ここから本文です。

更新日:平成28(2016)年6月5日

ちば県民だより(平成28年6月号)4面

 STOP!(ストップ) 電話de詐欺(でんわでさぎ)
〜電話で「金くれ」「金やる」は詐欺〜

主に高齢者を標的とする電話de詐欺※の被害が極めて深刻です。

被害を防ぐためには、決して他人事にせず、一人一人が防犯意識をしっかりと持ち、社会全体で被害を防止しようという気持ちが大切です。

日頃から家族の絆、地域の絆を深めて、電話de詐欺を防止しましょう。

※電話de詐欺…還付金等詐欺やオレオレ詐欺などの特殊詐欺の総称

問い合わせ 県警察本部生活安全総務課

TEL 043(201)0110(代表)

HP 千葉県警察外部サイトへのリンク

還付金等詐欺が増えています!

  平成27年中の千葉県における電話de詐欺の認知件数は、971件、被害額約30億円で、過去最悪の被害だった平成26年に比べ、164件、約17億1千万円の減少となりました。

  しかし、本年3月末現在では、前年の同じ時期に比べ、39件増加しています。中でも還付金等詐欺が急増しており、電話de詐欺全体の半数を占めるなど、千葉県内の被害は深刻な状況です。

電話de詐欺グラフ

だまされる人の特徴

  • 自分には関係ないと思っている
    自分だけはだまされないと思っている人ほどだまされてしまいます。
    自分もだまされるかもしれないと考えることが大切です。
  • 具体的な被害防止策を知らない
    今、どのような手口があるのか、どうすれば被害に遭わないのかを知っておくことが必要です。
  • 困り事を周りに相談しない
    何か不安に感じることがあっても相談できる人がいないなど、家族や地域とのコミュニケーションが希薄な人ほどだまされやすくなります。日頃から家族や地域とのつながりを持つことが重要です。

最近の主な手口と被害防止のポイント

よくある詐欺のキーワード

  • 還付金等詐欺
    「医療保険の還付金があります」「税金の払い戻しがあります」「払い戻しの期限は今日までです」「近くのATMで手続できます」「携帯電話を持ってATMへ」は詐欺です。
    ATMの操作で還付金などがもらえることは絶対にありません!
  • オレオレ詐欺
    「電話番号が変わった」「カバンを無くした」「株で失敗した」「今日中にお金が必要」「代わりの者がお金を取りに行く」は詐欺です。
    お金を用意する前に、元の電話番号にかけるなど、必ず本人に確認を取りましょう。
  • 架空請求詐欺
    「(利用した覚えのない)インターネットサイトの利用料が未払い」「あなた名義で○○○の契約が結ばれている」「後でお金を返すので、いったん、あなたから入金された事実を作る」「名義貸しの違反となり、警察に逮捕される」は詐欺です。
    身に覚えのない話はうのみにせず、家族や警察に相談しましょう。不審なメールなどがあっても、相手に連絡してはいけません。
  • 融資保証金詐欺
    極端な低金利での融資の前提として、事前に保証金や事務手数料を要求するのは詐欺です。融資を前提に現金を要求することはありません。

「カード預かります」は詐欺!

  犯人が警察官や金融機関の職員になりすまして、「あなたの口座が(詐欺事件)に悪用されている」「キャッシュカードを変更するので、あなたの自宅に取りに行く」「手続に必要なので暗証番号を教えて欲しい」などと言って、キャッシュカードをだまし取る手口もあります。

  警察官や金融機関などの職員だけでなく、他人にキャッシュカードを渡したり、暗証番号を教えてはいけません。

電子マネーで支払わせる詐欺に注意!

  インターネットサイトの利用料金や手数料などの名目で電子マネー(プリペイドカード)を購入させ、そのID(ギフト番号)を電話やメール、ファクスで要求して、カードの額面分のお金をだまし取る手口が増えています。

  「電子マネーを買って、ID(ギフト番号)を教えろ」という要求は詐欺を疑いましょう。

「宅配便などで現金送って」は詐欺!

  宅配便やレターパックなどで現金を郵送させたり、為替を送らせたりしてだまし取る手口が増えています。宅配便やレターパックなどで現金を送ることはできません。

あなたの「こえかけ」で防ごう電話de詐欺

「こ」…高齢者が

「え」…ATMで

「か」…画面をタッチしながら

「け」…携帯電話を使用していたら

『詐欺』です

  だまされている被害者は、「詐欺に遭っていないですか?」などと聞いても「大丈夫です」と否定する場合が多いです。このような場面では、「還付金の手続ですか?」と声を掛け、被害を未然に防止しましょう。

被害に遭わないために

  • 留守番電話や迷惑電話防止機器などを活用しよう!
    留守番電話やナンバーディスプレイを活用しましょう。また、迷惑電話がつながらないようにしたり、相手の声を録音する機能を持つ被害防止機器の活用も効果的です。
  • 家族とのコミュニケーションをとろう!
    家族にしか分からない合言葉を決めておきましょう。
    また、普段から家族とコミュニケーションをとることで、おかしいと感じたり、不安なことがあった時にすぐに相談できます。家族で電話de詐欺について話をすることも、被害防止の対策の一つです。
  • 地域とのつながりを大切にしよう!
    近隣の方と防犯について声を掛け合うことで、詐欺の被害を防止することができます。地域の安全は自分への安全にもつながります。

千葉県民 慌てず 必ず カクニンダー

お金を用意する前に必ず家族に確認・警察に相談

電話de詐欺相談専用ダイヤル

フリーダイヤル 0120(494)506(ヨクシコール)

 

 

前のページ 次のページ

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:総合企画部報道広報課広報班

電話番号:043-223-2241

ファックス番号:043-227-0146

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?