ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年4月5日

ちば県民だより(平成29年4月号)4面

 みんなで守ろう!交通ルールと交通マナー

入学シーズンを迎え、子どもの交通事故が心配されます。

また、依然として高齢者の死亡事故の割合が高く、中でも歩行中の事故が多く発生しています。

一人一人が交通ルールと交通マナーを守り、交通事故を防ぎましょう。

HP 平成29年春の全国交通安全運動千葉県実施要綱

問い合わせ 県くらし安全推進課
TEL 043(223)2263 FAX 043(221)2969

春の全国交通安全運動 4月6日(木曜日)〜15日(土曜日)

スローガン 「おともだち むこうにいても みぎひだり」

重点目標

  • 子どもと高齢者の交通事故防止(高齢運転者の事故防止を含む)
  • 自転車の安全利用の推進(特に、千葉県自転車安全利用ルールの周知徹底)
  • 後部座席を含めた全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底
  • 飲酒運転の根絶

千葉県自転車安全利用ルールあなたとみんなの命を守る「ちばサイクルール」

【自転車(じてんしゃ)に乗(の)る前(まえ)のルール】

  1. 自転車保険(じてんしゃほけん)に入(はい)ろう
  2. 点検整備(てんけんせいび)をしよう
  3. 反射器材(はんしゃきざい)を付(つ)けよう
  4. ヘルメットをかぶろう
  5. 飲酒運転(いんしゅうんてん)はやめよう

【自転車(じてんしゃ)に乗(の)るときのルール】

  1. 車道(しゃどう)の左側(ひだりがわ)を走(はし)ろう
  2. 歩(ある)いている人(ひと)を優先(ゆうせん)しよう
  3. ながら運転(うんてん)はやめよう(傘差(かささ)し、スマホ・携帯(けいたい)、ヘッドホン使用(しよう)など)
  4. 交差点(こうさてん)では安全確認(あんぜんかくにん)しよう
  5. 夕方(ゆうがた)からライトをつけよう

交通ルール・交通マナーを守ろう

歩行者が道路横断時に注意するポイント

  • 道路を渡る前は、必ず左右の安全確認
  • 少し遠回りでも横断歩道を渡る
  • 信号機のある交差点では、青信号でも周囲の車に注意する
  • 夕方以降の外出時は明るい色の服や反射材、LEDライトなどを身に付ける

車を運転するときに注意するポイント

  • 考え事や脇見をせず、前方や周囲をよく見て運転する
  • 横断歩道に注意し、交差点では信号や道路標識をしっかり確認する
  • 駐停車車両などの陰に横断者がいないか注意する
  • 暗くなる前に早めにライトを点灯する。対向車の状況に応じて、こまめにライトの上向き・下向きを切り替え、横断者などの早期発見に努める

高齢者の交通事故を防止しましょう

高齢歩行者 事故に遭うのはこんなとき!

夕暮れ時 日没前後の時間帯

横断中 横断歩道のない道路

自宅近く 自宅から500m以内

左からの車 夜間、道路横断中に左から来た車と衝突

交通事故に遭わないために

  • 道路を渡るときは立ち止まって、しっかり安全確認。車が見えたら、通り過ぎてから渡る
  • 自宅近くの通り慣れた道でも油断禁物!
  • 夕方以降の外出は、明るい色の服装と反射材の着用を

高齢ドライバー 安全運転のポイント

  • 標識や道路標示で進行方向をしっかり確認する
  • 発進時や停止時のアクセル・ブレーキの踏み間違いに注意!
  • 車間距離を十分とって、慎重な運転を心掛ける
  • 右折時の対向車・横断者の有無など、交差点では安全確認を確実に
  • 体調不良を感じたときは、運転を控える

運転免許の自主返納

免許を持っている方の申請により、免許の取り消し(返納)をする制度です。運転免許証に代わる身分証明書として、申請により「運転経歴証明書」(有料)が交付され、公共交通機関の運賃割引などの優遇を受けられる場合があります。詳しくはお問い合わせください。

問い合わせ お住まいの地域を管轄する警察署または
千葉運転免許センター運転免許テレホン案内 TEL 043(274)2000

 4月1日に「千葉県子どもを虐待から守る条例」が施行されました!

将来を担う子どもたちは、かけがえのない社会の財産です。しかし、子どもが理不尽な虐待を受け、尊い命を落とす痛ましい事件も発生しています。全ての子どもが虐待から守られ、幸せを感じながら成長できる千葉県を目指して、その基本的な考えを示した条例が制定されました。

■基本理念(第3条より抜粋)

虐待は、子どもの人権を著しく侵害する行為であり、何人も、虐待を決して許してはならない。

児童虐待とは

身体的虐待
殴る、蹴る、たたく、投げ落とす、激しく揺さぶる、溺れさせる など

性的虐待

子どもへの性的行為、性的行為を見せる、性的な写真の被写体にする など

ネグレクト

家に閉じ込める、食事を与えない、ひどく不潔にする、自動車の中に放置する、重い病気になっても病院に連れて行かない など

心理的虐待

言葉による脅し、無視、きょうだい間での差別的扱い、子どもの目の前で家族に対して暴力をふるう(DV)など

千葉県の児童虐待の現状

千葉県の児童虐待相談対応件数は全国でも多く、その件数は年々増加傾向にあります。

児童相談所における相談対応件数の推移 (件)
 区分 25年度 26年度 27年度
全 国 73,802 88,931 103,286
千葉県※ 5,374 5,959 6,669

※県および千葉市の7児童相談所における件数

一人で悩まず、ご相談ください

●「虐待かも…」と感じたら

<24時間365日対応ダイヤル>※通話料がかかります

(1)児童相談所全国共通ダイヤル「189」(いちはやく)

※お住まいの地域の児童相談所につながります。

※一部のIP電話からはつながりません

(2)千葉県子ども・家庭110番 TEL 043(252)1152

●子育てについて悩んでいる方、近所に心配な子がいる方は

お住まいの市町村、各福祉事務所、各児童相談所にご相談ください。

問い合わせ 県児童家庭課 TEL 043(223)2357

HP 児童虐待の通告・相談窓口

 

前のページ 次のページ

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:総合企画部報道広報課広報班

電話番号:043-223-2241

ファックス番号:043-227-0146

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?