ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年9月5日

ちば県民だより(平成29年9月号)2面

ちばの味覚まるごとご紹介!

千葉県は全国有数の農産物の産地です。

新鮮でおいしい農産物や、旬の味覚狩り・収穫体験などをご紹介します。

HP 教えてちばの恵み

問い合わせ 県流通販売課

TEL 043(223)3085 FAX 043(227)8307

秋の味覚いろいろ

千葉県は東日本でも有数の早場米の産地です。県が育成した「ふさこがね」「ふさおとめ」そして一番多く作られている「コシヒカリ」。どれも自慢のお米をお届けしています。

  • ふさこがね…粒が大きくふっくらした炊き上がりと、やや柔らかくもっちりとした食感。冷めても硬くなりにくいので、おにぎりや巻き寿司などにも適しています。
  • ふさおとめ…ほのかな甘みと、あっさりした程よい粘り気。粒が大きく、炊いた時のつやと見栄えがとても良い品種です。
  • コシヒカリ…粘り気が強く、つやつやしてほんのり甘みのある味わいが特徴。かめばかむほど味が出て、後味が長く残ります。

落花生

国内産落花生の約8割が千葉県産です。収穫は9月ごろから10月中旬ごろまで行われます。

ゆで落花生は、堀りたての落花生をさやごとゆでたもの。豆の甘みがじんわり広がり、ほっくりした食感です。落花生が新鮮な収穫時期にだけ味わうことのできる、千葉ならではの味です。

  • 郷(さと)の香(か)…甘みがあり、ゆで落花生に適した品種です。
  • おおまさり…粒がとても大きく、甘みがあり柔らかい品種です。ゆで落花生に適した品種です。

梨の栽培面積、収穫量、産出額が日本一の千葉県。8月上旬ごろから、爽やかな甘さの「幸水(こうすい)」、8月下旬から甘さと酸味のバランスが良く、濃厚な味わいの「豊水(ほうすい)」、9月上旬からは甘くてみずみずしい「あきづき」、9月下旬からは大玉で日持ちの良い「新高(にいたか)」と、さまざまな品種の梨が10月まで楽しめます。

サツマイモ

千葉県は産出額全国第2位のサツマイモの産地です。ほくほくした食感ときれいな黄色で料理に使いやすい「ベニアズマ」を中心に、強い甘みとねっとりした食感で焼き芋での人気が高まっている「べにはるか」や「シルクスイート」、果肉が紫色の「パープルスイートロード」など、さまざまな品種が作られています。

新米キャンペーン開催中!

千葉の米のおいしさを知っていただくため、新米キャンペーンを開催中です。

購入した「ちばの新米」に付いている応募シールをはがき(62円)に貼り、住所・氏名など、必要事項を書いて応募すると、抽選で「チバザポーク(県産豚肉)」や「県産高級海苔(のり)」などをプレゼント!詳しくは、対象商品に付いているシールに記載の応募方法をご覧ください。

応募期間 10月31日(火曜日)まで(消印有効)

応募先 〒260-8667 千葉市中央区市場町1-1 千葉県庁内郵便局留 「いちばん米!ちば米!新米キャンペーン」係

HP ちばのお米のホームページ外部サイトへのリンク

Chef's CHIBA(シェフズ・ちば)
おいしく楽しくちばを召し上がれ!

海から、大地から、豊かな贈り物が届けられる千葉県。そんな多彩な「ちばの恵み」をふんだんに使った料理を、一年を通して楽しめる「Chef's CHIBA」登録店は優れた千葉の食材を提供する店です。

週末にご家族で、お仕事帰りに気軽に、心ゆくまでシェフ自慢の料理を味わってみませんか?

「Chef's CHIBA」を紹介した冊子は県流通販売課で配布しています。

また、登録された飲食店の詳しい情報はホームページで紹介しています。

※Chef's CHIBA…千葉の食材の魅力を発信するため、首都圏都市部の飲食店を対象に平成27年度から始まった登録制度です。

HP シェフズ・ちば

グリーン・ブルーツーリズムを楽しもう!

千葉県には、美しい景観や、郷土料理、伝統文化など、豊かな自然に育まれた魅力がたくさん!梨やブドウなどの味覚狩りをしたり自然と触れ合ったり、川や海・田園風景などを楽しむ「グリーン・ブルーツーリズム」が体験できます。

県では、気軽に収穫体験を楽しめる観光農園や新鮮な農林水産物が買える直売所など、地域の人々とも交流できる施設を掲載した冊子を県流通販売課で配布しています。

実りの秋を、千葉で楽しんでみませんか?

HP 大地と海のグリーン・ブルーツーリズムinちば

今、注目の食材
「房総ジビエ」って何だろう?

「ジビエ」は、フランス語で「狩猟で得た野生鳥獣の肉」のことです。千葉県では野生のイノシシやシカによる農作物被害が大きく、その対策の一環として県内で捕獲された肉を「房総ジビエ」として活用を進めています。

野生動物の肉はクセやにおいがきついというイメージがありますが、新鮮なうちに適切な精肉処理をすればおいしく召し上がっていただけます。飲食店で見かけた際は、一度お試しください。

 

 

前のページ 次のページ

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:総合企画部報道広報課広報班

電話番号:043-223-2241

ファックス番号:043-227-0146

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?