ここから本文です。

更新日:平成28(2016)年8月5日

ちば県民だより(平成28年8月号)3面

 知事対談53 千葉を元気に!
サイエンスプロデューサー 米村(よねむら)でんじろうさん

プロフィール
1955年生まれ。市原市出身。都立高校教諭を経て、サイエンスプロデューサーとして独立。現在、科学実験や実験教室、サイエンスショーなど、さまざまな活動を通じて科学の楽しさを伝えている。

全ての人に科学の楽しさを

知事
テレビで科学実験などをされる姿を拝見しています。でんじろうさんが、初めて科学に興味を持ったのはいつ頃でしょうか。

でんじろうさん
子どもの頃です。私の故郷は自然が豊かで、身近な植物や山菜を採ったり、川魚などを捕ったりして遊んでいました。そこで生じた疑問を謎解きしてくれたのが理科です。先生が天体望遠鏡で星を見せてくれたり、顕微鏡で田んぼの中のプランクトンを見せてくれたりしました。身近な自然が理科の勉強そのもので、環境の影響が大きかったですね。

知事
当時と今の子どもたちにどんな違いがありますか。

でんじろうさん
昔に比べて知識が豊富で頭が良く、都会的になったと感じます。一方、自分で遊び道具を作ったり、近所の年上の子どもたちに遊びを教えてもらったりしながら学ぶ、直接的な体験が減っているように思います。

知事
ところで、子どもたちにはどんな実験をすると反応がよいですか。

でんじろうさん
難しい電子回路などより、分かりやすく自分で工夫できるものに興味を持ちます。例えば、ポリ袋をテープでつなげ、ドライヤーで中の空気を温めて飛ばす、気球の実験です。気球の知識はあっても、特別な物だという意識があります。子どもたちの身近な物を使って、原理が目に見えるような実験をすると喜ばれます。

知事
ポリ袋と気球が同じ原理で飛ぶことは、新鮮な驚きなのでしょうね。ほかには何かありますか。

でんじろうさん
ソーラーカーの製作はとても盛り上がりました。ソーラーパネルと模型のモーター以外は手作りで、ボディーや車輪はウレタンを切って、車軸は竹串、軸受はストロー。完成後、これを日光の下で競争すると、子どもたちは夢中になります。

知事
皆がイキイキと取り組む姿が目に浮かびますね。

でんじろうさん
子どもたちは競争が好きで、ボディーを軽量化したり、曲がっていた軸をまっすぐに直したりして、自分の車を速く走らせるために工夫をします。

知事
自分で一生懸命考えて、工夫して、それが結果につながるとうれしいですよね。

でんじろうさん
そうなんです。「勉強しろ」と言われてやるのとは違い、自主的に考え、問題点を見つけ、それを自分で解決する。すぐに結果が出るから真剣勝負で挑む。大人になってからの仕事に対する姿勢と同じなので、本当の勉強になると思います。

知事
最後に、これから力を入れていきたいことを教えてください。

でんじろうさん
夏休みや春休みなどを使って、子どもたち数十人を対象に、自然の中で、じっくりと自分で作って考え、直接体験できるような機会を提供していきたいです。千葉は海も近いし川も里山もあり、本当に触れやすい身近な自然がたくさんあります。ぜひ多くの人に体験してほしいと思います。

 “耐震診断・改修”&“応急危険度判定士認定”講習会

4月に発生した熊本地震では、多くの家屋に甚大な被害があり、千葉県からも応急危険度判定士を派遣しました。県では、大地震に備え耐震関係の講習会を開催します。

既存建築物耐震診断・改修講習会(木造住宅)

受講資格 1級・2級建築士、木造建築士の方など

日時 10月19日(水曜日)9時50分〜

定員 300人(申込先着順)

会場 千葉市生涯学習センター(JR千葉駅から徒歩8分)

申込方法 申込書(ホームページからダウンロード可)を郵送またはファクス

申込期限 8月31日(水曜日)まで(消印有効)

申込先・問い合わせ 〒260-0012千葉市中央区本町2-1-16千葉本町第一生命ビル2階 (公社)千葉県建築士事務所協会
TEL043(224)1640 FAX043(225)2066

HP 建築物の耐震関係講習会について

被災建築物応急危険度判定士認定講習会

受講資格 1級・2級建築士、木造建築士の方など

日時 10月26日(水曜日)13時10分〜

定員 300人(申込先着順)

