ここから本文です。

更新日:平成28(2016)年2月5日

ちば県民だより(平成28年2月号)8面

 チーバくんのお出かけガイド

中山のおひなまつり(市川(いちかわ)市)
期間 2月13日(土曜日)〜3月3日(木曜日)10時〜16時

  中山のおひなまつりでは、JR下総中山駅周辺がひな祭り一色に染まります。町中の商店や中山法華経寺(なかやまほけきょうじ)、中山地域の観光情報を提供する清華園(せいかえん)など約80カ所で、7段飾りやつるし雛(びな)などさまざまなおひな様が飾られます。

  また、プレゼントが当たるスタンプラリーや、奥之院でのコンサートなどイベント盛りだくさん!華やかな雰囲気を楽しみながら散策してみませんか。

★チーバくんのおすすめ★

JR下総中山駅や参加店舗などで、おひな様が展示されている場所が分かるマップがもらえるよ

場所 法華経寺参道周辺

交通 JR総武線下総中山駅または京成本線京成中山駅すぐ

問い合わせ 清華園 TEL 047(333)6147(休館日:月〜木曜日、ただしまつり期間中は毎日開館 9時30分〜16時30分)

※イベントの開催日など、詳しくはお問い合わせください。

中山のおひなまつりの地図

もばら冬の七夕まつり(茂原(もばら)市)
日時 2月14日(日曜日)10時〜19時(イルミネーション点灯:17時30分〜)

  天の川の愛称で親しまれている豊田川では、2月14日(日曜日)までの期間、川幅約20メートル、長さ約100メートルに渡ってイルミネーションが輝き、まるで満点の星空のような光景が広がります。

  14日は、市民会館で、バンド演奏やダンスなどが行われるほか、市役所前では、地元農産物や七夕にちなんだお菓子の販売、アクセサリーのワークショップなどさまざまなお店が並びます。

★チーバくんのおすすめ★

当日は豚バラ肉とネギがいっぱいの茂原ご当地グルメ「もばらーめん」のお店も出るよ

場所 茂原市役所周辺

交通 茂原市役所/JR外房線茂原駅から徒歩20分または長南行きバスで「西町」下車、徒歩5分

問い合わせ 茂原七夕まつり実行委員会 TEL 0475(20)1528

もばら冬の七夕まつりの地図

 拝見! 千葉の輝き(46)
御宿町ミヤコタナゴ保存会(御宿町)

希少なミヤコタナゴを次の世代に残すために

  かつて関東地方に広く生息していた日本固有の淡水魚、ミヤコタナゴ。国の天然記念物に指定されています。産卵期にはオスの体が鮮やかな青紫や朱色に染まるのが特徴です。近年では生息環境の変化により生息数が激減し、絶滅危惧種に指定。数少ない生息域の一つが、御宿町にあります。

  「昭和40年代頃まではミヤコタナゴをよく見掛けましたが、いつの間にか姿を見なくなりました」と、話すのが御宿町ミヤコタナゴ保存会会長の渡邉晴雄(わたなべはるお)さんです。ミヤコタナゴを守ろうと、現相談役の伊藤博明(いとうひろあき)さんを中心に平成11年に保存会を結成。専門家の意見を取り入れながら、18人の会員が活動をしています。

  ミヤコタナゴは小さな土水路や田んぼに生息しています。保存会は、以前の生息環境に近づけようと、6アールもの耕作放棄地を再生し、無農薬で米を栽培。水源を確保し、産卵に必要なマツカサガイなどの二枚貝を増やすため、付近の山の手入れや草刈り、水路掃除、土手の補修なども行います。その結果、ミヤコタナゴの生息範囲は2倍以上も広がり、数も次第に増えてきています。定期的に見回りを行い、密漁対策にも力を入れています。

  「希少なミヤコタナゴを守るためにどうしたらいいか、多くの人に考えてほしい」と、渡邉さん。小学校でのミヤコタナゴの飼育協力や、小学生を対象とした自然観察会を開催。町に生息している動植物を観察し、保護の大切さを伝えます。

  「地道に活動を続け、町の貴重な宝を次の世代に残したい」と、話してくれました。

問い合わせ 御宿町ミヤコタナゴ保存会
TEL 0470(68)4888

 旬のレシピ ちばの味 121

香りと食感が楽しい!
セロリと豚肉のオイスターソース炒め

セロリと豚肉のオイスターソース炒め

〈材料〉(4人分)

セロリ 1本(約200グラム)

豚ロース肉薄切り 200グラム

キクラゲ(乾物) 5グラム

ニンジン 4センチ(50グラム)

サラダ油 大さじ1

塩、コショウ 各少々

オイスターソース 大さじ1

《下味》

しょうゆ、酒、片栗粉 各小さじ1

(1人分/約190キロカロリー 脂質10グラム 塩分0.5グラム)

【作り方】

  1. 豚肉を5ミリ程度の千切りにして、しょうゆ、酒を振り掛けて下味を付け、片栗粉をまぶしておく。
  2. セロリの葉先はざく切り、茎は5ミリ幅の斜め切りにする。キクラゲは水で戻して(約30分)石突きを取り、一口大に切る。ニンジンは短冊切りにする。
  3. フライパンにサラダ油を熱し、豚肉を中火で炒め、火が通ったら取り出しておく。
  4. 3.のフライパンにセロリの茎の部分、ニンジン、キクラゲを加えて中火で炒める。火が通ったらセロリの葉先と3.の豚肉を入れてさっと炒め合わせる。塩、コショウを振り、オイスターソースを回し入れ、全体に混ぜたら火を止める。

<コツ>

  セロリの香りとシャキシャキした歯応えを残すには、炒めすぎないのがコツ。セロリの香りが苦手な場合は、切ってから一度熱湯をかけるとよいでしょう。

〔調理協力・千葉伝統郷土料理研究会〕

セロリの豆知識

  県内では主に館山市、南房総市で生産されています。県産のセロリは2〜4月が旬で、この時期は筋を取らなくてもおいしくいただけます。茎の部分が太くて張りがあり肉厚なもの、葉につやがあり緑色が濃いものを選ぶとよいでしょう。

問い合わせ 県報道広報課 TEL 043(223)2241

  チバテレ「ウィークリー千葉県」(毎週土曜日夜10時〜10時15分)でレシピのコツや旬の食材などを紹介しています。(放送終了後は千葉県ホームページ「インターネット放送局」で動画配信しています。)

HP ウィークリー千葉県

前のページ

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:総合企画部報道広報課広報班

電話番号:043-223-2241

ファックス番号:043-227-0146

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?