ここから本文です。

更新日:平成28(2016)年1月1日

ちば県民だより(平成28年1月号)2面

 希望がかなう“ちば”づくり
~「千葉県人口ビジョン」と「千葉県地方創生『総合戦略』」を策定~

急激な人口減少に歯止めをかけ、地域経済の活性化を図るとともに、人口減少社会に対応したまちづくりを進める地方創生を実現するため、「人口ビジョン」と「総合戦略」を策定しました。

「千葉で生まれて、住んで、働けてよかった」と誇れる千葉をみんなでつくりましょう!

問い合わせ 県政策企画課
TEL 043(223)2483 FAX  043(225)4467

HP 千葉県まち・ひと・しごと創生(地方創生)

千葉県人口ビジョン

県人口の現状を分析し、将来どのような千葉を目指すのか、その方向を示す「人口ビジョン」を策定しました。

急激な人口減少に歯止めを!

国の推計※によると、県の人口は、2015年の約620万人から、2060年には約433万人まで減少する見込みです。

しかし、若い世代の結婚・出産・子育てなどに関する希望や、千葉に住みたいという希望がかなうように取り組むことで、急激な人口減少に歯止めをかけられる可能性があります。

千葉県の将来人口の試算結果のグラフ

千葉県は総合力で勝負!

千葉県は、東京圏※にある中、豊かな自然や魅力的な観光地、成田空港やアクアライン・圏央道などの優れた社会基盤、全国有数の農水産業・工業・商業など多くの「宝」があります。(※東京都・埼玉県・千葉県・神奈川県)

この「宝」を最大限に活用することで、さまざまな価値観に対応した「働く場」「子育ての場」「住まいの場」「憩いの場」を提供することが可能です。この総合力の高さを「強み」に、次の3つの基本的な方向を踏まえ、県民の皆さんとオール千葉体制で取り組みを進めていきます。

  • 国内外の人々が集う千葉の実現
    〜人口の社会増〜
  • 親子の笑顔があふれる千葉の実現
    〜少子化への挑戦〜
  • オール千葉で支え合う安全・安心に暮らせる千葉の実現
    〜人口減少に対応した県づくり〜

千葉県地方創生「総合戦略」(平成27〜31年度)

「人口ビジョン」を踏まえて、あらゆる世代が笑顔で住み続けられる千葉をつくるための戦略を策定!今後5年間の目標や施策の方針を決めました。

戦略I 東京オリンピック・パラリンピックを契機とした
「世界中から人々がやってくるCHIBA(ちば)」づくり

本県でも競技が行われる東京オリンピック・パラリンピックの開催は、「世界中から人々がやってくるCHIBA」をつくるチャンスです!

本県経済を活性化し、誰もが安全で安心して快適に過ごせる環境を整備して、未来を担う子どもたちが誇りに思える千葉をつくります。

主な施策

  • オリンピック・パラリンピック関連の取り組みの推進による開催効果の全県への波及
  • 事前キャンプや国際大会、MICE(マイス)(国際会議や展示会)などの誘致 など

戦略II 地方創生の実現に向けた千葉づくり

地方創生の実現には、それぞれの地域で、その特性を生かした取り組みを進めることが必要です。そのため、住民の生活に密着した市町村と、次の4つの目標を共有し、地方創生の取り組みを推進します。

1“一人ひとりの働きたい”がかなう千葉づくり

千葉県が持つ「宝」を各地域で生かすことで、産業の振興を図り、魅力ある雇用の場をつくります。また、県内各地域から1時間で通勤できる場所に雇用が確保されることを目指します。

主な施策

  • 成田空港・アクアライン・圏央道などを活用した企業誘致の推進
  • 農林水産物の高付加価値化を図る6次産業化※の推進 など

※農林漁業者など1次産業の担い手が、食品加工(2次産業)、流通販売(3次産業)なども展開する経営形態

2“国内外の多くの人々が集う”魅力あふれる千葉づくり

豊かな自然や観光地など、各地域が持つ資源を、外国人の視点からも魅力あるものに磨き上げるとともに、誰もが過ごしやすく、住みやすい環境づくりを進めます。

主な施策

  • 千葉ならではの資源を活用した観光振興
  • 外国人受け入れ体制の整備
  • UIJターン(移住・定住)の促進 など
3“それぞれの結婚・出産・子育ての希望”がかなう千葉づくり

誰もが安心して子どもを生み、育てられるよう、子育てに要する経済的負担の軽減をはじめ、妊娠・出産・子育ての総合的な支援に取り組みます。

主な施策

  • 子どもの医療費の助成
  • 出産前後の医療体制の整備
  • 保育などの子育て支援体制の整備 など
4“安全・安心なくらし”がかなう千葉づくり

さまざまな価値観を持つ人が、地域で元気に安全で安心して暮らせるよう、高齢者などが健康で生き生き暮らせる環境や、地域内外の多様な主体が地域を支える仕組みを整えます。

主な施策

  • 地域の医療・介護・福祉サービスの確保
  • 若者、高齢者、地元企業などの地域活動への参加の促進 など

 

前のページ 次のページ

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:総合企画部報道広報課広報班

電話番号:043-223-2241

ファックス番号:043-227-0146

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?