ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年4月5日

ちば県民だより(平成27年10月号)3面

 知事対談45 千葉を元気に!
プロバスケットボールチーム 千葉ジェッツアンバサダー 佐藤 博紀(さとう ひろき) さん

プロフィール
1982年生まれ。四街道市出身。千葉ジェッツ創設から4年間主将としてチームをけん引。現役を引退し、7月からは、PR活動やバスケットボールの普及などを行う球団アンバサダーとして活躍中。

感謝の気持ちを糧に

知事
 バスケットボールのプレーヤーを引退し、チームのアンバサダーに就任されましたね。立場が変わり、どのように感じていますか。

佐藤さん
 現役時代は多くの方に支えられ、充実した10年間の選手生活を送ることができて本当に感謝しています。これからはチームを支える側として、選手時代の経験が生かせればと思っています。選手とのコミュニケーションやコーチングでは、自分でプレーしながら伝えてきたこれまでと違い、客観的な立場で見ることの難しさも感じています。

知事
 小学生の頃からバスケットボールを続けてきたそうですが、その魅力はどんなところですか。

佐藤さん
 試合中の頭脳的なプレーや展開の速い攻防の連続、点数の取り合いなどが、大変魅力的なスポーツです。

知事
 スリーポイントのロングシュートも見どころの一つですよね。練習すれば入るようになるものですか。

佐藤さん
 もちろん練習しなければうまくなりません。現役時代は一日に数百本打っていましたが、試合ではディフェンスする相手もプロなので、ロングシュートが決まる率は3割から5割程度です。

知事
 国際試合も数多く経験されていますが、外国人と対戦する上で必要なことは何ですか。

佐藤さん
 日本人は、器用で戦術理解が早く、組織力では勝っていますが、体格的に力勝負では見劣りしてしまいます。そのため、個人技を伸ばし、自分で点を取りに行くという気持ちを強く持つことが、チームをプラスに導いてくれると思います。

知事
 学校訪問やイベントで、佐藤さんのような憧れのプロ選手に教わることで、子供たちもやる気が湧いて目も輝いてくるでしょう。

佐藤さん
 子供たちは、何かを得ようと大変貪欲ですが、もっとガッツを表に出すといいですね。プロと接する環境を積極的につくり、刺激や夢を伝えていきたいと思っています。

知事
 最近は背の高い子も多いので将来有望ですね。

佐藤さん
 千葉県は、実はバスケット人口がとても多い県です。これまで接してきた子供たちの中には、将来、千葉ジェッツで頑張りたいと言ってくれる子もいるので、とても期待しています。

知事
 佐藤さんの活躍もあって、千葉ジェッツは本県初のプロバスケットボールチームとして認知度は高まっています。今後、アンバサダーとしてどのような展望をお持ちですか。

佐藤さん
 チームは皆さんに支えられて成り立っています。一人でも多くの方に愛されるような魅力的な選手を育て、地域の方と共に大きく成長していければと思います。

知事
 来年は新リーグが開幕します。ぜひ日本一を目指して頑張ってください。

 

10月10日(土曜日)船橋アリーナ
引退セレモニー&開幕戦

 平成28年度から個人住民税の特別徴収を徹底します

特別徴収とは

 特別徴収とは、所得税の源泉徴収義務がある事業主が、従業員(パート、アルバイトを含む)に代わって、毎月の給与から個人住民税を天引きし、市町村に納入する制度です。
 特別徴収は、法律で義務付けられています。従業員の方にとっても、1回当たりの納付額が少なくなるほか、金融機関で納付する必要がないので納め忘れがなくなるなど、大変便利です。

事業主の皆さん 特別徴収の準備をお願いします

 県および県内全市町村では、一定の例外を除き、原則全ての事業主に平成28年度から、個人住民税の特別徴収(給与天引き)を実施していただきます。
 特別徴収を実施していない事業主には、11月末までに各市町村から指定予告通知書を発送しますので、準備をお願いします。

問い合わせ
具体的な手続きについて/各市町村の個人住民税担当課
制度について/県税務課 TEL 043(223)3098
または県市町村課 TEL 043(223)2133

HP 平成28年度から個人住民税の特別徴収(給与天引き)を徹底します。


 県立高等技術専門校 平成28年4月入校生募集

中学校、高等学校を卒業して就職を目指す方や、再就職・転職を考えている方を対象とした職業訓練校です。
各分野で働くために必要な専門知識・技術を身に付けられるほか、各種資格も取得可能です。

高等技術専門校一覧
校名・電話番号 訓練科目
市原高等技術専門校
TEL 0436(22)0403
自動車整備科、電気工事科、プラント保全科、塗装科
船橋高等技術専門校
TEL 047(433)2790
メカニカルエンジニア科、システム設計科、冷凍空調設備科、金属加工科
我孫子高等技術専門校
TEL 04(7184)6411
NC機械加工科、造園科、事務実務科(障害のある方対象)
旭高等技術専門校
TEL 0479(62)2508
自動車整備科、NC機械加工科
東金高等技術専門校
TEL 0475(52)3148
ディスプレイ科、建築科、左官技術科
障害者高等技術専門校
TEL 043(291)7744
DTP・Webデザインコース、基礎実務コース、福祉住環境デザインコース、PCビジネスコース

訓練期間 9カ月~2年
願書受付期間 10月6日(火曜日)~11月5日(木曜日)
入校案内(願書)配布場所 各高等技術専門校・ハローワーク・県産業人材課(ホームページからもダウンロードできます)
※申込方法、定員、選考日、見学希望など、詳しくは入校案内をご覧いただくか、お問い合わせください。
問い合わせ 各高等技術専門校または県産業人材課
TEL 043(223)2754


 ちばハートフル・ヒューマンフェスタ2015
-12月4日~10日は「人権週間」-

 県では、「すべての県民の人権が尊重される元気な千葉県」を目指しています。人権週間にちなみ、人権について考え、理解を深めていただくための催しを開催します。
日時 12月8日(火曜日)13時~16時(12時開場)
会場 千葉県文化会館(JR外房・内房線本千葉駅から徒歩10分)
内容
◆講演 「世界からのメッセージ」~希望ある明日のために~
講師:渡部陽一(わたなべよういち)さん(戦場カメラマン)
◆ハートフルコンサート
出演:医療系バンド ハートフルホスピタル
◆千葉ロッテマリーンズ選手一日人権擁護委員任命式、マリーンズグッズが当たる抽選会
◆千葉県子どもの人権ポスター原画展
定員 1,500人(申込多数抽選)入場無料
申込方法 往復はがきに郵便番号、住所、氏名、電話番号、入場希望人数(1通につき2人まで、無記入は1人)、託児サービス・手話・要約筆記通訳希望の有無、返信用宛先を書いて郵送
締め切り 11月6日(金曜日)必着
申込先・問い合わせ 〒260-0855 千葉県庁内郵便局留
ちばハートフル・ヒューマンフェスタ事務局(県健康福祉政策課内)
TEL 043(223)2348 FAX 043(222)9023

 

前のページ 次のページ

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:総合企画部報道広報課広報班

電話番号:043-223-2241

ファックス番号:043-227-0146

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?