLアドレスをクリックすることで、メールマガジン配信と同時にこのページをご覧いただけます。

「なのはな情報マガジン」の登録はこちらから

県政トピックス
最近の新しい政策やニュースなどのうち、主要なものをお届けします。

情報スクエア
県が発表している各種公募・お知らせ情報の中からお届けします。

カルチャー情報
県施設のイベントや講座、コンサートなどの情報を紹介します。

観光イベント情報
県内の観光情報や話題のイベントを紹介します。

インターネット放送局こぼれ話
動画配信「千葉県インターネット放送局」とともにお楽しみください。

インターネット放送局からのお知らせ
最新番組(動画)を紹介します。

県政トピックス

  • 千葉県イメージアップ動画【2nd ver.】について
    /県では、東京オリンピック・パラリンピックを見据え、キャンプ誘致や外国人観光客の増加などにつなげるため、平成27年度から本県の魅力をアピールし、イメージアップを図る動画を制作しています。幻想的な「鋸山」の映像や、ダイナミックな「ちばアクアラインマラソン2016」、「屏風ヶ浦」の空撮映像などを新たに加えて編集した「千葉県イメージアップ動画【2nd ver.】(セカンドバージョン)」を制作しました。
  • いじめ防止啓発強化月間について(平成29年4月)
    /千葉県いじめ防止対策推進条例では、「いじめの防止等に関する県民の理解を深めるため、毎年4月を、いじめ防止啓発強化月間とする」と定めています。
    県教育委員会は、強化月間であるこの4月に、市町村教育委員会や学校等と協力して、以下の事項について、特に重点的に取り組みます。

このほかの県政ニュースについてはこちらからご覧いただけます。

最近の知事の動きはこちらからご覧いただけます。

情報スクエア

このほかの募集情報については下記でご覧いただけます。

「ご意見・ご提案・お問い合わせなど」

「イベント・公募情報」

カルチャー情報

美術館・博物館情報

トピックス展「なつかし昭和のくらしとクルマ」/県立中央博物館大利根分館外部サイトへのリンク(香取市)

大利根分館は、平成29年4月から通常開館しています。
自家用車の普及が始まる昭和30年代を取り上げ、当時のくらしの様子や車を
紹介します。

期間

5月7日(日曜日)まで
午前9時~午後4時30分(入館は午後4時まで)
※月曜日休館

会場

県立中央博物館大利根分館

入場料

一般200円、高校・大学生100円、中学生以下・65歳以上・障害者手帳をお持ちの方とその介助者は無料

問い合わせ先

県立中央博物館大利根分館電話:0478-56-0101

2017国際博物館の日記念事業昔のくらし展/県立関宿城博物館外部サイトへのリンク(野田市)

昔なつかしい、かつての生活用品や農工具などを展示します。

日時

4月25日(火曜日)~7月2日(日曜日)
午前9時~午後4時30分(入館は午後4時まで)
※月曜日休館(5月1日は開館)、
月曜が祝日・振替休日の場合は開館し、翌日休館

会場

県立関宿城博物館3階多目的室

入場料

一般200円、高校・大学生100円、中学生以下・65歳以上・障害者手帳をお持ちの方とその介助者は無料

問い合わせ先

県立関宿城博物館学芸課電話:04-7196-1400

コンサート・会館情報

親子deオペラ鑑賞デビュー「シンデレラ物語」~二期会BLOC千葉オリジナル版~外部サイトへのリンク/東金文化会館(東金市)

 

0歳から入場できる、参加型のオペラ公演です。
お子さんのオペラデビューに、ぜひお越しください。

 

日時

5月27日(土曜日)午後2時開演

会場

東金文化会館小ホール

入場料

(全席自由)大人:1,500円、子ども(小学生以下):1,000円
※3歳未満は膝上での鑑賞の場合無料

出演

二期会BLOC千葉

問い合わせ先

  • 東金文化会館電話:0475-55-6211
  • 千葉県文化会館電話:043-222-0201

「亀山勝子&亀山法男昭和を歌うセンチメンタルコンサート皆さまが主役歌声ホール」/青葉の森公園芸術文化ホール外部サイトへのリンク(千葉市)

心わくわく昭和歌謡のオンパレード!皆さまとともに歌う気持ちよさ!
主役はあなたです!

