ここから本文です。

更新日:平成28(2016)年9月5日

ちば県民だより(平成28年9月号)5面

 東京2020パラリンピック県内開催競技

リオデジャネイロでのオリンピックの熱が冷めやらないなか、9月7日(水曜日)からパラリンピックが開幕します。2020年の東京パラリンピック大会では全22競技のうち、幕張メッセで4競技が開催されます。

パラリンピックとは?

障害のある方を対象とした「もう一つの(parallel(パラレル))+オリンピック(Olympic)です。日本では1964(昭和39)年東京大会(夏季)、1998(平成10)年長野大会(冬季)に続き3回目の開催となります。

県内開催の4競技はどのような競技なの?

  • ゴールボール
    1チーム3人で、選手は目隠しを付けてプレーします。コート内で鈴の入ったボール(1.25kg)を転がすように投球し、相手ゴールにボールを入れ得点を競います。攻撃側はスピードボールや変化球を投げ、守備側はボールの鈴の音や相手の足音を頼りに全身を使ってゴールを守ります。
  • シッティングバレーボール
    その名のとおり座って行うバレーボールで、ネットの高さは男子1.15m、女子1.05mです。立ち上がったり、歩いたりすると反則になります。
  • 車いすフェンシング
    車椅子を器具に固定し、上半身だけを使い相手を剣で突きポイントを競います。種目は胴体だけの突きの「フルーレ」、上半身の突きの「エペ」、上半身の突きと斬りの「サーブル」があります。
  • テコンドー
    東京パラリンピック大会で初めて、正式種目となります。基本的なルールはオリンピック種目のテコンドーと同じですが、頭への攻撃が禁止されています。 

問い合わせ 県東京オリンピック・パラリンピック推進課 TEL 043(223)2442

HP 東京オリンピック・パラリンピック(千葉県)

Facebook 千葉県にオリンピック・パラリンピックがやってくる!外部サイトへのリンク

 9月10日は「下水道の日」
〜きれいな水を守るために〜

「下水道の日」は1961(昭和36)年に、普及が著しく遅れていた下水道を全国に広めるために始まりました。その後、県や市町村が計画的な整備を進めています。

下水道は、家庭などから出る汚れた水を下水処理場に集め、きれいにして自然に帰すという、大事な役割を果たしています。

皆さんのちょっとした気遣いが環境保全につながります。

  • 油はできる限り使いきり、食器は油汚れをふき取ってから洗いましょう。
  • 三角コーナーなどを使い、調理くずを流さないようにしましょう。
  • 洗剤やシャンプーは適量を使用しましょう。

問い合わせ
県下水道課 TEL 043(223)4335
(公財)千葉県下水道公社 TEL 043(278)1631

HP 千葉県下水道公社外部サイトへのリンク

 「千葉県手話言語等の普及の促進に関する条例」が施行されました。

聴覚に障害のある方の意思疎通のために使われる、手話、筆談などを普及するための条例が、6月28日に施行されました。

事業者の皆さんは、聴覚に障害のある方にサービスを提供するときや雇用するときなど、相手から希望があった場合は、手話通訳者の配置や筆談などの配慮をお願いします。

聴覚障害のある方への理解を深めましょう。

問い合わせ 県障害福祉課

TEL 043(223)2340 FAX 043(222)4133

HP 千葉県手話言語等の普及の促進に関する条例

 千葉のコレ知ってる? 27
日本の宇宙開発を支えるJAXA勝浦宇宙通信所

24時間365日人工衛星を見守る

勝浦市にあるJAXA(ジャクサ)勝浦宇宙通信所では、4基の巨大なパラボラアンテナを使って、「だいち2号」をはじめとするさまざまな人工衛星と通信しています。

この通信で得られたデータを使って筑波(つくば)(茨城県)や相模原(さがみはら)(神奈川県)の管制センターで、地球の周りを回る人工衛星の位置や姿勢、状態を見守り、動きに修正が必要であれば、指令電波を送っています。

精密な観測で幅広く活躍

人工衛星「だいち2号」は、陸地の状態を詳しく観測し、地図の作成や資源探査、被災状況の把握などに役立つデータを提供。4月の熊本地震でも、地殻変動や土砂崩れの発生状況の観測を継続して行っています。

このほか、気候変動の研究や気象予測などに活用されている「しずく」など、勝浦宇宙通信所が通信を行っている人工衛星は幅広い分野で活躍しています。

宇宙開発に触れてみませんか

いつでも見学できる展示室には、人工衛星やロケットの模型の展示、ビデオ上映やパネルなどがあります。また、はやぶさのロケットによる打ち上げや大気圏再突入などのミッションが疑似体験できる「はやぶさシミュレーター」もあり、日本の宇宙開発について楽しく学べます。

場所 勝浦市芳賀花立山(はがはなたてやま)1-14

TEL 0470(77)1601


直径10、11、13、20mの
パラボラアンテナがあります


人工衛星の性能などをパネルで紹介

 

前のページ 次のページ

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:総合企画部報道広報課広報班

電話番号:043-223-2241

ファックス番号:043-227-0146

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?