ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年5月5日

ちば県民だより(平成29年5月号)2面

適度な運動と栄養で健康に

街路や公園では新緑が目に映り、色とりどりの花々を楽しめる季節になってきました。

外に出て適度な運動をする習慣などを身に付け、健康な生活を始めてみませんか。

問い合わせ 県健康づくり支援課

TEL 043(223)2661 FAX 043(225)0322

まずは自分の体について知ろう!

運動を始める前に、自分の体の状況を知ることが大切です。

右のチェック項目に4個以上当てはまる方は、運動不足の可能性があります。ぜひ運動を始めましょう。

ただし、今まで全く運動をしなかった人が急に運動を始めると、関節を痛めるなど、かえって体の具合を悪くすることもあります。運動不足を感じている人は、ラジオ体操やストレッチで体を伸ばすなど、負荷が軽い運動から始め、徐々に運動量を増やしていきましょう。

「健康ネット」では、さまざまな運動プログラムも紹介されているので、自分に合ったものを探してみましょう。

HP健康ネット 健康・体力アップコーナー外部サイトへのリンク

運動不足度チェック

□1日平均15分以上の運動をしていない
□座ってする仕事が多い
□10kg以上の重いものを持つことがほとんどない
□通勤は車やバイク
□休日は外出よりごろ寝
□帰宅は夜遅い
□あまり歩かない(1日6000歩以下)
□あれば必ずエスカレーターに乗る
□お腹が特に太くなってきた
□近距離でも電車・バス内で立つのはおっくうだ
□階段や坂道で同世代の人に遅れる
□階段や坂道で息切れがひどい
□仕事が忙しくて運動なんてできない
□若いときに十分運動したから大丈夫だ
□「あれ取って」「これ取って」の生活をしている

公益財団法人健康・体力づくり事業財団ホームページより

手軽にできるウオーキングを楽しもう

ウオーキングは手軽に始めることができ、長く続けることで血行の促進、動脈硬化や糖尿病の予防など、健康によい効果をもたらします。

ウオーキングで大切なことは続けることです。習慣化するまでゆっくりと楽しみながら頑張りましょう。

ウオーキングをする際の注意点

  • 最初は無理せず、日常生活レベルから始め、マイペースで行いましょう。
  • ウオーキングの前後には、柔軟体操を必ず行いましょう。
  • 適宜、水分を補給しましょう。
  • 天候や環境に応じた服装で行いましょう。
  • 自分の足に合った靴で歩きましょう。

HPウオーキングのすすめ

健康には適切に栄養をとることも重要!

健康に生活するためには、適度な運動に加えて適切な栄養の摂取も重要です。食事の際には、ご飯などの主食、野菜や肉などをバランス良く食べましょう。

特に、不足しがちな野菜については、生野菜より、ゆでるなど火を通すと、かさが減ってより多く食べられるようになります。

火を通すと野菜が食べやすくなります

ロコモを防ごう!

骨や関節、筋肉など(運動器)の機能が低下して日常生活に支障をきたすことを、ロコモティブシンドローム(運動器症候群、通称ロコモ)といいます。このロコモを防ぐためには、ロコモーショントレーニング(ロコトレ)が有効です。ロコトレで元気な足腰を保ちましょう。

ロコトレ

 

前のページ 次のページ

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:総合企画部報道広報課広報班

電話番号:043-223-2241

ファックス番号:043-227-0146

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?