日時

4月16日(日曜日)午後2時開演(午後1時30分開場)

会場

青葉の森公園芸術文化ホールホール

入場料

(全席自由)前売券1,300円当日券1,800円
※新宿ともしび歌集「うたの世界111」当日配布(チケット半券と交換)

出演

亀山勝子、亀山法男

問い合わせ先

青葉の森公園芸術文化ホール電話:043-266-3511

千葉交響楽団第101回定期演奏会~北の情景そして熱い心~外部サイトへのリンク/習志野文化ホール(習志野市)

音楽監督の山下一史が長年温めてきたシベリウスの交響曲第2番を披露します。
情熱あふれるタクトで皆様のこころに北欧の魂をお届けします。また、昨年の仙台国際音楽コンクールで3位入賞の若手バイオリニストの青木尚佳さんが、チャイコフスキーのバイオリン協奏曲を演奏します。
皆様のご来場をお待ちしております。

日時

5月20日(土曜日)午後1時15分開場予定/午後2時開演予定

会場

習志野文化ホール(JR津田沼駅南口より徒歩4分)

入場料

(全席指定)S席4,000円/A席3,000円/B席2,000円
※大学生以下・65歳以上全券種とも500円引き、
千葉交響楽団各種会員の方は、さらに全券種とも1割引き。
※未就学児の入場不可
※都合により出演者・曲目を変更する場合があります。

出演

  • 指揮:山下 一史(やました かずふみ)
  • バイオリン:青木 尚佳(あおき なおか)

問い合わせ先

千葉交響楽団事務局電話:043-222-4231

観光イベント情報

いちはらアート×ミックス2017~晴れたら市原、行こう~外部サイトへのリンク/市原市南部地域(市原市)

若葉と花に彩られた里山首都近郊の美しい里山や廃校を舞台にして、現代アートの作品展示、体験型のワークショップなどを開催しています。地域の方々との心温まる交流や、地元の食材を使った食事(里山食堂、農家レストラン)なども楽しめます。
若葉と花に彩られた里山で現代アートを体験しませんか。

日時

5月14日(日曜日)まで午前10時~午後5時

場所

市原市の南部地域

料金

鑑賞パスポート一般2,000円学生(高校生以上)1,000円
中学生以下無料※個別鑑賞券もあり

交通

JR内房線「五井駅」から小湊鐵道「上総牛久駅」以南の駅で下車

問い合わせ先

いちはらアート×ミックス実行委員会電話:0436-50-1160

成田太鼓祭外部サイトへのリンク/成田山新勝寺と成田山表参道(成田市)

太鼓の轟音とパフォーマンス成田太鼓祭成田山新勝寺と成田山表参道一帯を舞台に、全国各地から集まった約50団体、総勢約1,500人(延べ参加人数)の実力派の和太鼓演奏者達により盛大に開催されます。日本屈指の太鼓の祭典として知られており、観客は例年20万人を超え、身体の奥底に響き渡る太鼓の轟音とパフォーマンスとが、圧倒的な迫力で繰り広げられます。

期間

4月15日(土曜日)~4月16日(日曜日)

場所

成田山新勝寺境内、成田山表参道

交通

JR成田線「成田駅」、京成電鉄京成「成田駅」から下車徒歩約15分

問い合わせ先

成田太鼓祭実行委員会事務局電話:0476-24-3232

2017チューリップフェスティバル外部サイトへのリンク/あけぼの山農業公園(柏市)

風車前に広がるチューリップ公園のシンボルである風車前に広がる16万本のチューリップが見ごろを迎え、模擬店や各種ステージイベントも盛りだくさんで開催されます!
※公園周辺の道路は大変混雑しますので、公共交通機関をご利用ください。

日時

4月15日(土曜日)~16日(日曜日)9時30分~15時00分※予定

場所

あけぼの山農業公園/柏市布施2005-2

交通

JR常磐線「我孫子駅」北口から阪東バス「あけぼの山公園入口」行き
終点下車徒歩7分
JR常磐線・東武アーバンパークライン「柏駅」西口から臨時バスあり

問い合わせ先

あけぼの山農業公園電話:04-7133-8877

佐原五月人形めぐり外部サイトへのリンク/佐原の商家等(香取市)

五月飾り佐原おかみさん会が運営する「佐原まちぐるみ博物館」の半数以上で期間中、老舗に伝わる年代ものの人形など、家々で大切にしている五月飾りを公開します。
佐原町並み交流館などの周辺施設でも五月人形が飾られ、町なかを中心に個性豊かな人形たちと出会えます。店先に掲げられる若草色の招き布を目印に、ゆっくりとまちを巡ってご覧ください。

期間

4月15日(土曜日)~5月14日(日曜日)

場所

佐原の商家等/香取市佐原

交通

JR成田線「佐原駅」下車徒歩10分

問い合わせ先

佐原おかみさん会電話:080-5455-7577

つつじまつり外部サイトへのリンク/清水公園(野田市)

咲き誇るつつじ園内には約100種類、2万株のつつじが咲き誇り、鮮やかな色彩が楽しめます。
中には樹齢約300年の古木もあります。

期間

4月22日(土曜日)~5月7日(日曜日)※予定

場所

清水公園/野田市清水906

交通

東武野田線(東武アーバンパークライン)「清水公園駅」下車徒歩10分

問い合わせ先

清水公園電話:04-7125-3030


 

