ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年5月8日

ちば県民だより(平成29年5月号)8面

 チーバくんのお出かけガイド

谷津干潟(やつひがた)の日フェスタ(習志野(ならしの)市)
期間 6月11日(日曜日)まで(9時〜17時) 6月10日(土曜日)・11日(日曜日)は入館無料

たくさんの渡り鳥が飛来する谷津干潟。国際的に重要な湿地として1993年、ラムサール条約に登録されたことを記念し、さまざまなイベントを実施します。

期間中の土・日曜日、祝日にはミニ観察会や工作教室を開催。6月10日・11日には、自然観察会や音楽会・人形劇などが行われ、センター前広場では、野鳥グッズなどの販売も。この機会に野鳥や干潟の生き物に触れてみませんか。

★チーバくんのおすすめ★

5月はオーストラリアからの渡り鳥、6月はカニや子育てする鳥が見られるよ

場所 谷津干潟自然観察センター(習志野市秋津5-1-1)

交通 JR京葉線新習志野駅、南船橋駅から徒歩20分

入館料 高校生以上370円、中学生以下無料、65歳以上180円

問い合わせ 谷津干潟自然観察センター TEL 047(454)8416

谷津干潟自然観察センター

粟又(あわまた)の滝自然遊歩道(大多喜(おおたき)町)
新緑の見頃 7月頃まで

全長100m、幅30mのなだらかに流れる粟又の滝から、小沢又(こざわまた)の滝まで養老川沿いの約2kmの遊歩道。道沿いには大小さまざまな滝があり、鮮やかな新緑の中、清流のせせらぎや鳥たちのさえずりを聴きながら散策できます。

ちょっと足を延ばして、岩ツツジで有名な水月寺(すいげつじ)や粟又の滝展望台を見て、もう一度粟又の滝に戻る約4kmのコースも。自然に包まれてリフレッシュしませんか。

★チーバくんのおすすめ★

歩き疲れたら近くには温泉があるよ。秋には紅葉もきれい!

場所 粟又の滝(夷隅郡大多喜町粟又地先)

交通 小湊鉄道、いすみ鉄道上総中野駅または小湊鉄道養老渓谷駅から小湊バス「粟又の滝」下車徒歩3分。車の場合、有料駐車場あり

問い合わせ 大多喜町観光協会 TEL 0470(80)1146

粟又の滝

 拝見! 千葉の輝き(61)
中華料理人 蓑島 誠さん(船橋市)

食べる芸術品
「飾り前菜」のすご腕職人

中華料理の「飾り前菜」とは、皿に食材を並べて鶴や亀、鳳凰(ほうおう)などの図柄を色鮮やかに表現するもの。食材を切りそろえる包丁さばきや盛り付け方など、高い技術を必要とし、食べる芸術品とも呼ばれています。

中華料理人の蓑島誠(みのしままこと)さんはこの第一人者として、高い評価を得ています。

北海道出身の蓑島さんは、料理人であった兄の影響を受け、16歳で上京し、日本に四川(しせん)料理を広めた一人でもある陳建民(ちんけんみん)氏の新橋の店で修業を始めました。

「昔は店に泊まり込みで仕事をしたこともありました。四川料理の基礎を、仲間たちと競うようにして覚えていきました」と、当時を懐かしむように語る蓑島さん。

次に勤務した池袋店では、一日10数組の前菜を担当し、飾り切りの技を習得します。見た目のインパクトが大切と、蓑島さんは雑誌や新聞の絵、写真などを参考に独自のデザインを考えます。図柄に合った食材の色や形を決めるのも重要。野菜や味付けした肉などさまざまな食材を、迷いのない包丁さばきで切り分け、成形し、盛り付けていきます。一皿で10種類前後の食材を用いることも。

「バランスが一番難しいですね。見て美しく、食べておいしいこともポイントです」と、蓑島さん。

池袋店の後、各店舗で腕を磨き、平成11年に独立。現在は船橋市内に店を構えており、本格的な四川料理が気軽に楽しめると人気です。

「今後も一つ一つ丁寧な仕事をしていきたいです。多くの人にこの技術を知ってもらいたいですね」と、静かに語りました。

問い合わせ 川菜味(かわなみ) TEL 047(420)1878

 旬のレシピ ちばの味 136

チーズとニンニクで箸が進む!
イワシのパン粉焼き

イワシのパン粉焼き

〈材料〉(4人分)

マイワシ4〜8尾 (1尾120〜150グラム)

小麦粉 適量

卵 1個

オリーブオイル 大さじ4

塩、コショウ 少々

A

パセリみじん切り 大さじ2

粉チーズ 大さじ2

ニンニクみじん切り 3片分

パン粉 1カップ(40グラム)

(1人分/約530キロカロリー 脂質34.8グラム 食塩相当量0.9グラム)

【作り方】

  1. マイワシは手開きにし、キッチンペーパーで水気を取って塩、コショウを振る。
  2. Aの材料を混ぜ合わせる。
  3. マイワシの両面に小麦粉を薄く付け、溶き卵にくぐらせてから2.を両面に付ける。
  4. フライパンにオリーブオイルを入れて熱し、中火で3.を皮面から焼く。2〜3分で裏返し、さらに2〜3分焼く。

<コツ>

手開きにするときは、うろこを取り、胸びれの付け根に包丁を当てて頭を落とします。腹に切れ目を入れて内臓を取り除き、中を洗って水気を拭き取りましょう。切れ目に親指を入れて開き、尾のつけ根から頭に向かって中骨を外し、腹骨も取り除きます。大きなものは三枚おろしでも。(1)に小麦粉大さじ5、カレー粉大さじ1を合わせた衣を薄く付けて焼くと、ムニエル風になります。

〔調理協力・千葉伝統郷土料理研究会〕

マイワシの豆知識

県産の生産量は全国第4位で、主な産地は銚子市、旭市、匝瑳(そうさ)市です。梅雨の時期に水揚げされるものは「入梅イワシ」と呼ばれ、脂がのって特においしくなります。目が澄んでいて、えらの裏が赤く、体につやがあって太っているものを選びましょう。

問い合わせ 県報道広報課 TEL 043(223)2241

レシピの動画は、千葉県ホームページ「インターネット放送局」でご覧になれます。

HP ウィークリー千葉県

前のページ 

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:総合企画部報道広報課広報班

電話番号:043-223-2241

ファックス番号:043-227-0146

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?