ここから本文です。

更新日:令和元(2019)年7月5日

ちば県民だより(令和元年7月号)4面

7月21日(日曜日)は参議院議員選挙の投票日です
「さあ行こう その一票が 未来の一歩」

大切な一票です。棄権せず、必ず投票しましょう。

投票日時 7月21日(日曜日)7時〜20時

千葉県選挙区定数 3人

投票方法

  • 千葉県選出議員選挙(千葉県を一つの区域とする選挙) →「候補者名」を書いて投票
  • 比例代表選出議員選挙(全国を一つの区域とする選挙) →「候補者名または政党名」を書いて投票

投票日当日投票に行けない方へ

投票日当日、仕事やレジャーなどで投票に行けない方は、期日前投票または不在者投票ができます。

期間 7月20日(土曜日)まで

時間 原則8時30分〜20時

最近引っ越しをした方へ

4月4日(木曜日)以降に住民票を移した方は、新住所地では投票できません。

ただし、旧住所地に3カ月以上住んでいた場合は、旧住所地で投票ができます。選挙期間中に旧住所地に行けないときは、新住所地で不在者投票をすることも可能です。詳しくは、お住まいの市区町村選挙管理委員会にお問い合わせください。

問い合わせ 県選挙管理委員会 TEL 043(223)2142

千葉県とドイツ・デュッセルドルフ市が姉妹都市になりました!

森田知事は、5月23日(木曜日)から25日(土曜日)まで、吉本充(よしもと みつる)前県議会議長とともにドイツ連邦共和国デュッセルドルフ市を訪問し、14年間にわたり活発な交流を積み重ねてきた同市との姉妹提携合意書に署名しました。

アメリカ・ウィスコンシン州(平成2年5月)以来、29年ぶりの姉妹提携です。

これまでの交流について

平成16年のデュッセルドルフ市長の来県をきっかけに、平成17年に交流が始まりました。以降、経済や学術に加え、オーケストラの相互公演、卓球・テニス・サッカーなど多くの分野で青少年をはじめとする県民主体の交流を活発に続けています。

現地で毎年開催される「日本デー」に出展し、本県の魅力を発信しています。

  • 「日本デー」とは?デュッセルドルフ市や現地の日本人社会などで構成される実行委員会が平成14年から毎年5月または6月に開催している大規模な日本文化紹介イベント。今回は60万人が来場。千葉県は平成19年から毎年PRブースを出展しています。

姉妹提携について

今後、ヨーロッパでの県民の交流や本県の情報発信の拠点を確保することができ、人材育成や県経済の活性化も期待されることから、姉妹提携を行うこととしました。

5月25日、礒(いそ)在デュッセルドルフ日本国総領事や現地日本人社会の代表など、これまで交流を支えてくださった方々の同席のもと、ガイゼル市長と姉妹提携合意書に署名しました。また、「日本デー」の開会式で姉妹提携を発表しました。

デュッセルドルフ市ってどんなところ?

  • ドイツ西部に位置し、同国16州のうち最大の人口とGDPを誇るノルトライン=ヴェストファーレン州の州都。市の人口約64万人のうち在留邦人数は約7,600人に上り、ヨーロッパではロンドン、パリに次ぐ規模の日本人社会があります。
  • 州政府機関のほか、ドイツの主要企業本社、日本企業を含む外国企業が多数進出する州の政治・経済の中心地です。また、ドイツ第3の旅客数を有する国際空港、展示面積約30万平方メートルを誇る国際展示場があり、本県との共通点が多い都市です。

問い合わせ 県国際課 TEL 043(223)2394

千葉県立中央博物館 開館30周年記念 企画展
ほにゅうるい

身近な動物たち、動物園の人気者、ちょっと変わった珍獣まで、世界・日本・千葉県に生息する多様な哺乳類のはく製やホネを展示して、かたちや暮らし方を紹介します。

期間 7月13日(土曜日)〜9月23日(月曜日・祝日)

時間 9時〜16時30分(入館は16時まで)

休館日 月曜日(祝日の場合は開館し、翌日休館)

※7月22日(月曜日)、29日(月曜日)は開館。8月中は無休

入場料 一般500円、高校・大学生250円、中学生以下・65歳以上・障害者手帳などをお持ちの方とその介護者1人無料

【講演会】(各13時〜15時、定員各150人、当日先着順、要入場料)

  • 「極北の自然と野生動物」7月15日(月曜日・祝日) 講師:星野直子(ほしの なおこ)さん (星野道夫(みちお)事務所)
  • 「かいじゅう(海獣)のはなし」8月4日(日曜日) 講師:勝俣浩(かつまた ひろし)さん (鴨川(かもがわ)シーワールド)
  • 「まるで忍者!身近に暮らす動物のすがた」9月15日(日曜日) 講師:古谷益朗(ふるや ますお)さん(埼玉県農業技術研究センター)

【ミュージアムトーク】(要入場料)

開催期間中の毎週土曜日、研究員が展示を解説します。

各日11時〜11時30分、14時30分〜15時

【関連イベント】(要入場料)

「ほにゅうるい」の缶バッジをつくろう(材料費100円)
定員 100人
7月13日(土曜日)10時〜12時、13時〜15時

「ほにゅうるい」にさわってみよう
定員 各回30人
7月14日(日曜日)、9月22日(日曜日)10時〜、15時〜(各回60分)

アルパカとふれあいたいけん(保険料50円)
定員 各回10組
7月21日(日曜日)、9月8日(日曜日)10時〜、13時〜、15時〜(各回60分)

博物館フィギュア×ほにゅうるい(材料費200円)
定員 各回50人
8月11日(日曜日・祝日)10時〜12時、13時〜15時

哺乳類の頭骨の3D撮影教室
定員 20人(中学生以上対象。要事前申込、申込多数抽選)
8月18日(日曜日)13時〜(120分) 講師:森健人(もり けんと)さん(理学博士)
申込期間 7月18日(木曜日)〜8月4日(日曜日)

クジラのクラフトをつくろう
定員 各回30人(小学生以上対象・材料費など100円)
9月1日(日曜日)10時〜、15時〜(各回60分)

会場・申込先・問い合わせ 県立中央博物館(千葉市中央区青葉町955-2) TEL 043(265)3111(代)

HP 千葉県立中央博物館開館30周年記念企画展「ほにゅるい」外部サイトへのリンク

 

前のページ 次のページ

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:総合企画部報道広報課広報班

電話番号:043-223-2241

ファックス番号:043-227-0146

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?