ここから本文です。

更新日:平成28(2016)年12月5日

ちば県民だより(平成28年12月号)5面

 民生委員・児童委員をご存じですか?

民生委員・児童委員(以下「民生委員」)は、厚生労働大臣から委嘱され、県内では、現在約8,700人の方が活動しています。

民生委員は、それぞれの地区で皆さんの身近な相談相手となり、福祉の支援を必要とする方を、行政や専門機関へつなぐパイプ役を務めています。また、児童委員も兼ねており、妊娠中や子育て中の方の不安や悩みの相談にも乗ります。

高齢の方、障害のある方、子育て中や介護をしている方などで、生活上の不安や悩みなどを抱えている方は、ぜひお住まいの地区を担当している民生委員にお気軽にご相談ください。

民生委員には守秘義務があり、相談の秘密は守られます。

民生委員はどんな活動しているの?

  • 高齢者や障害者などの見守りや訪問、困り事などの相談を行います。
  • 高齢者や子育て中のお母さんが孤立することがないよう、悩みや不安を気軽に話し合い、交流する場となる「サロン」のお手伝いをします。
  • 自治会などと協力しながら、災害時の支援が必要な方の避難態勢づくりをします。

民生委員の方の声を聞きました

  • 何度も訪問するうちに心を開いてくれる方もいて、やりがいを感じています。
  • 活動を通じて、これから自分が歳をとった時に役立つことをたくさん知ることができ、仕事と趣味の時間もバランスよく取れていて、これからも続けたいと思います。

問い合わせ
(民生委員制度について)県健康福祉指導課 TEL 043(223)2615
(居住地区の担当民生委員を知りたいとき)各市町村民生委員担当課

 「ちばコラボ大賞」が決定しました!

県では、市民活動団体(NPO)と、企業や学校などが連携して地域の課題解決に取り組む事例の中から、優れた事例を「ちばコラボ大賞(千葉県知事賞)」として表彰しています。平成28年度は次の3事例に決定しました。

  • 第5回いちはらパパママフェスタ(市原市)
    子育て中やこれから子育てをする方々が企画・運営し、育児相談や親子で楽しむダンスなどのイベントを行うことで、地域で子育てを応援する取り組みです。
  • HIC(Happy International Communication(ハッピー インターナショナル コミュニケーション)プロジェクト(千葉市)
    大学生と留学生が協力して小学生向けに、アジアの国々の遊びなどのイベントの企画・運営を行うことで異世代・異文化交流を深める取り組みです。
  • Y(よつかいどう)・Y(よしおか)・NOWSON(今どきの農村)
    〜地球にやさしい体験型農家生活のすゝめ〜(四街道市)
    四街道市吉岡地区で農家体験や里山ウォーキングなどを実施し、多くの方に里山の魅力に触れてもらうことで地域とのつながりをつくる取り組みです。

表彰式・事例発表会を開催します

日時 12月21日(水曜日)13時30分〜

場所 ホテルプラザ菜の花(JR外房・内房線本千葉駅から徒歩3分)

定員 120人(申込先着順)

申込方法 「ちばコラボ大賞表彰式・事例発表会」と明記し、参加者全員の住所・氏名・電話番号を書いてファクスまたはEメール。電話申込可

申込期限 12月16日(金曜日)まで(必着)

※詳しくは、ホームページをご覧になるかお問い合わせください。

問い合わせ 県県民生活・文化課
TEL 043(223)4133 FAX 043(221)5858
Eメール npo-vo@mz.pref.chiba.lg.jp

HP ちばコラボ大賞(千葉県知事賞)

 千葉のコレ知ってる? 29
千葉から広がる 絵画の世界

「浮世絵」の創始者 菱川師宣

1630年頃、安房(あわ)国保田(ほた)(現鋸南(きょなん)町保田)に生まれた菱川師宣(ひしかわ もろのぶ)。家業の縫箔(ぬいはく)刺しゅう業を手伝う傍ら、独学で絵画の技術を磨きました。

江戸に出た師宣は、挿絵(さしえ)を大きく取り入れた版本を手掛け、庶民の人気を獲得。鑑賞用としての木版摺(ず)りの一枚絵を考案し、これをもとに、江戸庶民の様子を題材とした風俗画を描いて「浮世絵」という新しいジャンルの絵画を確立したといわれています。

師宣は、安房の「房」の字を用いて「房陽(ぼうよう)」「房國(ぼうこく)」と絵画に署名するなど、故郷をこよなく愛した絵師だったと伝わっています。

問い合わせ 菱川師宣記念館 TEL 0470(55)4061

日本初の重要文化財になった西洋画

1904年、洋画家青木繁(あおきしげる)は房総半島南端の漁村布良(めら)(現館山市富崎(とみさき)地区)を訪れました。そして小谷という漁師の家に2ヵ月近く滞在し、布良の海を題材に、数多くの海の景色を描きました。

その中のひとつ、油彩画「海の幸」は、裸の漁民が大きなサメを担ぎ、夕日を浴びて戻ってくる様子が描かれています。布良の漁師たちが力強く描かれたこの作品は、西洋画として日本で最初の重要文化財になりました。

問い合わせ 館山市生涯学習課 TEL 0470(22)3698

前のページ 次のページ

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:総合企画部報道広報課広報班

電話番号:043-223-2241

ファックス番号:043-227-0146

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?