ここから本文です。

更新日:平成27(2015)年12月5日

ちば県民だより(平成27年12月号)2面

みんなが笑顔になれる社会を作ろう!
-12月3日~9日は「障害者週間」です-

障害のある人への差別をなくす、ということは、大げさなことではありません。
ちょっとの触れ合いで、偏見や誤解がなくなったり、少しの心遣いや工夫でも、助かることがあったり、皆さん一人一人にできることはたくさんあります。
障害のある人もない人も、みんなが笑顔になれる社会を作るために、自分にできることを、考えてみませんか。

問い合わせ 県障害福祉課
TEL 043(223)2935 FAX 043(222)4133

平成28年4月1日スタート!障害者差別解消法ができました

この法律は、障害のある人への差別をなくすことで、障害のある人もない人も、お互いに尊重し合い、共に生きる社会を作ることを目指しています。

不当な差別を禁止します

この法律では、お店や会社、自治体が、「障害がある」という理由だけで、お店のサービスを断る、習い事の教室への参加を断るなど、正当な理由なく障害のある人を差別することを禁止しています。

  • アパートの契約のとき障害があることを伝えると、それを理由に貸してくれなかった
  • 障害があることを理由に、スポーツクラブの入会を断られた
  • 車いすだからという理由で、お店に入れなかった

障害のある人に必要な配慮を

この法律では、お店や会社、自治体に、障害のある人が困っているとき、その人の障害に合った工夫や配慮をするよう求めています。

  • 聴覚に障害のある人には…
    紙に書いたり、手話、身振り手振りなどで伝える
  • 知的障害のある人には…
    資料に振り仮名をつけたり、複雑な表現を使わずに説明する
  • 視覚に障害のある人には…
    書類を渡すだけでなく、内容を読み上げる

障害者用の駐車場

車いす使用者をはじめ、障害のある人や妊産婦などで歩行が困難な方は、障害者用の駐車区画を必要としています。
障害のある人もない人も、気持ちよく駐車場を利用できるよう、一般の区画で車の乗り降りができる人は、障害者用の駐車区画への駐車をご遠慮ください。
駐車場の利用マナーにご理解とご協力をお願いします。
県健康福祉指導課 TEL 043(223)2615
HP 車椅子使用者用駐車施設(障害者等用駐車区画)

困ったときは、相談してください

県では、障害のある人が差別を受けたり、困ったりしたときに相談できるよう、地域ごとに専門の相談員・指導員を配置し、問題解決のための支援をしています。
お近くの相談窓口はこちらにお問い合わせください。
県障害福祉課
TEL 043(223)1020、1019 FAX 043(222)4133

障害のある人が働く場所を知っていますか?

施設で働く障害者の収入は

通常の企業などで働くことが難しく、施設などで、生活のサポートなどを受けながら、自立する力をつけるために働く障害のある人がたくさんいます。
こういった人たちの平均収入は、月額 約13,000円、時給に換算すると 約165円
障害基礎年金と合わせても、地域で自立して生活していくには程遠い金額です。

収入アップを応援しよう!

この収入を上げるため、法律により、国や自治体ではこのような施設に優先的に業務を発注することになっています。
もちろん、民間企業や自治会など一般の方からの発注も受けています。ぜひ施設を活用して、障害のある人たちの収入アップを応援してください。

相談はこちらへどうぞ!

どんな仕事を頼めるか、どんなお店があるのかなど迷ったときは、こちらにお問い合わせください。
千葉県障害者就労事業振興センター
TEL 043(202)5367

「チャレンジド・インフォ・千葉」のホームページでは、地域別、サービス別などで施設を検索できます。

HP チャレンジド・インフォ・千葉外部サイトへのリンク

施設の仕事に誇りを持ってがんばっています!

1歳で悪性リンパ腫を発病、三度の再発を乗り越えた石渡健雄(いしわた たけお)さん。治療の影響で身長がなかなか伸びないという後遺症のほか、軽い知的障害が残りました。

雨の日も風の日も休まず

特別支援学校を卒業後、空港関係の仕事が多い成田市の施設を利用。飛行機内で使う毛布の毛玉取りなどを担当しました。雨の日も風の日も自力で施設へ通い、積極的に作業に取り組んで、少しずつ複雑な仕事もこなせるようになりました。

施設の外で働く

施設内での作業に慣れてくると、施設の外での作業にも携わるようになりました。施設以外の人とのコミュニケーションなど、今後、民間企業などで働くための経験を積んでいます。

仕事に誇りと責任を持って

「僕たちは信頼関係で仕事をいただいています」と石渡さん。「仕事を休むとお客様に迷惑が掛かります。世界に向けたこの仕事に、誇りと責任を持って取り組んでいます」と意気込みを語ってくれました。

 

前のページ 次のページ

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:総合企画部報道広報課広報班

電話番号:043-223-2241

ファックス番号:043-227-0146

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?