ここから本文です。

更新日:平成27(2015)年4月5日

ちば県民だより(平成27年4月号)2面~3面

 平成27年度 当初予算の概要

平成27年度当初予算の主な事業を紹介します。その他の事業など、詳細は千葉県ホームページ、または、県文書館でご覧いただけます。 

問い合わせ 県財政課
TEL 043(223)2072 FAX 043(224)3884
HP 予算のページへ 

当初予算規模 一般会計

1兆7,095億7,700万円(対前年度比5.9%増)

歳入 総額1,709,577百万円

歳入の円グラフ

歳出 総額1,709,577百万円

歳出の円グラフ

県民一人当たりの一般会計予算額 275,920円

平成27年3月1日現在の毎月常住人口調査(県統計課発表)の人口を基に算定

総務費 17,738円
民生費 41,764円
衛生費・環境費 11,596円
農林水産業費 8,444円
商工費・労働費 33,667円
土木費 17,798円
警察費 23,273円
教育費 67,907円
公債費 32,350円
その他 21,383円

県内経済の活性化

県内経済は着実に上向いてきていますが、円安による影響や、個人消費の弱さなど、今後の県内経済への影響が懸念されることから、経済の活性化を図ります。

北京世界陸上事前合宿受入事業【新規】 7,700万円
  東京オリンピック・パラリンピックのキャンプ誘致に向け、世界陸上北京大会の事前合宿を受け入れます。

千葉県スポーツコンシェルジュ運営事業【新規】 2,450万円
  市町村などが行うキャンプ誘致などの取り組みを支援するため、「スポーツコンシェルジュ」を設置します。

東京オリンピック・パラリンピックアスリート強化・支援事業 1億1,500万円
  オリンピック・パラリンピック出場を目指すアスリートの強化・支援事業を拡充します。

東京湾アクアライン料金割引事業 5億円

ちばアクアラインマラソン開催準備事業 4,600万円
  東京湾アクアライン通行料金800円を継続するほか、平成28年度に開催する3回目の「ちばアクアラインマラソン」の準備を進めます。

観光地魅力アップ整備事業 2億円
  観光地の魅力向上を図るため、観光施設のトイレ整備などに助成します。

海外における知事トップセールス 2,000万円

海外メディアを活用した観光情報発信事業 2,660万円
  県産農林水産物の販路拡大、外国人観光客の誘致などを進めるため、アジア地域で知事のトップセールスや、現地テレビ放送を活用した情報発信など、海外への魅力発信を行います。

中小企業振興資金 1,900億円

千葉の未来を支える成長産業の育成 4,000万円
  中小企業の積極的な設備投資などを支えるため、中小企業振興資金の融資枠5,700億円を継続するとともに、成長産業として期待される健康・医療分野への中小企業の参入を支援します。

ちば起業家応援事業【新規】 1,200万円

市町村による創業支援促進事業【新規】 1,000万円
女性、若者、シニア世代など幅広い層の起業家を育成するためのコンペを開催するとともに、市町村が行う創業支援体制の構築を支援します。

ジョブカフェちば運営事業 1億3,685万円

千葉県ジョブサポートセンター事業 3,574万円
  回復の兆しのある雇用情勢をさらに好転させるため、「ジョブカフェちば」、「千葉県ジョブサポートセンター」において、若者、中高年者、子育て中の女性などに、きめ細やかな就労支援を行います。

農林水産業の振興と社会基盤づくり

農林水産業は、生産者の減少や国際化の進展による競争の激化で厳しい局面を迎えており、生産効率を高める取り組みを進めます。また、活力ある千葉を実現するために欠かせない道路などの社会基盤の整備も促進します。

新「輝け!ちばの園芸」産地整備支援事業 3億円

水田自給力向上対策事業 1億2,100万円

畜産競争力強化対策整備事業【新規】 2億円

浜の活力再生プラン推進支援事業【新規】 3,047万円
  園芸農業や米、畜産、漁業の収益力向上に向けた取り組みに助成します。

農地中間管理機構支援事業 4億1,029万円

耕作放棄地総合対策事業 9,100万円

青年就農者確保・育成給付金事業 4億7,581万円
  担い手への農地の集積を進めるとともに、耕作放棄地の再生も拡大していきます。また、青年就農者に対する給付金を充実します。

