ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年2月5日

ちば県民だより(平成29年2月号)4面

 ペットの正しい飼い方・マナーを守っていますか?

ペットは私たちにとって身近な動物で、飼い主にとっては癒やしを与えてくれる存在です。

しかし、正しい飼い方やマナーを守らないと周囲に迷惑がかかり、トラブルにつながることもあります。

ペットの飼い方・マナーについて、いま一度確認してみましょう。

問い合わせ 県衛生指導課
TEL 043(223)2642 FAX 043(227)2713

飼い主に守ってほしいこと

  • 登録と狂犬病予防注射
    飼い始めたら市町村の窓口で登録し、毎年、狂犬病の予防注射を受けさせる義務があります。交付される鑑札・注射済票は首輪に付けておきましょう。
  • 屋外でのマナー
    リードを外して散歩することや放し飼いは禁止されています。また、散歩中にしたふんは、袋に入れて持ち帰りましょう。

  • 猫は屋内で飼う
    猫は、屋外で飼うとふん尿や鳴き声、出産などにより近隣とトラブルになることがあるだけでなく、交通事故や病気のリスクが高まります。

犬と猫

  • 不妊去勢手術を受けさせる
    犬や猫は一度にたくさんの子どもを産みます。繁殖させる予定がない場合は、不妊去勢手術を受けさせましょう。発情に伴う問題行動や病気の予防にもなります。
  • 責任を持って最期まで飼う
    ペットを捨てたり、傷つけたりしてはいけません。ワクチンの接種や寄生虫の駆除などを定期的に行い、責任を持って最期まで飼いましょう。
  • 飼い主情報の明示
    迷子になったときのために、鑑札(犬)・注射済票(犬)・迷子札・マイクロチップを付けるなど、飼い主が分かるようにしましょう。
  • 逃げてしまったときは…
    すぐに最寄りの健康福祉センター(保健所)または県動物愛護センターに連絡してください。
  • 過度な触れ合いは控える
    健康なペットでも、口の中や爪には人の病気の原因となる細菌などがいることがあります。過度な触れ合いを控え、ペットを触った後は必ず手を洗いましょう。
  • 飼えなくなったときを考える
    事故や入院などで、急にペットが飼えなくなることがあります。もしもの場合に備えて、預け先を決めておきましょう。
    飼い続けることが難しいなど、お悩みのときは最寄りの健康福祉センター(保健所)または県動物愛護センターにご相談ください。

※千葉市、柏市、船橋市にお住まいの方は、逃げてしまったとき・飼えなくなったときなどは、各市の動物愛護センター(地域により名称は異なります)にご連絡ください。

マイクロチップで迷子対策

ペットの身元証明となるマイクロチップ。装着すると、迷子や災害で離れ離れになっても、飼い主の元に戻れる可能性が高くなります。

マイクロチップとは

15桁の数字が記録された電子機器で、犬・猫の皮下に注射器で埋め込むので脱落する心配がありません。動物病院などで装着させることができます。

飼い主情報の登録を忘れずに!

マイクロチップの番号が分かっても、情報の登録がないとペットを飼い主の元に帰してあげることができません。必ず飼い主情報の登録をしましょう。

問い合わせ (公社)日本獣医師会 TEL 03(3475)1695

HP 公益社団法人日本獣医師会外部サイトへのリンク

県動物愛護センターの取り組み

新たな飼い主を探すために…

  • 犬・猫の譲渡会
    センターに収容された犬・猫の譲渡会を開催しています。ホームページで対象の犬・猫の健康状態や性格などを紹介しています。
  • 飼い主さがしの会
    犬・猫を新たに飼いたい人と譲りたい人との、出会いの場を提供しています。

動物を正しく飼うために…

  • 犬のしつけ方教室
    犬の本能と習性に基づいた正しいしつけ方についての講習と、モデル犬によるデモンストレーションを行う教室です。
  • 動物愛護教室
    動物の気持ちや命の重さをテーマに、小学校などで出前教室を開催しています。

※譲渡会以外は事前の申し込みが必要です。開催日など、詳しくはホームページをご覧になるか、お問い合わせください。

県動物愛護センターでは、ホームページで動物愛護に関するさまざまな情報を公開中!

また、YouTube(チャンネル:Chiba Pref Apc)やFacebook(アカウント:千葉県動物愛護センター)でも情報発信しています。

申込先・問い合わせ
県動物愛護センター(富里市) TEL 0476(93)5711
〃 東葛飾支所(柏市) TEL 04(7191)0050
HP 千葉県動物愛護センター

災害時にはペットと一緒に避難!

災害が発生して避難するときは、ペットを連れて避難場所へ向かいましょう。これを「同行避難」といいます。一緒に避難しないと、迷子や道路の封鎖などで探しにいけなくなるなど、再会が難しくなります。

事前に準備しておくこと

●かまない、不必要に吠えない、トイレトレーニングのほか、ケージなどに入ることを嫌がらないようにしつけておきましょう。

●避難所ではペットと常に一緒にいられるとは限りません。日頃から地域の防災訓練などに参加し、避難所におけるペットの取り扱いのルールを確認しておきましょう。

●必要なものを準備しておきましょう。

  • クレート(犬を入れて持ち運べる入れ物)、キャリーケース、ケージなど
  • 水とペットフード(最低5日分)
  • 常備薬
  • リード
  • 名札、迷子札 など

 

前のページ 次のページ

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:総合企画部報道広報課広報班

電話番号:043-223-2241

ファックス番号:043-227-0146

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?