ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年6月5日

ちば県民だより(平成29年6月号)2面

豊かな海からの贈り物 ちばの水産物

千葉県では、新鮮でおいしい水産物がたくさん水揚げされ、今が旬の「ちばの海の幸」も多くあります。

県では、これらの水産物の魅力を全国に広め、豊かな水産資源を守り育てていくなど、さまざまな取り組みをしています。

問い合わせ 県水産課

TEL 043(223)3045 FAX 043(221)3425

今が旬の「ちばの海の幸」

千葉県は水産物の宝庫!その中でも、今が旬の代表的な「ちばの海の幸」を紹介します。

●カツオ
千葉県は全国有数の初ガツオ水揚げ量を誇ります。フィリピン近海から黒潮にのって北上し、春から初夏にかけて水揚げされます。定番の刺身、たたきはもちろん、煮付けやフライなども絶品です。

●マイワシ
マイワシは千葉県の代表的な魚として古くから親しまれています。梅雨入りの頃は特に脂がのり、「入梅イワシ」と呼ばれます。マイワシには血中コレステロールを下げる成分などが豊富に含まれています。

●マアジ
マアジは千葉県で漁獲量の多い魚の一つです。くせのない味で、さまざまな料理によく合います。房総の郷土料理である「なめろう」や「さんが焼き」は大人から子どもまで人気。フライや南蛮漬けも楽しめます。

新たな千葉の味

●ホンビノスガイ
東京湾の船橋、市川沖で10年ほど前から採られるようになった千葉県の新名物です。粒が大きくて味が濃く、だしがしっかりとれるため、クラムチャウダーやみそ汁にとてもよく合います。これからの季節はバーベキューにもぴったりです。

おいしい水産物を買う・食べるには

県では、漁業協同組合などが運営する水産物直売所やその地域ならではの新鮮な魚介料理が堪能できる食堂など、約25カ所の情報を掲載した「水産物直売所マップ」を作っています。

平成29年度版は7月中旬からJR首都圏主要駅、高速道路のSA・PA、漁協直営の水産物直売所、道の駅などで配布する予定です。

また、ホームページでもご覧いただけます。

HP 水産物直売所マップ

「千葉ブランド水産物」

県では、全国に誇る水産物を「千葉ブランド水産物」として認定し、全国にPRしており、生鮮品や加工品の22品目が認定されています。

夏にかけて味わえるものを紹介します。

●江戸前船橋瞬〆(しゅんじめ)すずき
船橋港に水揚げされた活(い)きのよいスズキを、「瞬〆」と呼ばれる特殊な方法で、鮮度とうまみを閉じ込めた極上の逸品です。

●大佐和(おおさわ)漁協江戸前あなご
江戸前の魚の代表格。ふわっとした柔らかな食感と淡白ながらもしっかりとしたうまみが特徴です。定番の白焼きやかば焼きのほか、刺身でも楽しめます。
※大佐和漁協:富津市

●九十九里地はまぐり
九十九里の荒波に揉(も)まれて育ったハマグリは、身が厚くプリプリとした食感で、濃厚なだしが楽しめます。

●外房あわび・房州黒あわび
千葉県は全国有数のアワビの産地です。ワカメなどの良質な海藻を食べて育ったアワビは肉厚で、独特の歯ごたえが特徴。伝統的な海女(海士(あま))漁で採られています。

これらのほか、次の品目が認定されています。

【生鮮水産物】
品目 産地
銚子つりきんめ 銚子
外房つりきんめ鯛 勝浦・鴨川・御宿
勝浦産ひき縄カツオ 勝浦
外房イセエビ いすみ・勝浦・御宿
太東・大原産真蛸(まだこ) いすみ

【ふるさと品※】
品目
房州和田浦つち鯨
房州産鰹(かつお)節・花かつお
房州産鯖(さば)節・鯖花削り
天然あわび海女の味噌(みそ)焼き

※生産量や流通範囲などが限定されるが、千葉らしい優れた特性がある産品

【水産加工品】
品目
九十九里いわしのごま漬
いわし野菜漬
九十九里産いわしオイルサーディン
手入れ海苔(焼のり)
一番摘み青とびのり(焼のり)
金田産一番摘みあま海苔(焼海苔)
房州ひじき
さばてり焼きスモーク

認定品の取り扱い店はこちらをご覧ください。

HP 千葉ブランド水産物協力店

つくり育てる漁業の推進

県では、漁業者、市町村、(公財)千葉県水産振興公社と協力し、マダイ、ヒラメ、アワビなどの稚魚や稚貝を放流しています。また、魚が集まりやすくなるよう、海に魚礁(ぎょしょう)を沈めるなど、漁場づくりを進め、水産資源の増加に取り組んでいます。

6、7月にはヒラメの稚魚を放流し、7月から9月には漁港の中に設置したいけすでマダイの稚魚を育て、放流しています。

海のルールを守ろう

魚・貝・海藻などの水産資源を保護するため、採ってはいけない大きさ、期間、使ってはいけない道具といったルールが決められています。

また、「漁業権」が設定された海域では、ハマグリ・アワビ・サザエ・イセエビ・アサリなどを採ることはできません。

これらに違反すると、法令により罰せられます。詳しくはホームページをご覧ください。

HP 漁業権について

 

前のページ 次のページ

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:総合企画部報道広報課広報班

電話番号:043-223-2241

ファックス番号:043-227-0146

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?