ここから本文です。

更新日:平成28(2016)年7月5日

ちば県民だより(平成28年7月号)4面

 みんなで防ごう、受動喫煙!

健康増進法では、受動喫煙とは室内またはこれに準ずる環境において他人のたばこの煙を吸わされることとされており、受動喫煙の防止が定められています。

たばこの煙には多くの有害物質や発がん性物質などが含まれ、健康に悪影響を及ぼします。

みんなで受動喫煙を防止しましょう!

問い合わせ 県健康づくり支援課

TEL 043(223)2661 FAX 043(225)0322

HP 受動喫煙防止対策について

たばこの煙による健康被害

主流煙と副流煙

たばこの煙には喫煙者が直接吸い込む「主流煙」と、たばこの先から出る「副流煙」があります。受動喫煙で特に問題となる副流煙には、有害物質や発がん性物質が主流煙の約2〜50倍含まれることが知られています。

受動喫煙が原因の国内年間死亡者数
推計約15,000人

【内訳】

  • 脳卒中 約8,000人
  • 虚血性心疾患(心筋梗塞など) 約4,500人
  • 肺がん 約2,500人
  • 乳幼児突然死症候群(SIDS) 約70人

※たばこ対策の健康影響及び経済影響の包括的評価に関する研究(国立がん研究センター)より

主な症状

たばこの煙を吸い続けると、喉の痛み、頭痛、吐き気、ぜんそく、心拍増加などを突然引き起こす可能性があります。このほか、がん、心筋梗塞や狭心症などの心臓疾患、ぜんそくなどの呼吸器系疾患など、さまざまな慢性疾病のリスクを高めるといわれています。

妊婦には厳禁!

妊婦がたばこの煙を吸うことによって、早産や低出生体重児の出産の危険が高まることが明らかになっています。

子どもへの悪影響

子どもの受動喫煙による健康被害は深刻です。気管支炎・小児ぜんそくなどの呼吸障害、中耳炎、虫歯、アトピー性皮膚炎などの原因となります。

また、赤ちゃんの受動喫煙は乳幼児突然死症候群となる要因の一つと考えられています。

喫煙者の皆さんへ

屋外でも、たばこの煙を他の人に吸わせないよう配慮し、特に公園や通学路など、子どもや妊婦などが利用する場所では喫煙を控えましょう。

受動喫煙防止対策に取り組みましょう

飲食店など多くの人が利用する施設※や職場では、法律により、受動喫煙を防止するために必要な措置をとるよう努めることが定められています。

施設利用者や従業員を守るには、敷地内禁煙や建物内禁煙が有効です。禁煙が困難でやむを得ず喫煙可能とする場合も、分煙や時間禁煙などに取り組みましょう。

※健康増進法などに定める対象施設

学校、体育館、病院、劇場、集会場、展示場、百貨店、官公庁施設、飲食店、鉄軌道駅、バスターミナル、航空旅客ターミナル、金融機関、美術館、博物館、社会福祉施設、商店、ホテル・旅館などの宿泊施設、バス、タクシー、航空機など

禁煙

施設内に喫煙所を設置せず、敷地または建物全体を禁煙にします。設備投資が要らず、きれいな空気で利用者と従業員の健康を守ります。

  • 屋外に喫煙場所を設ける場合は、出入口から極力離れた場所に設置しましょう。
  • 禁煙であることを表示し、利用者にも理解と協力を求めましょう。

分煙

施設内を禁煙区域と喫煙区域に分け、壁などで完全に仕切ります。喫煙区域には排気設備を設置し、禁煙区域にたばこの煙が流れ出ないようにします。同じ空間で喫煙席と禁煙席を分けるだけでは、分煙とはいえません。

  • 喫煙区域から外にたばこの煙や臭いが漏れないようにしましょう。
  • 喫煙区域の空気環境も良好に保つよう、排気設備を強化しましょう。

時間禁煙

時間帯を限定して禁煙にします。終日禁煙が困難な施設でも、ランチタイムなどを禁煙にすることで、利用者の健康を守ることができます。

  • 禁煙時間帯は施設内に灰皿を置いてはいけません。
  • 一日につき一時間以上、禁煙の時間を設定しましょう。

喫煙環境表示をしましょう

店頭表示用ステッカーを作成しました!

施設利用者の受動喫煙を防ぐためには、入口などの見やすい場所に喫煙環境(禁煙・分煙・時間禁煙など)を表示することが有効です。店頭に喫煙環境が表示してあることで、利用者がお店を選びやすくなり、自らの意思で受動喫煙を防ぐことができます。

県では、5種類の店頭表示例を示し、そのうち「禁煙」「分煙」「時間禁煙」について店頭表示用ステッカーを作成しました。

ステッカーの配布を希望する場合は、県健康づくり支援課または県健康福祉センター(保健所)へ申込書を提出してください。

※申込方法など詳しくはホームページをご覧ください。
また、各表示例はホームページから印刷することができます。

【ステッカー配布&ホームページからダウンロード】禁煙、分煙、時間禁煙【ホームページからダウンロード】喫煙可、指定日禁煙

  • 時間禁煙ステッカーには、禁煙時間を入れてご利用ください。
  • 外国の方にも分かりやすいように4カ国語表記としています。

 

 

前のページ 次のページ

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:総合企画部報道広報課広報班

電話番号:043-223-2241

ファックス番号:043-227-0146

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?