ここから本文です。

更新日:平成28(2016)年2月5日

ちば県民だより(平成28年2月号)4面

千葉の産業を支える力

県の試験研究機関では、公衆衛生、環境、産業技術など幅広い分野で研究開発や技術指導に取り組んでいます。
今回は、私たちの生活や産業振興に貢献する、2つの研究センターを紹介します。

研究センター県内図

HP

千葉の水産を支える
県水産総合研究センター

場所 本所:南房総市千倉町平磯2492 TEL 0470(43)1111

千葉県の漁業と水産加工業をより一層発展させるため、魚や貝などの水産資源や漁場環境、流通加工に関する調査研究をしているところだよ。

水産資源を守るための技術

イワシ、サバ、カツオなど市場に水揚げされる魚や、全国的に減少しているウナギの幼稚魚の生態や資源量など、さまざまな調査や研究を行い、漁獲の制限など水産資源の管理方法を検討します。

水産資源を増やすための技術

アワビ、マダイ、ヒラメなどの、漁業者の要望が高い水産資源をより増やすため、稚貝や稚魚を安定的かつ効率的に生産・放流するための技術を開発しています。

効率的に操業するための技術

漁業の効率的な操業に役立てるため、漁業調査船「千葉丸」など、3隻の船舶によって水産資源や漁場環境を調査し、その結果や漁海況予測を的確かつ迅速に漁業者に提供しています。

効率的に養殖するための技術

近年、秋の高水温化などにより健全な生育が妨げられている東京湾のノリ養殖について、高水温でも収穫量が多い品種や色が濃い品種を選抜するなど、効率的に養殖するための技術を開発しています。

水産資源を有効活用するための技術

鮮度の低下が早く、身が柔らかいため加工時に崩れやすいなどの性質から価格が安いゴマサバを、刺身用に冷凍加工する技術など、水産資源を有効活用するためにさまざまな技術を開発しています。

水産の試験研究を学ぶ

小・中学校の課外学習や、高等学校・大学のインターンシップを受け入れているほか、一般見学も随時受け付けており、水産の試験研究を学ぶことができます。見学は事前にお問い合わせください。

問い合わせ 企画調整室 TEL 0470(43)1115

千葉の畜産を支える
県畜産総合研究センター

場所 本所:八街市八街ヘ16-1 TEL 043(445)4511

千葉県の畜産農家が良質で安全な畜産物を、皆さんに安定的に供給できるように、家畜の改良や管理技術などの研究開発をしているよ。

生産能力の高い豚をつくる

母豚は、子だくさんで子育て上手、子豚は、少ない餌で早く大きくなるという特徴を持った、生産能力の高い豚をつくり、県産豚肉の安定供給に役立てています。

地域資源を活用した餌の利用

家畜に飼料用の米(玄米、もみ米)を与える技術や牛に稲の穂と茎葉を一緒にして与える技術を確立し、畜産農家が地域の資源を多く使った餌で安定的に畜産物を作れるようになりました。耕作放棄地の活用や米の安定供給にもつながっています。

環境にやさしい畜産経営のために

畜産排水をよりきれいに浄化し、回収した資源(リン)を肥料として有効利用できます。

ホームセンターでそろう材料を使い、既存の施設に追加することで、農家に導入しやすいシステムとして開発しています。

乳牛の受託、受精卵の供給

酪農家の子牛を預かり、放牧をして、長い間、元気に牛乳を生産できる足腰の強い乳牛に育てています。

また、牛乳を生産する能力の高い乳牛から受精卵を取り、酪農家の牛に移植して、生産能力の高い子牛をつくります。

畜産の教育・啓発

畜産への理解を深めるため、小学生の社会科見学や将来の畜産を支える農業高校生の体験実習など、子どもたちの学習のお手伝いをしています。家畜の感染症などを防ぐため、見学には制限があります。事前にお問い合わせください。

問い合わせ 企画環境研究室 TEL 043(445)4511

 

 

前のページ  次のページ

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:総合企画部報道広報課広報班

電話番号:043-223-2241

ファックス番号:043-227-0146

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?