会場 千葉市生涯学習センター(JR千葉駅から徒歩8分)

申込方法 申込書(ホームページからダウンロード可)を郵送またはファクス

申込期限 9月16日(金曜日)まで(消印有効)

申込先・問い合わせ 〒260-0013千葉市中央区中央4-8-5建築会館4階 一般社団法人千葉県建築士会
TEL 043(202)2100FAX 043(202)2101

HP 被災建築物応急危険度判定士について

 文書館歴史講演会・古文書講座の開催

県の歴史に精通した研究者を講師に招き、講演会を開催します。古文書講座では、貴重な文化遺産である古文書を通じて房総の歴史を学びます。

歴史講演会

日時 10月8日(土曜日)13時30分〜15時30分

演題 幕末の農業指導者大原幽学(おおはらゆうがく)と門人たち

講師 猪野映里子(いのえりこ)さん(大原幽学記念館学芸員)

古文書講座

  • 入門コース 10月13日(木曜日)、27日(木曜日)、11月11日(金曜日)
  • 初級コース 10月14日(金曜日)、21日(金曜日)、28日(金曜日)
  • 中級コース 11月2日(水曜日)、9日(水曜日)、16日(水曜日)

時間 各13時30分〜15時30分

申込方法(講演会と講座は別の往復はがきで申し込み)
往復はがきに講演名または講座コース名、郵便番号、住所、氏名・ふりがな、電話番号、返信用宛先を書いて郵送(1通につき1人まで)

定員 各120人(申込多数抽選)講座は1人1コースのみ

申込期限 8月26日(金曜日)必着

申込先・会場・問い合わせ 〒260-0013千葉市中央区中央4-15-7県文書館

TEL 043(227)7552

HP 千葉県文書館

 夏休みはプラネタリウムで宇宙旅行

プラネタリウム・クリエーターの大平貴之(おおひらたかゆき)さんによる新作「星のある風景〜宇宙(そら)〜」を公開します。12Kという超高解像度の美しい星空と映像をお楽しみください。

期間 8月12日(金曜日)〜31日(水曜日) ※22日(月曜日)・29日(月曜日)は休館

時間 (1)10時〜、(2)11時10分〜、(3)12時30分〜、(4)13時40分〜、(5)14時50分〜、(6)16時〜 各回30分 (2)と(5)は「七夕ランデブー〜FUSION(フュージョン)バージョン〜」を上映 ※小学4年生以下は保護者同伴でご参加ください。

定員 各回280人(当日先着順)

鑑賞券(入場料含) 一般:500円 高校・大学生:250円 中学生以下・65歳以上:無料(1人2番組まで)

※鑑賞券は、9時から(1)〜(3)まで、12時から(4)〜(6)までを販売します。14日(日曜日)と21日(日曜日)の(2)と(4)は、大平さんによる上映解説会を実施します。

会場・問い合わせ 県立現代産業科学館(市川市鬼高1-1-3)
TEL 047(379)2005

HP 現代産業科学館外部サイトへのリンク

 核兵器の廃絶と平和を願って

戦争のない平和な社会は、県民一人ひとりの心からの願いです。

千葉県議会では、核兵器の廃絶と世界の恒久平和を願い、

平成6年10月に、「非核平和千葉県宣言」を決議しています。

非核平和千葉県宣言

戦争のない平和な社会の建設は、千葉県民すべての願いであり、世界の人々の共通の悲願である。

我が国は、世界唯一の核被爆国として、平和を希求する国民世論の同意のもとに、非核三原則を国是として、世界の恒久平和を目指している。

しかしながら、今日なお、地球上には核兵器が厳然として存在し、また、民族・宗教・経済的利害の対立などにより、世界の各地で武力の行使が行われ、戦争の惨禍により人々が苦しんでいる。

私たちは、恒久平和という人類共通の理想を達成するため、国際社会の理性を信頼し全世界の協力により、戦争という手段によらずに紛争を解決する道を追求するものである。

よって、千葉県議会は、人間愛と郷土愛に基づき、千葉県民と共に核兵器の廃絶と世界の恒久平和という悲願をこめて、「非核平和千葉県」の宣言を行う。

問い合わせ 県政策企画課 TEL043(223)2203

 

 

前のページ 次のページ

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:総合企画部報道広報課広報班

電話番号:043-223-2241

ファックス番号:043-227-0146

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?