6次産業化推進事業 5億5,800万円
  農業の6次産業※化を促進するため、新商品の開発などに必要な施設設備の整備に助成します。
※6次産業:農林漁業者など1次産業の担い手が、食品加工(2次産業)、流通販売(3次産業)なども展開する経営形態

野生鳥獣総合対策事業 1億3,342万円

イノシシ等有害獣被害防止対策事業 2億1,000万円
  イノシシなどの野生鳥獣による農作物の被害などを防ぐため、市町村などが実施する捕獲事業や防護柵の設置に対する助成を拡充します。

道路橋りょう事業 504億4,643万円

金田西地区土地区画整理事業 23億2万円
  県内経済の活性化を支える道路ネットワークの確立を目指し、北千葉道路、外環道や圏央道などの整備を促進します。また、木更津市金田西地区については、保留地の分譲を進めます。

くらしの安全・安心の確立

自然災害や首都直下地震などに備え、地域防災力の向上を図るとともに、インフラの耐震化など災害に強いまちづくりを進めます。また、振り込め詐欺やひったくりなどの身近な犯罪が依然として多発していることから、地域と連携した防犯対策を強化します。

千葉県地域防災力向上総合支援補助金【新規】 1億5,000万円
  消防団の活性化や自主防災組織の育成など、市町村が行う自助・共助の取り組みを支援し、県全体の地域防災力の向上を図ります。

千葉県被災者生活再建支援事業【新規】 2,000万円
  大きな自然災害であるにもかかわらず、国の被災者生活再建支援制度の対象とならない被害の救済を図るため、新たに県単独の被災者生活再建支援事業を創設します。

河川海岸津波対策事業 60億2,000万円
  九十九里海岸・沿岸河川の津波対策として、堤防のかさ上げ・増設を行います。

県立学校耐震化推進事業 103億8,060万円

私立学校耐震化緊急促進事業 9億5,700万円

県有施設・インフラの耐震化・長寿命化の推進 189億8,140万円
  学校を始めとした公共施設、インフラなどの耐震化や修繕を行います。

コンビニ防犯ボックス設置事業 3,850万円

振り込め詐欺被害防止広報啓発事業 1億3,100万円
  コンビニ防犯ボックスを県内2カ所に新設するとともに、振り込め詐欺による被害を防止するため、広報啓発を強化します。

子ども・子育て世代への支援の充実

安心して子どもを産み育てられる環境づくりを進めるとともに、子どもたちが、健やかに育ち、豊かな心と確かな学力を身に付けられるよう、児童虐待やいじめの根絶、教育環境の改善を進めます。

保育所等の整備促進 80億1,500万円

子ども医療費助成事業 67億円
  子育て環境の向上を図るため、民間保育所の施設整備に対する助成を増額するとともに、子ども医療費については、入院は中学校3年生まで、通院は小学校3年生までの助成を継続します。

児童虐待防止対策事業【一部新規】 1億3,454万円
  児童虐待の未然防止・早期発見や被虐待児童へのフォローアップなどの充実のため、児童虐待防止に係る総合的な対策を実施します。

ちばっ子「学力向上」総合プランの推進 1億5,652万円

国際的に活躍できる人材の育成【一部新規】 2億5,731万円
  放課後の補充学習などを行う学習サポーターの派遣を継続するとともに、外国語指導助手による授業や海外留学への支援、県内高等学校と外国の高等学校との交流強化などを進めます。

学校におけるいじめ防止対策の推進【一部新規】 7億3,531万円
  小学校のスクールカウンセラーを増員するとともに、新たに、臨床心理士や経験豊富な教員を中心とする支援チームを派遣します。

特別支援学校整備事業 7億4,990万円
  特別支援学校の児童生徒の増加に伴う過密化・教室不足に対応するため、高等学校や小中学校の空き校舎などを活用した新設校の整備を進めます。

私立学校経常費補助事業 348億4,905万円
  私立学校(幼稚園含む)の振興と保護者負担の軽減を図るため、学校法人が行う教育に助成します。

医療・福祉の充実

高齢化の進展に伴い増大していく医療・福祉ニーズに対応するため、医師や看護師などの人材確保や、高齢者の方が安心して暮らしていける福祉基盤の整備を加速化するなど、医療・福祉の充実を進めます。

修学資金の貸付による医師・看護師の確保対策 6億1,782万円

看護師養成学校整備促進事業 10億7,867万円
  地域医療を支える人材の確保のため、医師修学資金と保健師等修学資金の貸付枠を拡充するとともに、看護師養成学校への支援を拡大します。