このほかの観光イベント情報については下記でご覧いただけます。

インターネット放送局こぼれ話

チバテレで放送中の県広報番組「ウィークリー千葉県」

ロケのエピソードや番組の中で紹介できなかったお話、リポーターのコメントなどについてご紹介します。

※放送終了後にインターネット放送局(http://www.pref.chiba.lg.jp/net-tv/)で再配信をおこなっています。

放送を見逃したという方、ぜひ、ご覧ください。

~4月から新しいリポーターでスタート~

ウィークリー千葉県のリポーターが変わります!ということで、先日、チバテレのスタジオにキャスターの木次さんと新リポーターが集合して、番宣の収録を行いました。新リポーターは、写真左から、佐藤由季さん、瀬戸山知花さん、敷波美保さん、矢尾明子さんの4人、そして、キャスターは引き続き、木次真紀さんです。

今年度第1回目の放送となるこの日、リポーターさんが全員集合して、番宣や広報用の写真を撮影するということで、さっそく立ち合いに行ってきました。

リポーターとキャスター合わせて5人ということで、大変華やか雰囲気の中、順調に撮影が行われました。リポーターさんたちもお互いが初対面だというのに、あっという間に仲良くなって、女子トークに盛り上がっていました。

新しいリポーターさんたちと、これからもちばの旬な情報を皆様にお届けしていきたいと思います。

さて、今年度第1回目の特集は、「ちばの恵みでまんてん笑顔 ~ちばの食育~」と題して放送しました。海の幸、山の幸に恵まれた千葉県。新鮮な県産の食材を使った食育推進の取り組みを紹介しました。

番組の中では、旬の食材を使ったたくさんのレシピも紹介され、さながらお料理番組のようにも見えますが、しっかりと食育の大切さもお伝えしました。

トップバッターのリポーターは瀬戸山さんでした。食レポは初めてということでしたが、大変おいしそうにレポートしていましたよ。もちろん、本題の食育についての説明も完璧でした。

是非ご覧ください。

今年度も「ウィークリー千葉県」は土曜日夜10時、チバテレで放映します。どうぞよろしくお願いします。(K)

新しい4人のレポーターさん

新しい4人のリポーターさん

息もぴったりな撮影風景

息もぴったりな撮影風景

引き続き、4月中の番組をご紹介します。

  • 15日「春の味覚狩り」
    タケノコ狩りや潮干狩りなどの体験情報を紹介します。リポーターは、敷波さんの予定です。
  • 22日「里山が舞台の芸術祭」
    市原南部で開催される「いちはらアート×ミックス」。地域の取り組みと見どころなどを紹介します。リポーターは、佐藤さんの予定です。
  • 29日「応援します!ちばのベンチャー企業」
    県内のベンチャー企業を支援する取り組みを紹介します。リポーターは、矢尾さんの予定です。

インターネット放送局からのお知らせ

インターネット放送局では、県の1週間の主な出来事、県内の観光情報や重要施策についてリポートし、動画でわかりやすく紹介している「ウィークリー千葉県」のほか、県広報特別番組の再配信や地域・県政の紹介をしています。

現在配信している最新の「ウィークリー千葉県」

4月8日チバテレ放送分

今週の動き/国際医療福祉大学医学部入学式・開設記念式典ほか

特集コーナー/ちばの恵みでまんてん笑顔~ちばの食育~

3月25日チバテレ放送分

今週の動き/第23回千葉県建築文化賞表彰式ほか

特集コーナー/春の流山

「ウィークリー千葉県」は毎週土曜日午後10時~午後10時15分、チバテレで放送中です。ぜひ、ご覧ください。

現在配信している最新の「千葉の贈り物~まごころ配達人~」

3月5日フジテレビ放送分

里山と融合する芸術祭(市原市)

2月26日フジテレビ放送分

豪華!館山炙り海鮮丼(館山市)

人々のまごころを通して、千葉の魅力を皆さまにお届けする「千葉の贈り物~まごころ配達人~」は毎週日曜日午前8時25分~午前8時30分、フジテレビ(関東ローカル)で放送中です。ぜひ、ご覧ください。

詳しくはこちらへ
インターネット放送局

編集後記

最後までご覧いただきありがとうございます。

最後までご覧いただきありがとうございます。
新緑の春を感じる食べ物といえば「タケノコ」ですね。
県内各地では、収穫の喜びを体験できる「タケノコ狩り」を楽しむことができます。
採れたては焼きタケノコで食べると美味しいそうですよ。
皆さんも旬な食材で春を感じてみるのはいかがでしょうか。

★次回の配信は4月26日(水曜日)です。お楽しみに♪♪

お問い合わせは:

「こんな情報がほしい」「こんな内容にしてもらいたい」など、なのはな情報マガジンへのご意見・ご感想をお待ちしています。
ページ末の「お問い合わせフォーム」からお気軽にどうぞ。

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:総合企画部報道広報課放送・インターネット班

電話番号:043-223-2245

ファックス番号:043-227-0146

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?