ここから本文です。

更新日:平成28(2016)年10月5日

ちば県民だより(平成28年10月号)4面

活躍広がる 看護のしごと

県では、看護職の確保に向けて、資格を持ちながら就業していない看護師の方などへの支援を行っています。

育児・介護休暇の充実などにより、看護職を取り巻く勤務環境はより働きやすいものへと変わってきています。

やりがいのある看護の現場で一緒に働いてみませんか。

※看護職とは、保健師、助産師、看護師、准看護師をいいます。

問い合わせ 県医療整備課
TEL 043(223)3877 FAX 043(221)7379

看護職が不足する!?

千葉県では、今後全国2位のスピードで高齢化が進む見込みです。医療機関や在宅医療・在宅看護への需要が高まる中、看護職の果たす役割がますます重要となっています。

しかし、千葉県の10万人当たりの看護職員数は849.4人と、全国平均1187.7人を大きく下回り、全国ワースト3位です(平成26年末)。また、平成37年には看護職が約1万5千人不足するといわれています。

看護のしごとを支えます

看護職を目指す方に!
修学資金をお貸しします

看護師や保健師、助産師などを養成する大学・専門学校の学生に対し、修学資金の貸し付けを行っています。免許取得後、県内の病院などで5年間業務に従事すると返還が免除されます。

詳しくはホームページをご覧ください。

HP 千葉県保健師等修学資金貸付制度

貸付額一覧
 区分 貸付金(月額)
保健師・助産師
看護師
公立16,000円
私立18,000円
准看護師 公立 7,500円
私立10,500円

復帰を目指す方に!
さまざまな働き方を応援します

看護職の離職理由は「結婚、出産、育児のため」が最も多くなっています。県では、さまざまな短時間勤務の形態の導入など、働きやすい環境づくりに取り組む医療機関に対し、社会保険労務士などのアドバイザー派遣などをしています。また、病院内保育所の開設費用や運営費を助成するなど、子育てと仕事を両立しやすい環境づくりに取り組んでいます。

看護職の活躍する現場

看護職の活躍する場は、病院だけではありません。訪問看護ステーションや介護保険施設(特別養護老人ホームなど)など病院以外の求人が半数を超えており、活躍の場は広がっています。

看護を必要とする方とどう関わるか、どんな技術が必要かなど、その働き方もそれぞれ違います。あなたに合った看護のしごとを見つけてみませんか。

訪問看護ステーションのしごと

病気や障害のある方が、住み慣れた自宅で過ごせるよう訪問看護師がさまざまな在宅ケアを行います。

  • 健康状態の観察や体の清潔を保つケア
  • 床擦れの予防など家族への介護指導
  • 人工呼吸器などの医療機器の管理 など

病院のしごと

入院治療を行う「急性期病棟」のほか、自宅や介護施設に退院するまでの医療や支援を行う「地域包括ケア病棟」などがあります。

  • リハビリや日常生活復帰への支援
  • 退院後の生活に向けた相談 など

特別支援学校のしごと

教員などと連携して、障害のある子どもたちが安心して学校に通える環境を作ります。

  • たんの吸引など、必要に応じた医療的なケア
  • 子どもたちの健康管理 など

介護保険施設のしごと

介護やリハビリなどの訓練が必要な高齢者の方が生活する施設で、さまざまなケアを行います。

  • 健康状態の観察や日常生活の援助
  • 必要な医療措置の介助、薬の管理など介護スタッフへの指導 など

訪問看護師の声

「心から寄り添い、やりがいある仕事を」

生活クラブ風の村訪問看護ステーション流山
長谷川 勝美(はせがわ かつみ)さん

長谷川さんは出産を機に勤めていた病院を退職。看護師の資格を生かして、子育て中は小・中学校の保健室に勤め、子育てがひと段落した現在は訪問看護師として活躍しています。

看護を必要とされる方とゆっくり話をしながら寄り添える仕事がしたいと思い、訪問看護師になろうと決意しました。今までと違う環境で働くことに不安は大きかったですが、そんな時に県ナースセンターの講習で、先輩の体験談や実技指導が受けられ、自信がつきました。

訪問看護の仕事は日々勉強で、看護を必要とされる方と目線を合わせ、じっくりとお話をしていくことを大切にしています。看護の仕事は大変でもやっていてよかったと思える瞬間が必ずありますので、皆さんもぜひチャレンジしてみてください。

再就業や進路の相談お待ちしています!

県ナースセンターでは、再就業で悩む方への支援や、ハローワークとの連携により、希望に合う職場の紹介などを行っています。

看護基礎技術講習会

ブランクがあり、再就業に不安がある方のための講習会です。さまざまな技術や最新の知識を身に付けることができます。

内容 採血や点滴などの演習、看護技術に関する映像資料を用いた研修

日時 原則毎週水曜日10時〜12時

申込方法 県ナースセンターに電話

ふれあい看護体験&進路相談

中学・高校生を対象に、県内の病院や介護保険施設などで、看護師の仕事について見学・体験などができる「ふれあい看護体験」を行っています。

また、看護に関する進路相談や資格取得のための相談もできますので、お気軽にご相談ください。

問い合わせ 県ナースセンター TEL 043(247)6371

HP 千葉県ナースセンター外部サイトへのリンク

訪問看護に興味のある方へ

訪問看護に関する相談や、講義・技術体験などの研修会を開催しています。詳しくはお問い合わせください。

問い合わせ 千葉県看護協会 TEL 043(245)1712

就業していない看護職の方は届け出が必要です

平成27年10月から、看護職の方が離職する時またはすでに離職して就業していない場合は、県ナースセンターへ届け出ることになりました。

届け出がお済みでない方は、専用サイトから届け出いただくかお問い合わせください。

HP とどけるん外部サイトへのリンク

問い合わせ 県ナースセンター TEL 043(247)6371

 

前のページ 次のページ

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:総合企画部報道広報課広報班

電話番号:043-223-2241

ファックス番号:043-227-0146

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?