救命救急センター運営費・施設設備整備費補助 7億7,346万円

ドクターヘリ運営事業、関連施設整備事業【一部新規】 4億5,631万円
  救命救急センターの医師確保や施設整備への助成を増額するとともに、安定した救急搬送体制確保のため、ドクターヘリの運航などに対する助成も増額します。

がんセンター施設整備事業(病院事業会計) 7,395万円
  建物老朽化や耐震強度不足などに対応するため、増改築を行います。

危険ドラッグ対策事業 2,564万円
  店舗やインターネットなどで販売されている薬物の検査を実施するとともに、乱用防止のための広報啓発を強化します。

老人福祉施設整備事業補助 49億2,000万円

サービス付き高齢者向け住宅整備補助事業 2億4,000万円
  特別養護老人ホームの整備を促進するため、補助単価を引き上げるとともに、サービス付き高齢者向け住宅への支援も増額し、高齢者の方が安心して居住できる環境づくりを進めます。

環境・文化施策の推進

地球温暖化への対応や災害時のエネルギー確保など、持続可能な社会の実現に向け、省エネルギーや再生可能エネルギーの活用の推進を図ります。また、郷土に誇りを持てる豊かな心を育むため、文化芸術の振興に取り組みます。

住宅用省エネルギー設備等導入促進事業 5億2,000万円

再生可能エネルギー等導入推進基金事業 10億6,745万円
  住宅の太陽光発電設備、家庭用燃料電池や太陽熱利用システムなどの設置に助成するほか、防災拠点となる公共施設などへの太陽光発電設備などの導入を進めます。

「県民の日」事業 6,000万円
  より多くの方が参加し、楽しめるよう、中央行事を幕張メッセで開催するほか、県内各地で地域行事を開催します。

地域住民生活等緊急支援のための交付金事業(平成26年度2月補正予算)

国の補正予算を積極的に活用し、平成27年度当初予算と一体で切れ目のない予算とし、地方創生に向けた先行的な取り組みや、緊急的に地域消費を喚起する取り組みを推進します。

市町村と連携したプレミアム付商品券の発行 32億円

ちば宿泊・観光優待キャンペーン事業 3億6,000万円

ふるさと産品ネット販売促進事業 3億5,000万円

観光地トイレ整備スピードアップ事業 1億円

千葉県道路公社有料道路の夏期無料開放 7億7,000万円

成田空港と県内観光地を結ぶ高速バス実証運行事業 1億円

「鉄道で楽しむ千葉の旅」観光プロモーション事業 3,000万円

外国人観光客誘致のための公衆無線LAN環境整備事業 1億円

 4月1日から県の組織が変わりました

少子高齢化や人口減少などの政策課題に的確に対応するため、計画的かつ効果的な施策展開が図れるよう組織の見直しを行いました。
また、業務の効率的な執行体制の構築に努めるとともに、県の重要施策に対して、必要な人員を確保し重点的に配置しました。

問い合わせ 県行政改革推進課
TEL 043(223)2038 FAX 043(224)1055
HP 平成27年度組織の見直しについて

【主な組織改正】

知事部局

◆地方創生に向けた組織横断的な取組体制の構築

各部局次長などを構成員とする「地方創生プロジェクトチーム」を設置

◆東京オリンピック・パラリンピックに向けた体制の強化

東京オリンピック・パラリンピック推進担当課長を配置

政策企画課に東京オリンピック・パラリンピック戦略推進班、国際スポーツ誘致班を設置

◆医療・介護連携体制の強化

健康福祉政策課に医療・介護連携室を設置

◆地域包括ケアシステムの構築に向けた体制強化

保険指導課の介護保険部門を高齢者福祉課に統合

高齢者福祉課に地域包括ケア推進班および認知症対策推進班を設置

◆児童相談所の体制強化

児童福祉司、児童心理司を増員

◆循環型社会の実現に向けた体制の整備

環境政策課の地球温暖化対策部門を資源循環推進課に統合し、循環型社会推進課に改組

◆不法ヤード対策の強化

廃棄物指導課ヤード対策班の体制を条例制定から不法ヤードへの立入検査を中心とした体制へ移行

病院局

◆医療安全管理体制の整備

経営管理課に医療安全安心推進室を設置

 

前のページ    次のページ

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:総合企画部報道広報課広報班

電話番号:043-223-2241

ファックス番号:043-227-0146

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?