ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年9月5日

ちば県民だより(平成29年9月号)5面

 全国自治体病院学会県民公開講座

日時 10月20日(金曜日)13時〜15時5分(12時30分開場)

会場 幕張メッセ国際会議場(JR京葉線 海浜幕張駅から徒歩5分)

講演 (1)「人と関わるロボットの研究開発は医療分野に何をもたらすのか?」(13時〜14時)

講師:石黒浩(いしぐろ ひろし)さん(大阪大学栄誉教授、ロボット工学者)

(2)「機械の世界と生き物の世界」(14時5分〜15時5分)

講師:養老孟司(ようろう たけし)さん(東京大学名誉教授、解剖学者)

定員 1,200人(当日先着順)

問い合わせ 地方独立行政法人総合病院国保旭中央病院 TEL 0479(63)8111

HP 第56回全国自治体病院学会外部サイトへのリンク

 成田空港親子見学バスツアー

対象 小学4〜6年生とその保護者

日程 <千葉駅発>10月22日(日曜日) 9時〜16時

<柏駅発>10月29日(日曜日) 8時30分〜16時30分

内容 成田空港(通常見られないランプコントロールタワーや整備用格納庫など)、航空科学博物館の見学。昼食付き。

定員 各日20組40人(申込多数抽選)

申込方法 はがき(62円)に、希望する出発地、小学生と保護者の氏名(ふりがな)・生年月日、郵便番号、住所、自宅および携帯の電話番号を書いて郵送(1通につき小学生と保護者各1人まで)

※当選者には10月12日(木曜日)までに参加証を郵送。

締め切り 9月28日(木曜日)必着

問い合わせ・申込先 〒260-0026 千葉市中央区千葉港4-3-301 成田空港活用協議会事務局 TEL 043(306)2411

 9月9日は「救急の日」
〜救急車・救急医療は限りある資源です〜

9月9日(土曜日)は「救急の日」、9月3日(日曜日)から9月9日までは、「救急医療週間」です。この機会に、大切な救急医療について考えてみませんか。

救急医療は適正に利用しましょう

  • 夜間・休日の救急医療は、どの地域も不足しています。救急医療を本当に必要としている緊急・重症の方が安心して受診できるよう、緊急・重症の場合以外は通常の診療時間内に受診するなど、適切に利用しましょう。
  • 軽い症状なのに救急車を呼んだり、救急車をタクシー代わりに利用したりすることが問題になっています。本当に救急車が必要な方の元へ到着が遅れることがあるため、不要・不急の利用は控えましょう。

救急車を呼ぶか迷ったら…

急な病気やけがをしたとき、「救急車を呼んだ方がいい?」「今すぐ病院に行った方がいい?」などの相談に看護師などが電話でアドバイスします。

<夜間・休日>

「救急安心電話相談」 TEL 03(6735)8305
10月1日(日曜日)から始まります!

受付時間 平日・土曜日 18時〜23時、日曜日・祝日 9時〜23時

<子ども>

「こども急病電話相談」 TEL 短縮ダイヤル♯8000

受付時間 毎日 19時〜翌朝6時

※ダイヤル回線、IP電話、光電話、銚子市からは TEL 043(242)9939

問い合わせ 県医療整備課 TEL 043(223)3879・3886

 千葉のコレ知ってる? 38
干潟八万石(ひがたはちまんごく)

広大な湖「椿海(つばきのうみ)」

現在の旭(あさひ)市、匝瑳(そうさ)市、東庄(とうのしょう)町にまたがって、かつて「椿海」という湖が広がっていました。その大きさは、東西に約12キロメートル、南北に約6キロメートルあったと伝えられています。

「干潟八万石」の誕生

江戸時代初期、江戸では人口の急増による米不足で、米の価格が高騰していました。農地を広げて米不足を解消しようと考えた商人白井治郎右衛門(しらいじろうえもん)と幕府の大工頭辻内刑部左衛門(つじうちぎょうぶざえもん)は、江戸の瑞聖寺(ずいしょうじ)住職鉄牛(てつぎゅう)の助けを借りて幕府に椿海の干拓を願い出ます。

幕府の許可が下りて工事が始まったのは1669(寛文9)年末ごろ。工事の影響による水田への被害を心配した周辺農民の反発や、資金不足に苦心しながらも干拓が行われました。田畑として作付けできるようになった1695(元禄8)年にようやく検地が実施され、干拓地の18村に名前が付いたのはその翌年でした。

現在の豊かな水田へ

しかしその後、干拓地とその周辺ではたびたび水害が発生。さらに椿海を水源としていた地域は水不足に悩んでいました。これらの問題を解決するため大利根用水が整備されるなど、工事は昭和まで行われました。

現在、この地は改良されて、一面黄金色の稲穂が波打つ美しい水田となっています。


干拓前の椿海


現在の干潟八万石

 前のページ 次のページ

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:総合企画部報道広報課広報班

電話番号:043-223-2241

ファックス番号:043-227-0146

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?