ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年9月5日

ちば県民だより(平成29年9月号)8面

 チーバくんのお出かけガイド

浦安フェスティバル2017(浦安(うらやす)市)
日時 9月16日(土曜日)、17日(日曜日)各日10時〜
※パレード:17日14時30分〜19時頃

日本全国の祭りが集結する、浦安最大規模のイベント。駅前会場ではパレード参加団体による特産品販売など、公園会場ではご当地グルメやステージパフォーマンスなどが楽しめます。

17日は地元中学・高校吹奏楽部の演奏をはじめ、徳島阿波(あわ)踊りや長崎くんちなどの踊りのパレード、秋田竿燈(かんとう)や青森ねぶたなどの山車のパレードが登場。全国各地の華やかな祭りが満喫できます。

★チーバくんのおすすめ★

17日はとってもかわいい稚児(ちご)行列や地元小学生の舞も披露されるよ

場所 16日:新浦安駅前、総合公園
   17日:新浦安駅前、総合公園、シンボルロード(日の出・明海5丁目付近〜)

交通 JR京葉線新浦安駅下車

   ※無料シャトルバスあり(東京メトロ東西線浦安駅〜新浦安駅〜総合公園)

問い合わせ 浦安フェスティバル2017実行委員会 TEL 047(712)6297

浦安フェスティバル2017

やちまた落花生まつり(八街(やちまた)市)
日時 9月24日(日曜日)10時〜15時(小雨決行)

生産量全国第1位を誇る、八街の落花生を味わおう!強い甘みが特徴のジャンボ落花生「おおまさり」の試食・販売のほか、落花生殻むき大会など、落花生にちなんだイベントを開催。そのほか、八街特産の生姜(しょうが)を使った「八街生姜ジンジャーエール」の試飲・販売や新鮮野菜などがずらりと並びます。

地元出身アーティストのステージなども見どころ。八街の食を味わいながら楽しんでみませんか。

★チーバくんのおすすめ★

10月中旬まで、落花生掘り取り体験ができるよ。観光農園マップは「八街市推奨の店『ぼっち』」でゲット!

場所 八街駅北口ロータリー隣

交通 JR総武本線八街駅北口すぐ

問い合わせ やちまた落花生まつり実行委員会 TEL 043(443)1405

やちまた落花生まつり

 拝見! 千葉の輝き(65)
有限会社 柏ビーズ(柏市)

一粒一粒のビーズに思いを込めて

江戸時代にヨーロッパから入ってきたといわれるビーズ玉。レースや布地に縫い付けたビーズ刺しゅうは、光の当たり方で変わる輝きや、しなやかな手触り、繊細で鮮やかな色彩が魅力です。

昭和11年創業の柏ビーズでは、ビーズ刺しゅうを施した美しいバッグなどを国内で唯一、デザインから製造・販売まで一貫して行っています。華やかで重厚感漂う品は、世代を超えて使い継がれています。

「60年前に父が作ったバッグを私が修理したこともあるんですよ」と柏ビーズの二代目で細工職人の仙田秀一(せんだ しゅういち)さんは語ります。

父の鎮雄(まさお)さんの下で修業を重ねた秀一さん。下絵の描かれた布に、直径2ミリに満たない国産ガラスビーズを2粒ずつ丁寧に縫い付けていきます。2粒ずつだと丈夫で、たとえ糸が切れてもバラバラになりにくく修理もしやすいそうです。

糸の張り具合も重要で、きつくすると表面がでこぼこし、緩すぎると布地とビーズの間に隙間が空いてしまいます。

「『爪一枚、針一本分』との教えどおり、ビーズの隙間は爪一枚分がちょうどいい。付かず離れずの関係が大切です」と秀一さん。

バッグの他にも、携帯ケースや眼鏡ケース、名刺入れや小銭入れなど種類はさまざま。和の雰囲気を残しつつ、時代のニーズに合わせた品を制作しています。

「結婚式や卒業式など、人生の節目に役立つ品を作れるのはありがたいことです。良い品を次代に残すことが、この仕事の意義だと思います。今後も技を継承していきたい」と秀一さん。隣で三代目の和雅(かずまさ)さんがしっかりとうなずきました。

問い合わせ 有限会社柏ビーズ TEL 04(7143)4181

 旬のレシピ ちばの味 140

千葉の郷土料理をお手軽に
落花生おこわ&みそ

落花生みそ

落花生おこわ

〈材料〉(4人分)

煎(い)り落花生(殻なし渋皮付き) 100グラム

もち米 3合(450グラム)

水 500cc

ごま塩 少々

(1人分/約240キロカロリー 脂質12.6グラム 食塩相当量0.1グラム)

【作り方】
  1. もち米は洗ってざるに取り、水を切る。
  2. 炊飯器にもち米と水、渋皮を付けたままの落花生を入れて炊く。器に盛り、食べる前にごま塩を振る。

落花生みそ

〈材料〉(4人分)

煎り落花生(殻なし渋皮付き) 100グラム

みそ 80グラム

砂糖 60〜80グラム(好みで加減)

酒 大さじ1

サラダ油 少々

(1人分/約270キロカロリー 脂質15.9グラム 食塩相当量1.2グラム)

【作り方】
  1. フライパンにサラダ油を入れて熱し、渋皮付きの落花生を弱火で1分ほど炒める。
  2. みそ、砂糖を加え砂糖が溶けるまで炒める。酒を入れ、煮詰めながら手早く落花生に絡める。好みの固さより少し柔らかいくらいになったら火を止めてすぐに器に広げ、冷ます。

<コツ>

入手しやすい煎り落花生を使ったレシピです。生の落花生で作る場合、おこわは洗ったもち米と落花生を一晩水に漬けてから水を切って炊き、落花生みそは1.で10分ほど炒めます。お好みでおこわに小豆やささげを入れて炊いたり、落花生みそにゴマやはちみつを加えたりしてもよいでしょう。

〔調理協力・千葉伝統郷土料理研究会〕

落花生の豆知識

ビタミンEを多く含み、老化予防や美肌づくりに役立ちます。赤茶色の渋皮には抗酸化作用の高いポリフェノールが含まれているので一緒に食べるようにしましょう。

問い合わせ 県報道広報課 TEL 043(223)2241

レシピの動画は、千葉県ホームページ「インターネット放送局」でご覧になれます。

HP ウィークリー千葉県

 

前のページ

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:総合企画部報道広報課広報班

電話番号:043-223-2241

ファックス番号:043-227-0146

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?